英哉祭り2003


田原さんの34歳の誕生日はどこに行こうかなぁ?って考えてたのはいつからか。
ここ2年は沖縄に行ったから、今度も沖縄?東京?色々と策を練って今年は東京ね♪
ホテルはリーガロイヤル?セミスイート?シャンパン片手にご飯食べて、ライブのDVDなんか見ちゃって。
心いくまで田原さんが好きだ〜って、誕生日おめでと〜って。
・・・伝えたかっ2003年9月24日。
 
発案者である私が仕事で行けなくなり、この計画は実行されることなく夢と消えました・・・。
でもその日は福岡で初めて会うことが出来たティコ氏と心行くまで田原さんの誕生日を祝えました。
・・が!!!私はもう我慢出来ません。一回計画しちゃったんだもん、行く気は満々、満々過ぎ!
だったら?いやーん♪♪あるじゃない。即誕生日がもう一人。
Mr.Childrenドラム 鈴木’JEN’英哉 1969年11月14日生まれ
私は早速裸族ひかるさんに催促「英哉祭りはどうするの??」
元々儚く消えた田原さんラブパーティ(爆)の参加者であるひかるっちだったので話はとんとん拍子に。
結局参加者は3人。私とひかるっちとトウガラシことラッチ。
・・ってことで、今度は成功させよう!!って、夢は現実になっていきました。
 
・・前置き長い?(笑)
そんなこんなで、私は就職して初の3連休をゲット☆11月12日と13日の途中までは他の趣味に熱を注ぎ(笑)
(その模様はこちらで)
13日の夕方5時に、私達はかれこれひかるっちとは1年ぶり、ラッチとは7ヶ月ぶりの再会を・・新宿で。
そのまま3人で向かったのは新宿高島屋のデパ地下♪
英哉さんのお祝いのために、夕飯を買い込みます。今回のお泊りはなんと和室☆
なのでご飯も買って持っていこうという試みでした。なんだかワクワク(笑)
ご飯ものやら、サラダものやら、甘いものやら・・・私達はせっせと買い込み、買い物袋下げ次の目的地へ。
大江戸線に乗り込み、私達は麻布十番で降ります。
去年も麻布来ましたね。でも今年は去年よりもまだまだ温かい。また歩く歩く・・・・・途中で見つけた・・
ライトアップされた東京タワー。ホントキレイですよねぇ〜。何か、昔のうちのトップを思い出します。
そして・・思い出される「君が好き」のアーティスト写真・・・・(笑)
ただただ麻布を徘徊し(怪)ただただある建物の周りをウロウロし(怖)
こちらにたどり着きました(笑)
去年行ったとき、本当に悔やまれる失敗をしてしまった現場であります。もう、これが撮りたかった・・・・
↑これ(爆)
ホント――――――――にいつも、いっつもお世話になっております(><)
これ、あのMr.Childrenさんに出したお手紙やプレゼントが届く「麻布郵便局私書箱114号」です(爆)
私が出した数十通ものお手紙は全てここにお世話になってたんでしょうねぇ・・ありがとうございます、いつも・・。
こういう時に携帯のカメラって役に立つのですね(笑)いやぁ、本当にリベンジ出来て良かった☆
これからもお世話になります〜♪
 
さて、私達はそろそろ持っている惣菜が傾き始めたので地下鉄に乗り、今夜の宿のある東大前まで行きます。
駅から宿に行く前大量の酒とお菓子を買い込み(笑)しかも2人とも普通に酒好きなんだもん(爆)
今夜の宿、フォーレスト本郷へ到着☆しかも、ホントに部屋がいい感じなのです!!(→これがホテル。和室も見れます。)
そしてひかるっちが持参したお惣菜や、さっき高島屋で買ったお惣菜をテーブルに並べてみます。
重かったらごめんなさいね(汗)
これがこの日の英哉祭りのご飯です♪いやぁ、和室にしっくりきます!!派手さはないけど、本当にいい感じなの!
ひかるっちが買ってきてくれたスズキ精肉店のグラコロと、お刺身、そしてちくわ2種。
高島屋で買った2種類のサラダとお祝いだー!!!めでたいぞー!!のお赤飯♪(爆)
そして帰りのセブンイレブンで買ったステーキ(笑)と、質素かもしれないけど、何だか味があるでしょ??(笑)
そして写ってはないけど、たくさんの酒とたくさんのお菓子(爆)
 
私達はお酒とおいしいご飯と一緒に、去年のライブのDVDを堪能します。
各々に「ここはダメ」だの「ここは映さないと!!」だの「かっこいいー!!」だの、もう感想はバラバラ(笑)
しかも何も言われないかダメ出しされるかしかない桜井氏(爆)
酒もだんだん入ってきて、後半は涙ぐむ人あり、熱唱する人あり、興奮する人あり。
2枚目の5人で映像見てるシーンや、インタビュー受けてるところでは私とひかるっちが熱い酔っ払い議論を(爆)
その姿を傍で見て大笑いするラッチ(笑)内容は田原さんの革ジャンが衣装かどうかです・・・(なんじゃそら)
 
そんなことをしてると何だか忘れられていたカウントダウンになりました(爆)
もうすぐ11月14日。鈴木英哉さんが34歳になる瞬間なんですねぇ。
私達は携帯で時報にかけ、かなり地味にその時を迎えました(爆)
ワー!!!ってその前にある巨大なプリンにみんなで拍手します(笑)
これ、おいしそうじゃないですか??(爆)歩き回ったせいで生クリームがボロボロになってますが(笑)
これも先ほどの高島屋で購入☆この大きさで、プリンんだけど1000円なんですよー!!
ローソクも一緒に売ってあって、一応オフィシャルに合わせてJENさん色の黄色を選択。
しかも誕生日用ならプレートが無料でってことなので、書いてもらうことに(笑)
ひかるっちが紙に「英哉」と書きます(笑)店員さんが「くんにしますか?さんにしますか?」ってことで「くん」に(笑)
ローソクのせいで「34」か「43」しかないのに「くん」っていうのがさすがひかるっちセレクト(笑)
店員さんはどう思ったのでしょうか(笑)気になるところです・・・
 
その後、Qを聴きながらプリンを食い、みすちびちゃんからの祝杯の電話を受けたりしつつ夜は更けて行きました。
あ、掌の歌詩を覚えてきてたひかるっちがホテルのメモに書き出したりもしてました。
しかし酔ってるためにひかるっちも私も出てこないところが多々(笑)ってことでまたTammyさんに電話して聞きます。
・・なんだこの祭り(爆)ってお思いでしょう!?でもね・・かなり楽しいんですよ、これ(笑)
 
さて、朝になりまして私達は鎌倉へ向かいます。
私は2度目だけど、ひかるっちもラッチも初めてなので何故か地元でもないのに案内役?みたいな?(笑)
着いたらもう昼!なので、早速また私達はあのお蕎麦屋さんへ向かいます・・・
また来たぜ、雷亭!!しかも貴重な11月14日使用。
お昼時ってことで、お客さんも多く、また狙う席は旅行中らしくご夫婦で埋まってました。
だがしかし!その席はまだお蕎麦が届く前に空いてしまいました!!あらら・・ってことでぇ??
「すいません、寒いのでちょっと移動していいですか?」と、また無理やり移動(爆)
 
それぞれ決められた定位置に移動し(笑)その感動を味わいます。
そしてまたまたやって参りました☆
11月14日に食べるここのお蕎麦もまたこれ、絶品ですね♪
そして今回は、この方がやってくれました!!!
ひかるっちが頼みました、ミスチルさん達が本当にパンフで食べてらっしゃる、蕎麦ご膳なんと2500円!!
多分小鉢や果物は季節ごとで変わるんだとは思いますが・・・いやぁ、なんとも贅沢な(笑)さすがひかるサマ☆
っていうか、やっぱここはいい〜、ホントにいい!!
前に撮った風景がまた目の前に広がって、パンフと同じ風景に居れて、いいなぁ〜って嬉しいなぁ〜って思いました。
それから一旦鎌倉駅に戻り、ラッチとひかるっちを妙本寺へ案内し(笑)
「ここ!この角度よー!」なんて、この前hamaさんと探したスポットを2人へ伝授し・・秋の鎌倉もいいねぇ〜なんて。
 
それからはちょっとミスチルさんからは脱線。
私がすっごい行きたかった鶴岡八幡宮。鎌倉幕府があった場所です(笑)そこへ行き、その帰りは小町通へ。
小町通りは最近見たTBS系「恋するハニカミ」で宮迫さんと稲森いずみさんがデートしてた場所でした。
何か、もう・・・すっごいおいしい匂いといい感じのお店がた―――っくさん並んでて!!
私達もひたすら食う、食う、食う(爆)
焼きたてのせんべいや、見るからにおいしそうなクレープを歩きながら食べ、豆屋に行っては試食をし。
満腹になりながら鎌倉駅に着きました(笑)
 
次はひかるっちが憧れていた「江ノ電」へ乗りに江ノ電のホームへ。
とりあえず江ノ島まで切符を買い、私達は江ノ電へ乗り込みました。
江ノ電から見える景色です。遠くにあるのが江ノ島で。いやぁ・・・私も感動しましたよ。また夕暮れ時ですごいキレイ。
そして江ノ島入り口?の駅へ降り、そのまま海岸方向へ向かいました。
ちょっと肌寒い海岸で3人で波打ち際ではしゃいでました(笑)
 
この景色って、偶然ですけどパンフに出てくる場所っぽいですよねぇ(笑)
夕暮れの江ノ島が見える波打ち際、相当気持ちよかったです。
そんな中、私達の目の前で一人の男の人が服を脱ぎ、水着で泳ぎ出したのです!!!!
「うえぇぇー!?」って驚きを隠せなかった私達にその男の人の知り合いらしき人が近づいてきて話をしてくれました。
「あいつはライフセーバーだから大丈夫だよ(笑)」って。「頭がおかしいと思っただろ?」って(笑)
そんでどこから来たか聞かれました。福岡、とか名古屋、とか茨城(笑)とか言うとそれぞれびっくりしてましたね。
しばらくそのおじさんと話したあと、ちょっと離れていったので、ラッチが浜辺に何か書き出しました。
「中ケ」
「ケーじゃないんだ(笑)」とかはしゃいでいたら、なんとさっきのおじさんが近づいてきて・・・
「彼氏の名前を書いてもすぐに消えちゃうよ〜」って(爆)
でも「中ケ」は全然消える気配がありません(笑)おじさんは「どれどれ?」と見にきます(爆)
もう私とひかるっちは大爆笑(爆)だって、彼氏の名前が「中ケ」って!!おかしいし!!!(爆)2文字だし、カタカナだし・・
もうラッチは我慢出来ず、その自分で書いた「中ケ」を自ら踏み潰してしまいました(爆)
その姿が最高に面白くて、本当にひかるっちと2人で腹をかかえて笑わせていただきました・・(笑)
その後は、私も書く、ひかるっちも書く、ラッチも書き直す・・・(笑)
でもこんな時に限ってすぐに波がさらってしまっちゃうんですよねぇ・・・ひかるっち長文だったのに・・・・(笑)
 
ってことで、さらわれる前に私のだけ、間に合いました・・おさめました・・・
見えます?「田原LOVE」。見えます?私の愛!(バカ)
ってことで、これで私達の鎌倉の旅、英哉祭り、そして私の東京3連休も終わります。
久々に会っても変わることなく、Mr.Childrenをバカのように愛し、バカみたいに話せる、ホントに楽しいですね。
ひかるっち、ラッチ、本当にいつもありがとうございます!!
 
んで、またこれが最後の台詞だったんだけど・・
「是非、次はライブで!!」
もういい飽きましたよ、田原さん(笑)次は是非、田原さんに会えた感動をみんなで分かち合えますように☆
 
 

 
って思ってたら?
 
その次の週、記念すべきMr.Children復活日に私は東京にまたいました。
20日にある仕事の用事で、だったんですが19日は自由で。また私は昼に他の趣味に熱を注ぎ(笑)
夜は一週間ぶりの再会、トウガラシさんことラッチ(笑)
本当は公開録音なんぞ望んでたんだけど、そんなものはなく。とりあえず渋谷で待ち合わせ。
何となく立ち寄ったスペイン坂の東京FMのスタジオの前で「・・今日ラジオやってるんだよねぇ?」
「ですねぇ。・・行ってみます?東京FM」
「せっかくだしねぇ。東京のFMっていうもんを見てみたい気もするしねぇ」
なんて会話があったかは分かりませんが(笑)
とりあえず、私とラッチはTammyさんに調べてもらったままに(爆)東京FMのビルへ向かいました。
 
時間も時間で、きっともうMr.Childrenさんは中に入ってるだろうという時間。
とりあえずこの中にいるんだー!なんて思いながら、東京FMのビルの周りをを回ってみます。
女の子が2人座ってたりするのも、何となく気になってみたりしつつ、そのビルを眺めつつお話をしてました。
 
!!!!!!!!!!
明らかに来るとは思えない、22時始まりのラジオなのに今21時40分。(遅っっ)
中が見える駐車場のシャッターの向こうに一台のバンが。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
その目に見えるものが何か分かり、ただただ言葉を失って、立ち尽くしてました。
だってだって、目の前のバンから降りてきたのは、何を隠そう・・・愛してやまない彼ら。
Mr.Childrenの4人ではないですか。
 
私はとっさに特技を生かし(?)田原さんをしかと確認。うおぉぉぉぉー!!!!(←心の叫び)
そして次に分かりやすかったのが、入り口と反対側の車のドアから降りて来た真っ赤なパーカーの桜井さん。
道路一本挟んでたし、シャッター越しだし、顔とか全然見えなくて、声も出ないし、一歩も動けないし、
しかもホテルの前でお土産の紙袋とか下げてて、明らかにファンとは思われないようなカッコで。
きっと田原さんも私達がファンだなんて思ってもなくて。
でも、私は確実に田原さんに会いました!会いました、誰がなんと言おうと会いました!!!(怖)
 
中に入っていくのを見届け、向かいに座っていた女の子がファンだっていうことがその時に分かり(思いっきり近づいてたからね・・)
何かもう、呆然としたままラッチを2人で記憶を辿る帰り道。
ラッチはJENさんが一番分かったと言います。寝癖がはげしく、何故か腰がひけてたとか(笑)
私の記憶では田原さんは全身真っ黒で、ファーのついたコートを着てました。
そして桜井さんはすっごい真っ赤なパーカーに黒のニット帽をかぶってました。
・・・後一人、残った中ケーさんの記憶は2人とも曖昧で、もう一人グレーのニット帽をかぶってた人がいたから・・それかなぁ・・?なんて。
 
帰り道、地図を見て歩いていたのに、間違えて一駅先まで行ってしまったくらい、私達は訳が分からないことになってました。
ラッチと興奮のまま別れたあと、Tammyさんから「桜井さん、今日赤のパーカーだって!よかったねー本物!!」ってメールがきて
何かもう、変な笑みが止まらなかったです(笑)
 
でも、でも。こういう偶然の出会い(?)をして思ったけど、やっぱりね、大声で好きだ―って言いたいんですよ。
大声で、体全体で、田原さんが好きだー!!って伝えたいんですよ。
だからこそ更に欲求不満に(爆)
会えたけど、感動を分かち合えたけど、でも私はまたラッチにこう言います。
 
「是非、次はライブで!」
 

back