夜の散歩をしないかね

  夜散Shinobuが出来るまで

日記で振り返る田原さんとの日々。

注)温かい目でご覧ください。


 

1997年(shinobu高校3年)

   
1997年1月1日 花を聞きつつ「裏方サークルのある大学に入って田原さんに近づく」と決意を新たに。
   
1月2日 CDTVを見て昨年の1位が名もなき詩ではなくglobeなことに激怒(爆)
   
1月7日 柳葉敏郎さんが12歳年下のファンと結婚したことを聞き、勝手に自信を持つ(爆)
   
1月8日 「Everything(It'syou)」解禁でファンクラブのインフォメーションで聞く。
  電話に録音し、長いギターソロの時間を測る(笑)
  この日主題歌を務めるドラマの初日。しかし夕方にテレビ塔に雷が落ち焦る(爆)
   
1月9日 歌詩を解読。はっきりとは分からないが田原さんに歌って欲しいと熱望する。
   
1月11日 RorPのチケットが到着。アリーナAブロック14列目で左側で発狂する。
  「頬をつねったら相当痛かったので現実だ!!」と日記に書く。
   

1月13日

まだ信じられずチケットを見まくる。
  そして田原さんとキョ―ドー西日本に尽くすと誓う。
   
1月14日 田原さんに近いので、見えるかもしれないからという理由でダイエットを慣行する(爆)
   
1月20日 「HEY!」「Mステ」に出演決定をインフォメーションで知る。
  葉書きを出して当たれば見に行けるかもしれないのに福岡だからと悔やむ。
  でも出す。
   
1月28日 ASKAさんと田原さんが一緒にMステに出ることを知る。
  「嫌いになれたらどんなに楽か分からない」と工藤静香の激情がテーマになる(爆)
   
1月30日 ドラマに影響され、自分の「BetterHalf」が誰かと考える。
  (「BetterHalf」・・・人間は昔球体で生まれてくるときに
  男女に分かれるものだという説。
  人は生まれてその片割れを探す旅に出るらしい。
  要はその片割れを田原さんと言いたい)
   
2月4日 CMを見る。「久々に動く田原さんが見れた」とただただかっこいいを連発する。
   
2月7日 MステにミスチルとASKAさんが両方出演で大興奮する。
  「髪も伸びて足も長くなっててそんなにかっこよすぎたら
  皆が惚れちゃう、ダメだよ~」(爆)
  ミスチルの新しいアルバムが「BOLERO」だと知る。
  中学の制服がボレロだったので喜ぶ。
   
2月10日 HEY!もCDTVも田原さんしか見れずに終了。痩せてることを心配する。
   
2月14日 バレンタインの日に何か番組に出演。でも痩せて白いことを気にする。
   
3月4日 1日早く「BOLERO」を手に入れる。すぐに「ボレロ」の歌詩に自分を重ねる。
   
3月15日 ライブのために天神のSUPERHAKKAで1万5千円のワンピースを買う。
  同時にアツゾコのブーツも地元で購入し軽く破産する。
   
3月22日 ライブ前日。去年ほどじゃないけれど、やはり寝れない程の緊張。
  洋服、化粧品、全て新調しての参戦となる(爆)
   
3月23日 発狂。帰ってきてすぐに埼玉の友達に馬鹿なファックスを送る。
  「いつだって年中無休で君を愛していく」「寝ても覚めても君が離れない」
  「愛すべき人よ君に会いたい」ともう田原さんへ気持ちは高まる一方。
   
3月24日 田原さんが最後の挨拶でしかステージサイドに来てくれなかったことを悔やみ出す。
  「来てくれなかったことを嘆くんじゃなくて、
  自分が行けない事を嘆け!」とやたら前向き。
  キョ―ドー西日本に14列目のお礼の手紙を書く。
   
3月26日 ボレロの歌詩に自分を重ねる。日記には丸々ボレロの歌詩だけを書く(怖)
   
3月29日 田原さんが週刊誌に載ったことを埼玉の友達から聞く。母親が雑誌を購入してくる。
  何人かの友達から無事かどうか電話がかかってくる。当然泣き通す。
  しかし不覚にも週刊誌の写真にまでかっこいいと思う。
  日記はその日10ページ。最後の最後を「人生はボレロだ!」で締めくくる。
   
4月4日 休業前、最後のテレビ番組FANを見る。これでしばらくミスチルはお休み。
  あのニュース後初めての田原さんで緊張していたがやっぱりどうしても好きだと思う。
  これを期に外面的なものだけじゃなく内面的なものから好きになりたいと思う。
   
4月10日 わずか6日で我慢の限界(爆)自分は不倫するタイプじゃないのか?
  と勝手に悩む(爆)
   
4月27日 ASKAソロライブで2mの距離で見れたことで尚更欲求不満に(笑)
   
5月3日 友達宅で勉強中、夜中エンドレスでビデオクリップ集「ALIVE」を見続ける。
   
7月30日 田原さんを好きになって丸2年経つ。
  やはり少し冷静になってる自分がいることに気付く。
   
8月30日 夏期講習が終わる。この日久々にミスチルの「ミ」と「ス」くらいを見る(笑)
  TBSの音楽番組のSPに出たマイラバの後ろで
  中ケーとJENが演奏し久々に興奮する。
  「田原さんもちょっとは出て来い!!」と怒り気味(爆)
   
9月11日 ドキュメントビデオを見て久々に田原さんへの想いと会いたい欲求が高まる。
   
9月24日 休業して以来書くことを止めていた手紙も我慢出来ずに書いてしまう。
   
10月7日 ライブビデオが出る。ドキュメントも良かったがやっぱりライブには負けると豪語。
  「またぶり返し。このどーにもならん想いが張り裂けそうで怖かぁ・・」だそう(爆)
   
10月29日 田原さんに手紙を書きたくて仕方なくなる。
  月カドのエッセイは3ヵ月後にカラーで再開と書かれていたにのに
  再開していないどころか月カド自体なくなって他の雑誌になっていることに大激怒。
  会いたい欲求が尚更高まる。
  「会報はJENさんでいっぱいだ・・」だそう(爆)
   
11月2日 初回から欠かさず見ていた「ごっつええ感じ」が終わり悲しさが増す。
  その想いも何故か田原さんにぶつける(爆)
   
11月4日 大学の願書を配る際、何故か先生が
  「山崎・・中野・・田原・・あ、違う○○!」と言う(笑)
  偶然でも素晴らしすぎると幸せを感じる(爆)(○○は私の本名が入ります)
   
11月28日 入試まで後2日。
  お守り制作のため目がなくなるほどの田原さんの笑顔をカラコピする。
   
11月30日 入試当日。田原さんに願掛け。田原さんの笑顔は制服の内ポケットへ入れる。
   
12月10日 大学合格。何故かお礼の手紙を田原さんに書いて、合格を報告(笑)
   
☆この年・・・何か思い出すと切なくなりますね(爆)姿は見れないし、考えても奥さんの姿まで見えるという(笑)
ま、でも高3の受験時に休業してもらってある意味運が良かったの・・・か?(笑)
   
1996年へ

1998年へ