夜の散歩をしないかね

超主観的 8月1日 エディオンスタジアム広島


今回のこのツアーで唯一のスタジアム公演です。 あ、私の中で(笑)
今回スタジアムで見て思ったことは・・・・・外は色んなものがよく見える(笑)
ありがたいことにスタンドの前方、そしてステージより、そして田原さんの方ってことで
ドームの照明の中では見えなかったものや、段差があることで見えたもの
そして何よりも暑い中で風を感じながら、陽が落ちていくのと共に田原さんの音が聴けたこと。 
私の今回最初で最後のスタジアム公演、もう悔いなしです。楽しかった!!!

その見えたもの、聴こえたものが少しでも伝われば幸いです。

 
オープニング
最初、音のみであまりにも映像が始まらないため「西日で映像は全く見えないのか?」と思ったけど(笑)
大丈夫でした、そのあとから始まりました。音が先なようです(笑)
もうオープニングは前に見たので(見たのか?)田原さんが出てくるところをガン見待ちでした。

ちなみに田原さんのマイクスタンドの下には歯抜けのような感覚で緑のピックが3枚挿してありました。
それいる・・・?(笑)そしてマイクスタンドに設置してある小さなテーブルにはE-BOWは見えずスライドバーのみ。
で、足元にはフットスイッチの上のとこは暑さ防止か雨避けか、ビニールがかぶさっていて。
で、フットスイッチ横には白のペダル(おそらくワウ)そして一番外側にはシルバーのペダル。
ほうほう。白は何となく分かったんですけどシルバーはいつ使うのか??ドキドキ。


で、田原さんの登場!!!!
・・・・・ま、眩しそう(笑)
目を細めて口が「う」の形になって登場してました(笑)
そして最初は栗原さんからギターをもらいます。
田原さんと栗原さん、少し笑い合ってよろしくみたいな挨拶を交わしていました。素敵。



 
1.未完 
田原さんは最初はJENさんの方を向いて弾きます。なめまわすように全身を見てしまいましたが(笑)
スニーカーのかかとに青?か緑の色が入ってるのを発見。ほうほう。全体は白です。
そして黒のスキニ―?と言っていいのか分からないほどの細みパンツなのにあまり具合。
お尻の下もゆとりがあって、すねの部分も風に揺れていました。POPSAURUS2001よりはマシかな・・・。
シャツは相変わらずの細かいドットのシャツ、比翼なんですね。ボタン見えてない。
そして途中から前を向いて弾きますが・・・・・・とにかく眩しそう(笑)
自然と目が細くなって、口の形が「う」ってなってました。 

そしてすごく気になる、足をぴょん、ぴょんって昔みたいに前に蹴るような仕草をするんですけど
もちろん膝でリズムとって、首でもリズム取りながら、ただ両足そろえた状態ではなくて
途中で前に何度かぴょんって蹴るんですけど、そのタイミングは何のタイミングなんだろう???
終始もうそこからはその足のぴょんが気になったまま未完は終わってしまいました・・・・。 


そしてこの後のギター交換のときの沓澤さんの頭見てびっくり。
茶髪になってたかと思ってたけど、茶色に緑を混ぜたような全体の色に、前髪とか毛先はまんま緑。
そして耳にはでかいゲージのボディピアスみたいなのがついてて・・・
すごいハードな感じの女性なのですね(笑)そして手首には今回のツアーグッズの水色のリストバンド。
・・・・田原さんのピックに合わせての緑なのかなぁ・・・・????ちょっと衝撃でした(笑)

 
 
 
2.擬態 
ントロで前に出てきます!!!!そして歌が始まると当時にニコニコ、ウンウンしながら徐々に左へ。
途中ピックを持ったまま手を振ってたりもしてました。いやぁぁぁぁぁ・・・・・楽しそう!!眩しそう!!!(笑)
曲のテンポに合わせてちょっとずつちょっとずつ歩いてきます。

左端に来て、前を向いて弾いてるけどホントに眩しそうで目はつぶったままのようになって
そしてまたこれ「う」の口になってることが多かったです。
でもスタンドの方向いてニコニコして弾いてくれてたりして!!!!

この左端に来た時が一番近かったので、でも表情見たくて双眼鏡のぞいちゃうんですけど。
なんか、こう、眩しそうにしながら、伏し目がちに弾いてるんですけど
時々客席見て、またこれ眩しそうにしながらにやりって口元がなってみたり・・・・・
とにかく楽しそうでした!!!!

で、富を得た~あたりから戻る。またこれリズムに合わせて、ジャーンとか弾きながら戻る。
で、ちょい左前で弾いてジャーンで終わり。
でギター交換・・・・・・・・してからのーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!



 
3.ニシエヒガシエ 
とりあえず、小指にスライドバー装着しました。そんでそんで、そんで・・・・・・

ぎゃー!!!!!!!!!!!!!

足踏みしながら頭の上で手拍子!!!!!!えぇぇぇぇぇぇー!!!!!!
よく、JENさんが曲の頭とかで手拍子をお客さんにこう促すような感じ・・・・・
なのをーーーーーーーーーーーーーーー!!

田原さんがしているーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!
何事ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!


頭に浮かんだ言葉は「青天の霹靂」
こんな日がまさか来るとは・・・・(笑)

田原さんは結構真顔で、でまた小指のスライドバーにも日が当たってキラキラしてる状態で。
まぁ、もう、なんか、毎度毎度行く度に新兵器が投入されるので私はどうしていいやら分かりません・・・・(笑)
そう、これはヤフオクの2日間ではやってなかったし
聞くところによると長居の2日目からやり始めたそうです。


はぁぁぁぁぁぁ。
ニシエヒガシエ、やばいですね。もう・・・・腰くねくねリズムに合わせて踊ってたりはしてたけど
まさかの、まさかの。

そんな状態からのジャーンジャジャジャジャンジャと、いつものリフがおおうおおうおおうおおう!!!
なんかもう、どうしましょ状態。

ホントこれがもう、弾いてちょっと音がギュンってなってから腕をダランと垂らしたり
グッと音を肘からのこう、力の入った手で止めてみたり・・・・
そんな一つ一つがすごいかっこいいし、キレイです。

2番の前の間奏でのスライドバー、そしてそこからの2番のテッテレレレテッテーってやつ!!!
んでまたサビに戻ってからの・・・・ソロ!!!!
だけど今回はホントにそこに中ケーさんのソロが入りますが、エロい。
んでそのエロい中ケーさんのソロからの田原さんもまたエロい!!!!!
この時に踏んでたのは確か白いペダルでした。

そしてソロが終わったあとは、ちょっと力を入れて指からスライドバーを抜くという一連。
やっぱり汗をかいているからか、ちょっとキュポンと音が出そうなくらいに力入れてました。
スッって感じではない感じ。

やっぱりありがたいのは、スタジアムだからこそ、明るい日の光の中で見れる田原さんの表情。
口をとがらせながらホントに頭をガンガン振りながら(おでこから出して顎ひくみたいな、いわゆるキツツキ?)
ジャカジャカ弾いてます。

 
 
なんだーぁ、これぇぇぇー!!!!!!!!! 
あ、ちなみに最初のところで花火、あがりました。さすがスタジアム。(ドームはなし)



4.光の射す方へ
最初から弾くバージョンだったかまた忘れています・・・。

この曲も足がピョンピョンと蹴ってました。もうそのタイミングが気になる!!!!
そしてジャーンって弾いたあとの右手のとどめ方?が・・・・・うーん、こうピックを持ったまま胸の前で・・・
そう、もうあまりしてはいけない表現かもしれませんが、ご焼香のときのような・・・(分かるかな)
光の射す方への1番のところとかはそういう仕草がすごく多いかったです。
ちなみにそのあとに、Sっ気のある左手です。

サビも足ピョンピョンしてました。

で、なんでしょう。2番の最初かな??
なんか、え??え???それ何!?ってくらい激しいところがありました。
こんなところ今まで弾いてたっけ???って思ったような気がしたんだけど・・・・・うまく説明出来ません。
そこだけすごい激しくて、びっくりしました。「なぁー!!!」って声が出るくらいにびっくりしました。

光の射す方へはホントに下向いて頭フリフリですね。激しい。
間奏のポロンポロンギターもウンウンしながら弾いてます。
 
で、ラストへ。
そしてこれもさすがスタジアム、光の射す方へ~で花火あがりました。
はぁぁぁぁ・・・・・・なんだなんだ、かっこいいな。
もう私は2番のそのフレーズが思い出せなくてこの時で既に「なんじゃそりゃー」ってなってました。

そんな中、ギターちょっと上げ下げしながら、最後は後ろに忍び足しながら音を止めて終了。
JENさん向きだったと思われます。


 
ここのMCはJENさんのあおりに変わってました(笑)
田原さんは横へ移動して顔の周りから黒いタオルで拭いて、口元も拭いてました。
だよね、暑いよね。しかも長袖だもんね・・・・・・

でも田原さんももうこの時でも脇汗が肩の方まであがってくるくらいに汗かいてました。
顔周りとか、襟足の髪の毛もちょっとおかしくなるくらいに汗かいてました(笑)




 
5.CHILDREN'S WORLD
20年前にやってからやってない的な桜井さんのMCは健在でした。
だいぶ落ち着けて聴けたと思います、ヤフオクの時よりも(笑)

でももう、終始音の止め方がかっこいい!!!ガツンと手を離すその感じが本当にかっこいい!!! 
田原さんも楽しそうに弾いてますよね、なんか満喫してる感じがしました。

でサビはコーラス。
思いっきり歌ってくれてるのか、田原さんの声も識別出来るなぁって思いながら聴いてました。
サビのところは全員でコーラスしてるから、すごくなんかバンド!!!って感じ。
それを今のMr.Childrenで聴けるっていうのがたまらなく贅沢です。
 
で。この日もやっぱり田原健一のようにではなく、チャックベリーのままでした。変な緊張したけど(笑) 

そしてやっぱり最後の♪おーおーチルドレンズワー♪って歌ってるところのギター!!!!
体は反って反って、そしてネックの手はどんどんどんどんうぃぃぃぃぃぃって上がってきて
(ネックでは下の方に行くけど)
んでもう、それに合わせておともギュイギュイギュイギュイなっってっての繰り返し!!!
いやぁ・・・・・・・・贅沢です・・・。満足・・・・。 
 

ここで桜井さん衣装替えですかね。
それならば田原さんはサニーさんのちょい横の水とかタオルとか置いてあるところではなく
一度栗原さんとか沓澤さんとかがいるステージの左下の階段を降りてました。
でもまぁ、着替えるわけでもなく。
何してるんでしょかね。
んで、ギター持って意外とすぐにタオルとか置いてあるところでスタンバイ。



 
6.運命
まさかこの曲まで手拍子やらないよね?って思ったけど、まさかやりません(笑)ちょっとほっとする。
何か、こう、この曲からやっぱりかなり田原さんの空気が変わるというか。
今の田原さんにシフトするというか。
やっぱり今回初めて披露するっていうのもあるんでしょうけど、
最近の田原さんの弾き方、膝でリズムとって、首が動いて、んで口がうーってなってるっていう。
そう、足ぴょんぴょんとかはないです。

でもそれでも、一生懸命!!!って感じでもなく、こなれた感で進んでいくのが
この最近の田原さん!って感じですよね。
手拍子と共にとっても軽快な、でも淡々とギターの音が奏でられます。


 
 
7.FIGHT CLUB 
白のES-355がやっぱよいですねぇ~。なんか沓澤さんが持ってきてるときはすごく大きく感じて
でも田原さんが持つとやっぱ大きいけど、沓澤さんほどではないこの、なんでしょう。
あぁ、田原さんってやっぱり男性なんだなって思える瞬間があったというか(笑)
そんなFIGFT CLUB。
ギターを歌うのが気持ちいいですねぇ。

で、この曲はイントロからずっと膝でのリズム、首フリフリだったんですけど
途中、間奏かな?そこでは足がぴょんぴょんと、蹴ってました。
おおおお。

そしてソロも素敵ですね。この広い空に伝わってく田原さんのソロ!
私もこの広い空で田原さんのソロを大声で歌わせてもらいました。(すいません)

そしてギター交換。
沓澤さんの持つES-355・・・(略)


 
8.斜陽 
シンラインに交換してジャカジャーンとなんか、またこれ野外に合いますね。
そこまでまだ夕暮れ時ではなかったけど、青い蒼い空がすぐそこにあって、しみじみ聴いてしまいました。

これも足の動きはほぼなく、膝でリズム取って首フリフリ。
一番の弾いてないところは歌ってはなかったはず。



 
 
9.I can make it 
そしてそのまま、シンラインでちょいちょいギター触ってもうすぐに始まるイントロ。
いいですね、室内だと結構暗いからあんまり見えなかったりしたところも、日の光の下だとよく見える。 
結構暖色系の照明は双眼鏡でも見えにくくなるんですけど
野外はそういうところがありがたい。

これはもう、田原さんの手の動きとシンクロしてしまう曲ですね。
ジャジャジャジャーンジャのジャーンんでちょっと手がパーになるところとか。
それをひたすらに一緒にやってしまうっていう、すごく楽しい曲です(笑)

そのあとの不可能を可能にするスキルを~のところからはまた白いペダルの方を踏んでのワウ。
あれがワウ。
シルバーのは何に使うのかなぁ?とここでも気になりました。
そこからのエロいソロ。
確か指がスクリーンに大きく映し出されてた気がします。
早く動く指が何とも艶やか。


そして最後の最後のアウトロの最後のメイキィ~のあとのジャァァァーンのまたこの音の歪み方!
かっこよいです。いいです、この曲。
 




メンバー紹介
聞いてはいました。長居ではまたヤフオクドームの2日目とは全然違っていたことは。
いやぁぁぁ・・・・・・なんなんでしょうね。この、なんか・・・・・・みんな喋るバンドになったんだっていう(笑)

サニーさん、JENさんまでは桜井さんが紹介します。
そのあとはJENさんに託され、桜井さんは着替えに?行ってたみたい。

で、JENさんが中ケーさんの紹介。

「オンベース。その熱くほとばしる竿の先から流れ出るものはなんだ」

みたいな、完全に下ネタのJENさん(笑)
それに「はぁ・・」みたいな感じで苦笑いの中ケーさん(笑)
その延長で


「中川敬輔!!!」と紹介され

「よろしくお願いしまーす」 

と、爽やかに(笑) 
 
マジか。恒例化したのか、これ。
そうか、そうか、田原さんも話すのか・・・・。
うおおおおおおおおおおおおおおおおおお。


んで。

「寡黙に見える?彼、寡黙に見えるでしょ?
でも、誰よりも音楽に対する熱い熱い情熱をもった
ギター、オンギター!!!
田原健一!!!!」




「JENさん恥ずかしいんでそれやめて・・・・
(苦笑い?にやけ笑いみたいな顔、ちょっとJENさん側向いて)
それじゃないのにして下さい・・・・
 
(まっすぐ向いて)
暑いですね。
夏の、思い出の、ひとつになれば・・・・」


と、もう正直、私はこの時

ひぃぃっぃー!!!!!とか
うおおおおおおおおおー!!!!!!とか
そのあとの
田原さぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!とかで頭破裂してたので田原さんのところは全く飛んでおります・・・。
後から色んな人から教えていただいて、総合的な感じで載せております。
教えていただいた方ありがとうございました・・・・!!!!!

適当に聞いてた(すいません)中ケーさんの方が頭に残っているという・・・・・。無念。

しかし・・・。
なんでしょね、ホントこのこなれ感(笑)
もう全然、毎回アドリブが効いてるってことでしょ???
オレンジツアーのときとか、毎度カンペ見てたのよ???しかもそれでも噛んでたのに・・・・

すごいですね、全く。なんなんだ、なんて日だ!!!!!(笑)

 
ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・・
 


そして桜井さんの紹介は
「音楽を愛する天才・・・変態」みたいな感じでした(雑)


田原さんはすぐにもうサニーさんの横の水とか置いてあるところまで移動。
そして何となく、自分の中のセンサーがピンときたのか、ここだ!ってところを双眼鏡で覗くと
ちょうど緑の瓶を右手にとって、左手の手のひらに粉(これは見えず)とって
モミモミモミモミモミモミモミモミしてました。

おおおおおおおー!!!!!!
私のセンサー、今日調子いい!!と思いながらガン見してました。

そしてそこからの花道を通っての出島への移動。
花道を通るところも見てたんですけど、これはスタジアムの弊害というか。
お客さんの顔が見えすぎてしまって、逆に見にくいという(笑)
でもヤフオクの初日はアリーナ前方で出島の様子は全て後ろから、
2日目は人に埋もれてあまり見えてなかったので、今回は出島と同じくらいの横に行ったスタンドだったので
田原さんの様子もよく見えて、これがもう最高に嬉しかったです♪

メモに「手島で手拭く」とあったので多分拭いていたのだと思われます笑い


 
10.忘れ得ぬ人
白ストラトからアームみたいなのが出てるのが見えました。
田原さんを真横から見る感じだったけど、本当に立ち姿も美しい。
で、1番の♪忘れえぬ人♪のところは一緒に歌ってました。
はぁ・・・(うっとり)

2番からは田原さんと一緒に動きます。けど、後々の体力温存のためここで私は着席・・・。
それでもみんな座ってるので全然ガッツリ見えるという。
座って広い空の下で田原さんのバラードのギターを聴くというすごく贅沢な場面でした。

ソロも正面からではないけど、弾いてるところをちゃんと見ることが出来ました。
ここで使ってた?ような、気がするんだけど、そのアーム・・・・。(嘘かも)

あぁぁぁ・・・・・・なんか、念願かなって嬉しかったです。
うっとり。



MC
愛について。
ヤフオクのときと内容はほとんど変わってなかった気がします。
マイクスタンドの小さなテーブルにはこの日もE-BOW発見しました。 
田原さんは口ピックのまま、ずーっとじーっと、話を聞きながら、遠くを見たり下を見たり。
 
 


11.and I love you
やっと見れる・・・・!!!!!そんな気持ちでいっぱいでした。
最初はちょっと歌ってるのかな。口が動いてました。うんうんリズム取って・・・・・
で、そこからのポロンポロン弾くギター?何か最初からE-BOWだった気も、しないこともない・・・・。
正直どこまでが桜井さんだったかとか全然覚えてないし・・・・(ダメダメ)
とにかく♪助走を続けるさ~♪のところあたりから入るE-BOWの音がこの広い空に本当に似合います。
もう一気に空に駆け上がっていく感じ。

そしてE-BOW置いて、口のピック取っての一連があってからのサビ。
キレイですね。キレイ。
優しい。

E-BOWの音はすごくダイナミックでこの曲の壮大さが出てるけど、
その他のポロンポロンと奏でるギターの音はこの曲の優しさが出てるし。

弾き方にもその強弱みたいなのが出てて、田原さんが体で奏でてくれてるのが分かりました。
とにかく優しい。すごく澄んだ気持ちになる、そんな曲でした。


 
 
 
12.タガタメ
これもやっと見れる!!!!って感じでした。

これもやっぱりドームと演出が違ってて♪この空を見てんのは~♪のときにスクリーンには何も映らず
桜井さんが空を見る。
田原さんも空を仰ぐ。
そういう演出に変わってました。

スライドバーははめてます。けど、すいません、E-BOWはこの曲では使ってないと思います。
ヤフオクのレポで嘘書いてます、ごめんなさい・・・。

野外で聴くこの曲のギターの迫力もまたすごすぎました。
 
というか、弾いてるところを見ながら聴くこの曲の迫力がすごすぎました。
後半のスライドバーはめて、もう体を前に後ろにしながら、でもリズムも取って弾くギター。
音がすごすぎて、指の動きも激しくて、♪また一つ、また一つ♪に合わせて頭も激しく動いてて・・・・。
私ももう、力の入り方がすごかったです。

もうなんか・・・・・・最後の最後までギターの迫力がすごい。ため息出ました。
もちろん音だけでも伝わったヤフオクの時でしたけど
田原さんのそれこそ表現する姿を見ながらだと更にですね。

もう拍手拍手です。
本当にすごかった・・・・・。


そしてそこから颯爽とステージに戻る田原さん。そしてここでも口ピック。ありがたや・・・・
ギターを持って歩く姿も相変わらず絵になりますね。
そして待ち受けるは栗原さん。
ちなみにですが、桜井さんのマイクスタンド?はスタッフが蜘蛛の糸のときに
私らのいる左側スタンド近くを通って裏に持って帰ってました。
マイクスタンドが近くを通っててびっくりしました。
お疲れ様です。そしてこれも野外だから見れるシーンですね・・・・。





13.蜘蛛の糸 
一番は弾かずに。立ち姿がキレイ。暗闇じゃないからよく見えました。
口も動かず、手も動かず。
何か、この蜘蛛の糸の世界の中にいるような、なんていうのでしょう。邪魔しないような。
リズム取ったりとかもなく、あえて動かないみたいなそんな、これも演出のような。

そして2番が始まってからリズム取りながら田原さんのギターが入ってきます。
私も一緒に動く、2番から(笑)
膝でリズム取って、首の動きも3拍目でちょっと置く感じ。うんうんウーンみたいな。
ちょっとウーンは首動きます。
そんな首の動きでした。

そうこうしてたらもうラスト。
ラストのピアノの時にはもう田原さんは次の曲へ進んでいます。
アウトロ始まったところで沓澤さんが出てきて、やっとの青テレに交換。
そしてここではもう指が細かく動いてるという・・・・
最後はもう蜘蛛の糸の世界からはさっさと脱出しています(笑)






 
14.REM 
田原さんはホント立ち位置は変わらないけど、ホントにそこでの体の動きは激しい激しい。
顔を前に突き出す系の弾き方です。

そこからのポロンポロン系ギター入ってからのコーラスー!!!!!
ダンディドンダンディドン!!!
んでまたそこから激しく激しくカッティング。からのソロ的なー!!!!!!!
からのダンディドンダンディドン!!!!

毎回、この間奏のところは早くて大変そうって思っちゃうくらいに
田原さんのギターも何か、ちょっと焦って聴こえます。
けど全然かっこいいけど。

何か、こう気持ち悪いREMの世界をギターで表現するのってまた大変なんでしょうけど
全然蜘蛛の糸のエロティックな感じとは弾いてる感じももちろん違うし。
いやぁ、振り幅すごいなぁって思いました。

桜井さんの曲がすごいんでしょうけど・・・・表現してる田原さんも十分すごいです。

最後はギターでジャーンジャーンジャーンって何度か弾いてからの締め。
そしてギター交換して・・・・・・




 
15.WALTZ 
そこからのこの曲。田原さんがリズムを取りながらイントロのギターを弾きます。
何でしょう・・・・気持ち悪い、艶っぽい、みたいなそんなイメージのイントロ。
ドームではスポットに照らされながら弾いてますけど、野外ではもう生身って感じでした。

どの部分を取っても田原さんのリフが鳴ってるこの曲。
サビのところとかもまたちょっと激しくなって、そこからのまたイントロと同じリフへ。
Pinkとか同じ系ですっけ、あ、LOVEはじめましたとか。
同じリフで進んでいくんだけど、周りが目まぐるしく変わっていく感じにちゃんと染まってるような。

それがすごいですよねぇ。

んでやっぱり途中の間奏のキャーンキャーンなるところのギターはかっこいい!!!
より気持ち悪い!!!あんなにかっこいいのに、本当に音が気持ち悪さを倍増させてます。

そこからのまた亡霊とのダンスが怖い。もう、ホントに狂気。
またこの亡霊がスタジアムだと真っ暗にじゃなくて、お客さんの上に映像かぶせてあるから
より亡霊感が強くて更に怖い・・・・!!!!!!

そして殺すぜのあとのまたギターの激しさ。
かっこいいいいいいいぃいぃぃぃぃいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ・・・・・・・・・・・。
私が一番力入るところです、もう、すねつりそう。

最後のサビの激しさもすごいですね。動いてるわけでもないし、立ち位置から動くわけでもないけど。
ホントに最後の最後まで激しい!っていうままに終わっていきます。

はぁ、もう・・・・ため息でる。




 
16.フェイク
イントロは弾いてないバージョンみたいですね。
で、左前です。左前。

そしてこのフェイクも足をぴょん、ぴょんと前に蹴るという曲でした。

んでやっぱりもうフェイクは何度も何度も書きますけど、2番の前の間奏のンジャーンからの
ジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャジャーラララのあとのグって音を止めるところの
ここに夢とロマンがつまっているような(笑)
頭抱えたくなるくらいにかっこいい田原さんポイント満載でした。

んで、ジャーンってなるときはまた、ちょっと輪を描いてご焼香みたいな感じの手になって
そこからのサビ。
はぁぁぁぁ・・・・・・・また足ぴょんがちょいちょい入ります。
足はかわいいけど、上半身はこう、ドSみたいなツンデレの世界ですね。

最後の見せ場、♪むなしさを抱えて夢を♪のあとのギューンジャーンジャーンジャーンとかもう・・・
かっこいい!!!かっこつけ!!!!なんだそれ!!!!!

音もそうですけど、もうなんか桜井さんのね、腰振りがなんだってんだっていう!!
すぐそこで腰振りしてたらしいですけど、田原さんのあの手よりエロいもんがあるのかっていうね!!(笑)
フェイクはなんか、ホントかっこよすぎて昇天します。今さらですけど、かっこいい。
夢とロマンです(謎)





17.ALIVE
これはドームで見えなかったものがたくさん見えた曲でした。
まず、ギター交換。その時に沓澤さんがE-BOWをマイクスタンドに設置されてる小さな台に置いてました。
and I love youで使ったものをここで置くんですね、ほうほう・・・。

で、1番はずっと田原さんはサニーさんの横の水とか置いてるところにいます。
よく見てみたら、ここでも右手で緑の瓶持って、左手の手のひらにとんとんしてました。
そこからはモミモミモミモミモミモミモミモミ・・・・・
桜井さんがルームランナー的なので歩いてるときも、モミモミモミモミ・・・・してました。

2番始まるところから田原さんがすっと立ち位置に立って弾きだします。(確か)
今回は間奏はないんだなぁと思った記憶があるけど・・・・・・・どうだったかあぁぁぁぁ・・・。
でもソロ的なのってここだけですよね。E-BOWで足元一番外側にあるシルバーのペダルを踏んでたので。
あーもう、記憶恐ろしい。

でもE-BOWとシルバーペダル使います。

で、最後の方はCDと同じような感じです。
これ、途中CDにも入ってないし毎回田原さんのギターって同じようで違うから難しい・・・。
最後の最後はもう、なんかホントに一緒に弾き真似してる自分まで力が入ってしまう感じです。

アウトロは田原さんのタンタンタラララ―タンタンタラララ―タンタンタララー・・・ジャーンジャーンジャーン
みたいな。
締めのところはもう、顔を前にもたげて力込めて弾いて弾いて・・・・・・でした。

ホントにホントに、なんか熱い、温かい、そんな曲、演出もそうだけどギターも。
たくさん変化してく曲だなぁって改めて思います。
もちろんその変化したのは田原さんのギターなんですけどね。
素晴らしいです。



進化論の映像が入ります。
田原さんはここでも栗原さんとか沓澤さんがいるところに階段下りて一度は行ってました。
けど結構早めに戻ってきてました。
気付いたらサニーさんの前のところで顔拭いたりしてました。

だから桜井さんが着替えるところと、このラマルクのところ2回だけ階段下りてくって感じですね。
すぐ戻ってくるけど。何してるんでしょね。気になる。




 
18.進化論 
田原さんは頭からすごく優しい音で弾いていきます。
リズムを膝でとって、頭をフリフリして、目はつむってるのかな?っていう感じ。

でもこの曲のなんか、一音だけ「ん?」ってなったところがあった気がします。
滑った??って思ったような、最後だったっけな。どっかありました。

結構私が聴いた中でも進化論ってタッチミス的なの多いのかな?って気がするんですけど
気のせいかな?でもだからって何がって感じなんですけど。
それくらい毎回力強く弾いてくれてるんだろうし、新たなフレーズに少しだけでも変化してるのかもだし。

はぁぁぁ・・・・2番からのギターの音。本当に癒されます。優しい。

いろーんな曲の色んな田原さんのギターの音が聴けるようになったけど
田原さんの本当に神髄のようなギターってこれじゃないかなぁってやっぱり私は思います。
田原さんのギターの音に合ってる曲、というか。
ソロまで含めて本当に素敵。

全ての曲への振り幅がこの曲に還元されてるくらいの、それくらいのギターかなって。
それくらいに私はこの曲がものすーーーーーーーーーーーーーごく好きです。
多分、こういう音を弾ける人だから、こんだけ好きなんだなぁと。
この時しみじみ思いながら聴いていました。

最後のアウトロまで、丁寧に丁寧に。
でも膝でリズムで、首フリフリして・・・・・体でもう、表現!
最後の最後のジャーンも優しく優しく円を描いて。
はぁ・・・・。
本当に素敵です、田原さんのギター大好きです。





 
19.幻聴 
田原さんはちょっとずつちょっとずつ動いてきてくれます。
途中ちょっと止まって弾いて(サビかな)そしてまたそこから歩いて歩いて左端まで。
私が一番見えるところまで来てくれました。

基本目をつぶって弾いてるみたいな感じになってたけど、
でも時々お客さん見て、そして時々笑顔になって、ウンウンってうなずいて。

膝でリズムは取ってるけど、両足揃ってる感じではなくて左足がちょっと前に出てるような弾き方。
それて首振って、時には上目使いのときもありました。

で、お客さんがえーおーって言ってるときも確か左にいてくれたような?
すごい私、めっちゃ盛り上がってた気がします。
お手降り的なものはなくて、ただそのお客さんたちを微笑ましくニコニコして見てくれてました。






20.終わりなき旅 
田原さんは立ち位置のまま。
これ、私知らなかったんですけど、出島に桜井さんのマイクスタンドがあるんですね。
んでそこで歌ってるんですね、びっくりしました。戻ってこないから。

田原さんは2番前の間奏からの出番でした。
1番は弾いてないけど、それでももう2番からでもかなりの力強さでした。

途中桜井さんだけがギター弾きながら歌うところは、田原さん一度フットスイッチを切って。
そしてまた歌い終わってすぐにフットスイッチ入れてってやってました。
そこである人に言われた言葉を思い出して・・・・・ちょっと涙が出そうになったり。

最後はもう・・・・・熱い熱い。
JENさんの方を向いて、ギターを上げ下げしながら弾いてます。
もうちょっと体揺らしたり、体反らしたり、足をそれこそ蹴ったりしながらジャカジャカ弾いて・・・

その熱いままJENさんの方向いてジャンジャン、で終了。

気持ちこもってますね・・・・・・・・もう、息するの忘れるくらい田原さん、後ろ姿だったけど
アツかったです。アツすぎました。かっこいい。




 
21.足音~Be Strong
今の田原さんの音、って感じのこの曲。
双眼鏡はしばしお休みで、スクリーンに大きく映る田原さんの表情を見てました。

最初の歌い始めのところのジャーンってところの田原さんの顔の表情がすごい好きです。
で、そのあとも膝でリズム取って、首をフリフリしながら弾いていきます。
♪そんなことも最近は~してなかったなんてぼんやりなんちゃら~♪のあとのギターのところ!
の、すごく頭が激しく動くところも好きです。

サビもまた大きくスクリーンに映ります。
♪一歩、また一歩♪のところでまた大きく首が前に前に動く田原さん。
体ごと弾いてくれてるのがすごく分かって、それが大きく映し出されてて感動しました。

JENさんのドラムの後もまたすごく力強く体が動いて動いて・・・・
それに比例して音も力強い。

で、最後の最後は・・・・桜井さんと目を合わせて・・・・ジャーン。
そのジャーンももう・・・座ってる?くらいのしゃがみながらジャーンって弾いての締め。
田原さんもすごく感情がこもってるというか、もうアツい気持ちになってるんだろなぁって
私にもガンガン伝わってきました。

はぁ、もう新しいMr.Childrenの音、最高です!!!!!

田原さんは栗原さんにギターを渡して、ちょっと口周りの汗を拭いてから
手をあげて、左手あげてフリフリ~右手あげてフリフリ~ってしながら
時に両手あげてフリフリ~ってしながら、帰って行きました。

私ももう、田原さん田原さん田原さんってなってたので、思いっきり・・・・



田原さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!

と、感謝の気持ちも込めて叫ばせて頂きました。
はぁ。素晴らしい。
外のこの広い空の下で聴く田原さんの音はまた格別ですね。





 
アンコール
もうだいぶ暗くなってきてた上に、花道を照明なしで歩くと、アリーナのお客さんの顔とかと一緒になって見えて
どちらかというと、ヤフオクの暗闇の中よりも見えなかったです。

やはりいつの間にか登場するパターン(笑)

しかし、もう桜井さんのMCを待たずにスマホライトを「私知ってます」ばかりに照らし始める人々。
はぁ。まぁ、もういいけど、ずっと点灯されたら眩しくて双眼鏡で覗くと目くらましにあうんだよね・・・。




 
22.I wanna be there
もう周りのスマホライトは気にせずにとにかく双眼鏡で覗いて確認するも
田原さんの周りのスマホライトに阻まれて見えにくい!!!!
けど、必死で見てました。

少しだけ、やっとこの曲の世界に浸れたような・・・・・?
でも、変な話この曲のときっておしゃべりもすごく多いんですよね。
スマホライト点灯してることによって、なんか日常感が出るのか、後ろの家族とかめっちゃ話してて。
そういうのも含めて「おい!」ってなったけど、
それでも必死に田原さんに集中しました。

で、分かったことは、この曲のソロは田原さんじゃないんだなっていう(笑)
あれ?今さらだったんですかね(笑)
桜井さんがめっちゃ弾いてました。そうか、そうなのか・・・・。
でも、田原さんの気持ちよさそうに弾く姿、かろうじて、かすかに見ることが出来ました。

でももう、見えなくてもいいから集中したい!!!
隣のスマホがぶつかってきたりとか、そういうのとかも迷惑(笑)
田原さんのギターが集中して聴ける、あわよくば田原さんの弾いてる姿がかろうじて見える。
そんな風になれば、別にスマホライトでも全然よいのですけどね!!!



そしてまた暗闇の中をいつの間にか帰る感じでステージへ。




23.overture~蘇生
これは私、もう途中まで笑いが止まらなかったんですけど(笑)
田原さん、イントロまでは立ち位置にいたんですが、そのあとすぐにえらく勇んで右側へ出発!!!
中ケーさんは全く立ち位置から移動してなくて(笑)
田原さんだけがさっさと、もうぐんぐんぐんぐん、リズムに合わせて
まるで行進しながら、右側へ行ってました(笑)

結局中ケーさんはサビから移動。
田原さんこんなに早く動く曲だったかな・・・・。

で、またどこのタイミング?ってタイミングで右側のスタンドの方たちにお手振り。
素晴らしいですね。
ちなみに蘇生はちょっと田原さん、弾いてるときに上に伸びるような弾き方なんですよね・・・。

で、2番終わったくらいから移動かな。おーおーおーのところは弾きながら行進して戻ってきます。
♪叶いもしない~♪の前!!!!!!
あ~あ~お~お~の後のところ、CDではシーンとしててリズムボックスの音だけなってるけど
田原さん、ここにアドリブというか、入れてますね。
POPSAURUS2012の時はどうだったかな~って思って確認したら、小林さんのキーボードでした(笑)

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・
ちなみに花道のすぐ横のところで、中心に向かってちょっと前かがみになりながら
すごく優しくそこに新しい音を加えていました。

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

で、最後はそこのまま終了。



あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・
もう、まじでもう・・・・手拍子する田原さんもすごいんですけどね。話す田原さんとか。
それもすごいけど、こういうことをさらっとするのがまた・・・・・・
今の田原さんだなぁって改めて思います。
もう、頼もしすぎます。すごいです。




 
24.fantasy
ここのfantasyは最初のFantasyよりも好きかもしれません。
この曲の時は田原さんは膝リズム、首フリフリで立ち位置から動かず。
そういう動きはそれほどない曲だけど、手の動きとか見るのはすごい見応えありますよね。
結構ギターの音はガンガン聴こえる曲だし!!!

相変わらずHappysongみたいに全然ハッピーじゃない
全然ファンタジーな感じがしないファンタジーの感じがよいですね。

田原さんのイントロ、間奏部分のメロディも爽やかそうで全然そうじゃないっていう。
サビのところは他に増して首の動きが大きかった気がします。

はぁぁぁ・・・・・日常・・・・近くなる・・・・・・・




 
25.Tomorrow never knows
この曲も改めてちゃんと聴くとジャジャジャジャジャジャジャジャっていう刻み系のギターだけでなく
何か結構激しめの音がなってるんだなって思いました。

ちょっとまた、加えてる??そんな感じでした。
もちろんそこまでギターが目立ってるわけじゃないけど、目立たない中でなんか小技を効かせてるなっていう
そんな印象を持ちました。

相変わらず手拍子はいらないんですけど・・・・
田原さんはバラードには似合わないくらいに膝でリズム取って首でリズム取って
体が動きに動いています。

でもホント、原曲を聴くとかなり今のこの曲ってギターが効いてる曲になってるなぁって思います。
もちろんポロンポロン弾くところはすごく曲にあったくらいのギターなんですけど
盛り上がるところの盛り上がり方とかが、違うなぁと思います。

素敵。

はぁ。



 
26.innocent world
あぁぁぁぁぁ・・・・・・・今回の広島も日帰りのため、ちょっと早く出ないといけません。
なので申し訳ないけどどうしても最後の曲が聴けないので、この曲が私のラストと決まっていました。

あぁ、田原さん田原さん。切ないよ。切ないよ。もっと聴いてたいよ、見てたいよ!!!!
そんな気持ちが伝わったのか、いや、もともと来る予定ではあったんですけど(笑)
田原さんはイントロを左前で弾いて、そこから左端まで来てくれました。

ありがとう・・・・最後の最後にめっちゃ近い!!!!
もう私は双眼鏡も片づけて、肉眼で見える限りの田原さんの表情とその姿をかみしめながら
田原さんの音をガッツリ耳に叩き込んでおりながら、飛んでました(笑)

あぁぁぁぁ!!!!田原さぁぁぁぁぁぁん!!!!!
そんな田原さんはちゃんと私たちの方向に手を振ってくれて、
そして戻ってくれました。
そしたら、ちょっと進んだあとにまた一度振り返ってくれて!!!!!!
そこでもう一度田原さんに大きく手を振って・・・・・

あぁ、もうありがとうありがとう。
田原さんのその楽しそうな笑顔でのお手振りの先にいれただけでももう幸せでございます。
田原さんは本当にニコニコしながらスタンドの方向いたり、こっち向いたり
アリーナの方向いたりしてました。
とにかく楽しそう!!!!

ソロの前で真ん中まで戻って、ソロは花道の横で弾きます。
そしてそれからは花道通って出島まで移動!!!!
またこれー!!!!!!真正面になるー!!!!!

そしてその出島でまた左側向いてくれて、私とホントに真向いみたいになってくれて。
あぁぁぁぁー!!!!!!
最後の最後までもう、田原さぁぁぁっぁん!!!!!!
興奮しながらその音を聴いておりました。

で、そのまま最後まで出島。ジャジャジャー・・・・・のラストも笑顔で締め。
そこから花道を通ってステージに戻ってました。

もう私はそれで終わりだったので、ごめんなさい!って思いながらも
花道を通ってステージに戻る田原さんに全力のありがとうの気持ちを込めて

田原さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!
田原さあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!
田原さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!


と、隣で友人も桜井さん桜井さん言ってたのでもう久々に喉から血の味するまで叫びました。
はぁぁぁぁぁぁぁぁ。


ちなみにスタジアム?は銀テープじゃなくてカラフルになってましたね。
色んな色が飛んでました。
個人的には色付けない方が好きかな。照明の当たり方も変わるし、キラキラするから銀の方が好き。




27.Starting Over

この曲はもう、見れてません。
会場を出て走りながら聴いてましたけど、今日の公演に対しての悔いはこの時点で一切なかったので。
遠くにこの曲を聴きながら、まるで応援されてホントに背中を押されてるような気分で
帰路につきました。


「お家に帰るまでがライブですよ!」

この田原さんの言葉を胸に、そうだ、そうだ。おうちに帰るまで私の今日のこのライブが続いてるんだ!
そんな風に思いながら、もうくそ暑い中、久々に階段をかけあがり、坂をかけあがり
走って走って乗った駐車場までのバスに揺られ、車で広島駅まで帰り新幹線で一路博多へ。
家に着いたときにはもう0時を過ぎて翌日になってたけども。
私のこの日のライブは無事に終わりました。

おうちに帰るまでがライブでした。





以上、広島のレポになります。
まだ見やすかった分、ヤフオクのレポよりはまともに書けたのではないか・・・・?と思います。
見えた分、覚えてた分、自分の感情だけの部分は少ないはずですが
やはり私のレポは基本感情ダダ漏れ系なので、お見苦しい点があったらすいません。


でも、なんか私今回3度目でしたけど、もう既に「田原さんはどこまで今回やりだすのか?」っていう
そんなドキドキ感が生まれております(笑)
だってなんか、もう見るたびに色々とくわわってるんだもん。
私の次のライブはもう京セラの最終日なのですが、その時にもう更に青天の霹靂が起きたらどうしよ!!
その日で終わりなのに、なんかもう、ドキドキハラハラタハラハラ。

ギターも含めてどうなっているのか、すごく楽しみです。

スタジアムはやっぱり良いですね。
田原さんのギターを聴きながら、日の光で田原さんの姿を見れて、それは照明の下で見るよりも
もっともっと近い存在のような気になってしまいます。

流れる汗も、眩しそうな顔も、空を見上げる姿も、普段のステージは見れないものなので
やっぱり貴重だなって思いました。
スタジアムは今回は一度だけでしたけど本当に誘っていただいた広島の友人に感謝感謝です。
席も最高だったし、天候もライブにぴったりの熱い熱い日でした。


少しでも広島の様子、田原さんの様子が分かれば、伝われば幸いです。
あと私の興奮も(笑)
興奮のあまりに嘘書いてたらそれはすいません(><)

また今回も長々とすいません。
読んで下さったかた、ありがとうございました!!!!!!!

あぁぁぁぁぁぁ
田原さんがー!!!!!!!田原さんのギターがー!!!!!!!!!!
やっぱり大好きだー!!!!!




以上!!!