夜の散歩をしないかね

超主観的 6月8日9日 沖縄コンベンションセンター+α


いよいよ来ました9年ぶりの沖縄。

忘れもしません。9年前9月25日の台風の中での公演。田原さんの誕生日の翌日。
もう本当に喉から血が出るくらいの勢いで叫んだ「おめでとうございます。」(笑)
そして田原さんの「ありがとうございます」を聞けた日。

それから9年。
会場は違いますが、もう久々の沖縄での公演に会場の中は2日間ともすごいテンションでした。

初日は中ケーさん側の立ち見、2日目はちょっと中ケーさん側のアリーナで。
今回のツアーで改めて気付かされた中ケーさん側からの田原さんの良さを最後に堪能させて頂きました。

始まる前には栗原さん掛け声の円陣。もう田原ヒルズ付近も丸見えですから(笑)
特に2日目はもう、スタッフの皆様も最終日とあってもう、すごい声が大きい!!
そしてそれに応えるべく私たちも大きな拍手。
もう・・これで毎回やられてしまいます。
小さい会場のラストだから余計に、今回はもう、既に泣きそうでした。
本当にありがとうございました。半年間、本当にお疲れ様でした。

栗原さん、ギター変えてる女性の方も田原さんをいつもありがとうございます!!!


2日目はなんと、スペシャルでいきなりケンマスイのカゲアナが入ります!!
びっくり!!もうお客さんはテンション上がりきって総立ちです。
そしてもう、アナウンス終わると同時に拍手喝采!!!
沖縄の地特有の、指笛もあったりして。
もう、初日は「沖縄で田原さんに会える。9年ぶりに会える嬉しさ。」でいっぱい。
2日目は本当にもうこれで終わってしまうんだなぁっていう寂しさでいっぱいでした。


暗天して、もう歓声が本当にすごい!!すごいテンションです。
私はもう、初日はオープニングの映像が始まった時点で泣いてしまいまして・・・・
びっくりしました、自分でも(笑)

で、田原さんの登場!!!!!!!
しかし、田原さんよりも、桜井さんの登場の仕方にびっくりしました(笑)

そうか、奈落ない?作ってない?作れない?分からんけども、普通に出てきた(爆)
そしてフード付きの衣装なのは変わらないんですけど
普通にマイクの前に立って歌ってて・・・「わ、あれ一人で回るんやろか・・?」と思ったけど
当たり前に回らず、普通に歌ってました(笑)

イリュージョン、海を渡らず(笑)

 

過去と未来を交信する男。途中からガッとフードを外してからもう普通に動いて歌っていたようですね。
ぎゃーとかわーとかって声が聞こえていました(笑)

♪差し出す~♪のところから入る田原さんのギターの音は本当にドキドキします。

田原さんはもういつものように途中からしか照明で照らされてもくれないですけど
本当に会場が狭いのもあって、肉眼でもリズムを取る体の動きはよく分かります。
♪全てを知らない方が♪の前くらいからのポロンポロン弾いてるときも
リズムを取る体の動きは激しいまま。

♪大きな~♪のところのジャーンは深く、深く弾いてくれて。

そして大サビの前のとこから照明に照らされて、田原さん田原さんであることがはっきり分かります!
田原さんはいつものジャケットに白のインナー、黒い細みのデニムにスニーカーでしたが
どっかでこのインナーの裾、ジャケットに隠れているあたりになんか書いてあるような気がして・・
何度も凝視してたんですけど、どうだったんでしょう・・・。
もしかしたら、同じ白のインナーでもちょっと違ってたりして、
だから首回りもその日その日でダルダルだったり、ピシッとしてたりするんでしょうか。
沖縄は相当ゆとりがある方でした(笑)

♪あなたは座ってる~♪のあとのジャーンジャンジャンジャンのところも力強い。
リズムを本当に一定に体で刻んで、そして最後のテレレテレレレレレーンの後の手はちょっと固定。
で、最後。
もう体を前にもたげて、一音一音、タラランラーン・・・・・・消えるまで。

オープニングとしては異例の?選曲だったように思えますが。
半年間、なんかもう愛着があるというか(笑)
アリーナでもこのイリュージョンのまま引っ張ってもらって良かった気がします。
海は渡らなかったけど(笑)
でも、なんか、面白かった(笑)

そしてその横で田原さん田原さんのまま、田原さんの音を弾いてくれてて。
それも本当に好きなオープニング。
また中盤にあったらあったで、違うような演出になるか、合わないから削られるか。
でも削られるくらいならば、こうやって最初に持ってきてくれて演奏してくれて。
良かったです。
田原さんの本当に最後の締めの音、イリュージョンのバサッてのと
お客さんの「きゃー!」に消され気味だったけども、ないからちゃんと聴けました!!
ものすごい良かったです!!!!


そしてそこからのLOVEはじめました
これももう、なんか、別物になってしまったような、そんな感じ。
ホントに今までは「ずっと同じところ弾いてる」っていう印象だったし
今、SUPERMARKETFANTASYのドームツアーのこの曲を見ても・・・物足りなさすぎる印象。
それくらいに、もうびっくりするくらいに田原さんがもうキレッキレのノリッノリ!!!!

田原さんは最初から左前方のバミリ位置に出てきます。途中から多分、更に左まで進んでたのでは?
この曲は曲の印象もあって、前に出てきてもすごく目線が冷たくて、表情も変わらなかったんだけど
もう沖縄ではこの曲で既に前方に笑顔・・・・(笑)

ニコニコしちゃってました(笑)あぁぁぁぁもう!!!!!なんだよー!!!嬉しいー!!!!(笑)
ピンク色の照明を浴びて、桜井さんはもうぎゃーぎゃーなりながら歌っているのに
田原さんはもう、笑顔になっちゃってるっていう(笑)
でも弾く音はある意味とっても冷たい音。顔とのギャップ(笑)

時々遠くを見たりしつつも、リズムを体で取って、足を蹴ったり横にやったりしながら
ちょっと上体落としたりして、あぁ、もう何かもう!!!!状態でした。

そしてまた小林さんのソロの前、桜井さんが左側に出てくる前に
田原さんもぶつからないように頑張って避けながら、小林さんの横へ。

桜井さんが中央ですごいことになってるときに田原さんももー!!!!!
思わず私もぎゃー!!!!って言っちゃいましたけど、もうホントに踊ってます踊ってます!!
やっぱり2日目の方がすごかったかな~。
ギター弾きながら腰低くして、足を動かして動かして・・・・

もう、全然違う。
ドームのころからも全然違う。どんどん激しくなって、曲の中に入り込んでるのが分かって。
それが2曲目でですよ?
あぁぁぁ~もう感慨深い。いい状態なんだなぁ、と毎回思えました。
何かもう、初日はこの曲でも泣いてた気がします(笑)

そしてJENさんがスネアを変えてからのドコドコがあっている間に田原さん
段々上に上がっていくような締めの音をちょっと前かがみになって繰り返して・・
そして♪ラーブはじめましたー♪が終わったあとにすぐに・・・・・

 

ジャカジャーンとWorlds endという流れ!!!!
いやぁ、問答無用で盛り上がります!!!!

Worlds endは本当にライブで幾度となく聴いてきてて、今回もやるんだぁっていうイメージが
ドームの時は取れなかったけど、本当にこれも回数を重ねて行けばいくほどに
このツアーでしか見れない、聴けない「Worlds end」になっているなぁと思いました。

イントロの時点で田原さんの本当に勢いのすごさ!!!
ジャカジャカやるときの手の動きとか、ジャーンってなるときの手の動きとか
そしてリズムを取って、それにつれて動く顔の動き、頭の動き、
もう髪の毛がすごいこと動いてて。

本当に激しいです。
で、この曲にはソロがあるんだけど、さっき久々に去年のPOPSAURUSのソロを聴きましたが
全く違いますねぇ・・びっくりしました!!!!
私の今耳に残っているのは、もっともっと空を飛んでいるようなすごく柔らかい音のソロでした。
去年でもまだ硬い音に聴こえてしまうくらい。
伸びやかで、気持ちいいい音!!!

最後の最後の一音まで大事に大事に、指の先でネックをこう押えて動かして音出して
そこからリズム取ったまま、最後の大サビ!!!
赤い照明の中に、白い明るいスポットが田原さんを照らしてくれて。
表情も2日間、もう全部堪能させて頂きました。

ジャカジャカ弾きながら、目は前を向かないけど、口でぎゅいんぎゅいん言いながら
顔を動かして、髪もふぁさふぁさなってて。
そして最後の最後までジャンって弾き終わって・・・

JENさんのドラムソロのときにギターの交換。

 

 

そこからのNOTFOUNDです。
アリーナの福岡の時にSENSE以来にこの曲を聴いたとき、
この曲はこんなにすごい曲だったか?とホントに思いました。
それくらいに迫力がすごくて、というか桜井さんがエレキを持っている?んだよね?っていうくらいに
田原さんのギターの音の迫力は半端ない!!!!

最初の田原さんたちが入ってくるところのグリッサンドの音もすごい迫力。
想えば徳島でずれてしまった経験もよい思い出ですし、そのあとの引きずっていた鹿児島もよい思い出(笑)
こんだけ素晴らしい演奏をする今になっても、あぁいうところがあってもいいじゃないと(笑)

でもそのあとからは完全に完璧で
田原さんもホントに歌の中に入り込んだ状態。
音を止める仕草とかはいつかのレポに書いたような
「グッ」ってこぶしつくったりっていうアクションはなくなってたけど
もう一音一音を弾くとき、顔をもう左右に揺らして、もう本当に髪が伸びてるので
ふぁさふぁさ動きます。

合間合間に入るグリッサンドのギューンっていう音も、体をちょっと反らして力いっぱいで弾いてる感じ。
口の動き、表情の険しさ、
♪ノッファーンオーノッファーン♪の後のところとかも、もうジャカジャカ具合がすごい!!
そのあとのジャーンって弾くところはちょっと下に顔向けて・・
そこからデレレレレレレレレレって体ごと揺らしてジャーンでまた手の動き、
ちょっと顔が前向いたまま桜井さん側に傾くみたいな!
やっぱり鐘の音のタイミングで口も、ジャーンも激しい。

この曲は本当に最初から最後まですごく明るい照明がついてるのでどうしても一点集中で見てしまいますが
田原さんだけ見ていてももう、熱く熱くなってきます。
最後の最後、沖縄2日間で表情、口の動きも全て堪能出来て本当に良かったです。痺れました。
もうホントに胸が熱くなりました!!!

最後に向かっていくジャカジャカジャカジャーンそしてドラムダンダンダンでジャラーンまで。
いい!!!本当にこの違い!!やっぱり毎年ライブを数こなすと違うんだなぁって思います。
全体のこう、迫力とか、音の合わせ方とかも全てこんなに凄かった?って思います。
ライブが生んだ産物なんでしょうね。
素晴らしい!!!!!

もう初日も2日目も、あわよくばここで大声で叫びたい衝動に駆られたのですが、やめました。
田原さんは汗を拭ってました。
そして桜井さんのものすごいどっから出てるんだろうってなくらいのすごい甲高い声の
「ミスターチルロレンでーす!!」の声に合わせて表向いて
で、お辞儀をしていました。

なんか、その時も、ニヤニヤニヤニヤ(笑)
前の人に笑顔を振りむいているというよりは、桜井さんのすごい声のMC(内容は覚えてない)に合わせて
ニヤニヤニヤニヤ(笑)
あぁ、もう、嬉しい、楽しいが顔から溢れ出ている・・・・・(笑)
そう思うともう、嬉しくて嬉しくて嬉しくて!!!
2日間とももう、あぁ、もう!!!!!(笑)

この時だったかな??2日目だけ「9年前のライブに来てた人!」って聞いてくれたときはもう
勢いよく「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!!」と手を挙げさせて頂きました(笑)
(もしかしたら、次のところかもしれません。)

 

 

花言葉の紹介の言葉も忘れた・・・・・。
けれど花言葉。
この曲はシフクノオトの本編でやっていたので、沖縄ではもともと演奏される予定ではなかった曲ですが
(シフクノオトは追加公演の横浜国際と沖縄のみセットリストが変更されました)
やっぱり2004年の同じツアーって思うと、感慨深かったです。

田原さんはカントリージェントルマンを左右にちょっと揺らしながら、膝でリズムを取って。
しっかしこれも、前回のそのシフクの時の音を聴いても聴いていられない(爆)
音の存在感が全く違いすぎて、同じ人が弾いてるのかも微妙になってしまうくらいに(笑)
それくらいにやっぱり今の音はとってもよいです。

そして♪君がくれた♪のあとの田原さんのテッテレレッレ―の手の動き、そして音が象徴的ですね。
私も真似するの大好きです(笑)そしてそのあとのテッテレッレーも。
最初のレーの音がちょっと伸びるので田原さんが弾いた形にしたままにするのも好きです。

桜井さんも言ってるけど楽しくて切ない歌なのにニコニコしちゃうっていう
その状態が田原さんにもあるんじゃないか?って思ってしまいます。
軽快、音が(笑)切ない曲なんだけど。
揺れ方も、かわいらしい(笑)

けど、木漏れ日が~♪のところのジャーンジャーンのところは円描きながら表情も険しくなって
口もジャーンジャーンって動いています。
で、また最後にテッレレレッレ―に戻って、田原さんらしいアウトロのメロディを弾いて
ジャーンで終了。

 

 

そしてギターの交換をして、暗天の中、田原さんに青緑色のやわらかい色のスポットが当たって
田原さんのもう本当に優しい優しい音、
やわらかい風のイントロが響きます。
メロディに合わせて膝が動いて、体も動いて、ちょっと体が一瞬後ろに反るときもあって。
体で表現しながら、その音を弾いていきます。

このイントロ。私、前に「CDでは弾いてなかった」って書いてたけど、弾いてました。
ただ、ほっとんど聴こえてないの。
もし、HOMEのツアーでこの曲をやったのであれば、きっと最初のスポットを浴びていたのは小林さんで
小林さんのピアノがメインで演奏されていたんじゃないかなと思ってしまうくらい。

けど、この曲の、あの小さな音のギターが抜かれて、田原さんがものすごい優しい音で
スポット浴びて弾いているこの状況!!!この姿!!!!!!!

もう、感動しかないです。本当に。

この曲の歌のフレーズの最後の方に入ってくるギターの音に合わせて体がハイって持ち上がるような感じとか
♪かけてく~遊歩道~♪のところのッジャッジャってこう、それに合わせて体が動くところとか
もう鮮明に焼き付いていて離れません。

音は終始優しくてやわらかくて。
もうギターに耳取られて何の歌か分かってないんだけど・・・(笑)

ギターのメロディの拍子に合わせて体が動くので、もう一緒に動いてる私も浮き浮きですけど(笑)
もう仕方ない。
サビのギターのところは比較的普通にリズムを刻みながら。
♪始まりも終わりも~♪のところは弾かずにリズムだけ、そのあとのッジャッジャでまた始まって
大サビで揺れ揺れ。

はぁぁぁぁ。
アウトロのちょっと高い音が入ったり、そして最後また田原さんの柔らかい音で終わります。
もう、本当に本当に初めて聴けたのがこのツアーで良かった!!!!!
心底、心底思います。
田原さんのギターの音が本領発揮!!!そんな曲なのではないでしょうか。

 

 

そこからいったんシーンとなって。
抱きしめたい

これは1番はほとんど田原さんはお休みなんだけど
歌っていますね。口ずさんでますが、
♪人並みであふれた~♪からは一緒に弾いています。
揺れているし。リズム取ってるし。でも音は鳴ってません。でも弾いてるようにもう見えちゃう。
音も頭の中では鳴ってしまいます。

そしてサビから入ってきます。田原さんの体の揺れ方もホント、音に合わせて揺れる。
頭が♪タタタン♪のタンのところで止まって、あと一拍のリズムはちょっと小さ目っていう。

で、2番。
♪ともすように~♪のあとから入ってくるんだけど、これもまた、
音の感じがSUPERMARKETFANTASYよりもやわらかい。
音の作り方なんだろうなぁ~多分。
その後の中ケーさんと一緒のところ弾いてるところは、音はちょっと歪んでる感じの音なんだけど
その前のところは、聴いてもこの音とは全く違うなぁと思いました。

サビも1番と同じように揺れて、音に合わせてリズムの取り方も変えて。
何かサビも、若干今回のツアーの方がキーボードのアレンジがシンプル??
もっとギターの音が聴けたような、目立ってたような印象です。
桜井さんがこのSUPERMARKETFANTSYじゃエレキ持ってるんですね・・・だからか・・・。
どこ弾くのよ、と今は思います(笑)

桜井さんがもともと持ってる曲かとか覚えてないけど、ないからって何にも影響ないし
気付いてもないし(笑)
むしろ田原さんのギターの音がよりキレイに聴こえたことで、また切ない曲になっているのならば
もうそっちの方が素晴らしいという。
充分です、田原さんのギターの音で十分。

そして間奏。
桜井さんも同じように揺れているのを大阪で知りましたけど、沖縄2日間も途中からだったけど
一緒に揺れていました(笑)
田原さんは膝でリズム取りながら、上半身は右左って体ごと揺れて。

そして最後の最後の大サビ!!!!
抱きしめたい~♪の後のグリッサンド!ギューン!ってなってからのまたサビのギター。
で、♪いつも~僕が~♪のところでジャーンジャーンジャーンって弾いてからの
最後のポロンポロン弾くギター・・・で最後のジャーンで締め。

この曲も、何度も聴いてきた曲だけど、今回のツアーが本当にベストだと思います。

 

で、2度目のMC

田原さんはもういつものように。
後ろを向いて次の曲に向けての準備中です。

なんかもう、初日はその準備段階から涙涙でびっくりだったんですけど。
2日間ともその準備する男の後姿をしっかり、もう目に焼き付けてきました。
沖縄でも、中身あったかいのかなぁ?って思うくらいに
本当にゆっくりゆっくりワンタッチのふたの水筒で飲み物飲んでて。
2日目はその田原さんの速度に合わせて一緒にお茶を飲んでみたんですけど、本当にゆっくりです。
多分口に入れたあと噛んでるくらいの時間があるんじゃないか?っていうくらい。
でもそういえば、シフクの広島の時、バッグスタンドで見たときも、一口飲むのが遅いって書いてました。

私が最初に書いてたような「ガブ飲み」じゃきっとずっとなかったんでしょうね。
ずっと上に水筒を上げてる状態だからそう見えたのもあったんでしょうけど。
ガブ飲みじゃないです!!!!

そしてこの2日間は見えなかったけど、粉を手にトントンしてちょっと取って手にすり込みます。
手をもんでもんで、そのあとにギターの練習。これも本当に変わらず。
毎回毎回ドームの時もやっていたので、ある意味気持ちを落ち着けるためのゲン担ぎのような。
そんな気もしてきました。
それくらいに乱れず一緒の順番。
違いというならば、桜井さんのMCが長いか、とっても長いか(笑)
それによってタオルで手を拭く時間が増えたりして(笑)

沖縄の2日間桜井さんのMCはオレンジのギターの説明に戻ってました。
だらだらと他の話をするでもなく、歌を歌うわけでもなく、結構簡潔にギターの話だけ。
田原さんも多分、結構すっきりすんなりと曲に入れるくらいの長さだったのでは??(笑)
良かった(笑)

 

そしてSurrender
もう、この曲、2日間ともびっくりするくらいに号泣してしまいました。もう、なんか。たまらなかったです。
本当に今回、初日12月15日にこの曲のコーラスを田原さんが一人でしてると分かった瞬間の鳥肌と
心臓の痛さは一生忘れられません。もう、絶対に忘れない。

それからこの曲をちゃんと聴けるようになるまで、もう色んなこと考えて考えて落ち込んで。
すっごいここまでなった曲って初めてだったし。
そう思わせてくれる田原さんの姿が見れることがやっとアリーナで嬉しく思えたりして。
もう、色んな意味で、今回のツアーで自分の壁になったような、そんな曲でした。

沖縄の2日間、スタンドとアリーナで高さは違うけど、角度的には2日間ともホントに同じような場所で。
田原さんの後ろから射すオレンジ色の田原さんを照らした後の光が自分を照らしていました。

桜井さんと田原さんと、自分。

なんかそういう錯覚にも陥ってしまうし、またこの2日間でこの曲も聴けなくなるという寂しさ。
どんだけ大きな存在の曲だったかってのも改めて分かったし。
自分の中で勝手にすさまじい覚悟で毎回聴いてたんだなぁと思いました。

オレンジ色の光の中、桜井さんの方を向いて自分の弾くところまでは静かに待ちます。
2日目はオレンジの光の中にいる田原さんのシルエットがとってもきれいで美しくて。
そして、まるで夕焼けの中にいるような状態で田原さんが歌い始める姿が映ります。

もう、ホントにその時でも嗚咽するくらいに泣いてしまってたんですが
コーラスはまだしも、ギターの音はちゃんと最後まで聴きたいし受け止めたいので頑張って涙止めて。
本来の曲にはない今回のツアーで出来た田原さんのギターのソロ。
その音の迫力も、間の取り方も、リズムの取り方も。
この最終日のこの音、このメロディが完成系なんだなぁとちゃんと思えるような。
私にとっても全く悔いのない、素晴らしいソロでした!!!!!

大阪の時点でもうちゃんとそれを感じれたんだけど、そのままぶれない状態。
素晴らしかったです。

マイクスタンドにぶつかってみたり、途中で弾くのやめたり、ちょっとずつ変わったりしてたけど
もう、これが、集大成。本当にそう思えました。

2番から入ってくるギターの音も、本当にもう何を聴いてもこんな音聴けない。
だからCDも聴けない、前のライブの音源も聴きたくない。
そう思わせるくらいの音です。
そのまま低い声でのコーラスも入りながら、本来の田原さんのギターの音を一緒に弾きます。
ちょっと控えめにはなってるけど、それでも十分。

そしてアウトロに向けてギターに専念して、体を揺らして音を鳴らします。
最後の最後もちょっと上がっていくようなメロディを鳴らして、そしてジャーンで締め。
桜井さんに合わせて深々とお辞儀。

もう、もう・・・・そしてこの拍手の嵐!!!!もう、もう・・・・!!!!!!!
もー!!!!!!!!!!!!!涙涙涙。もう、初めてってくらいにこんだけ泣きました。
そして頭の中に思うことは。

「こんな日が来るなんて!!!!!」

もう、まさにこれしかなかったです。
もう、他にたくさん演奏でも素晴らしい曲ばっかりなんだけど、今の田原さんがたっくさん詰まっている曲。
今を象徴する曲、その曲がSurrenderだと思います。
もう、本当に本当に素晴らしい。この曲をアリーナに残してくれていて本当に良かった。
そんな曲が沖縄2日間で、きっと田原さんもこの曲では清々しく終わりを迎えられたのでは?と思うほどに。

本当は私も叫びたかった。
けど、田原さん集中してるから、自分でここは叫ぶところじゃないと思っているんだけど。
もう、もう。

「田原さんが大好きですー!!!!!!!!!!!」

ってもう、ホントにホントに大声で叫んでしまいたかったくらいに。
もう、田原さんが好きになって良かったと、また想って泣きました。あぁ、もうホントに泣いた(笑)

 

 

そしてそのままPinkに入るのですが、この曲は9年前に演奏された曲でもあるので
そういう意味でもまた思い出して、涙が止まらなかった曲でもありました。

でも、本当にこの曲も9年前とは全く違います。まずもって修ちゃんがいない。
ギター2本で弾いてる曲が今回は田原さんが一人で弾いてるけど、
田原さんしかギターの音を出す人がいない中で、CDよりも、この9年前よりも遥かにすごい迫力を出せてるっていう。

沖縄の2日間、表情も全てきっちり分かる場所だったので。
田原さんがジャーンジャーンって言いながら弾いてる姿も表情も全部全部堪能してきました。
音を体全体で表現、出してるのが本当に伝わってきます。
この最初のイントロのジャーンの音だけでも、全くもって迫力違いますよね?!もう・・・ホント、泣く・・(><)
♪壁の絵画に~♪からのところは、9年前は修ちゃんが弾いていたところの方になるのかな?
田原さんが弾いているんだけど、その音もこのなんか、混沌としたPinkの世界観を壊さないんだけど
存在感もあって、すごくきれいなメロディで・・・
なんか、なんか・・・・。
そこからの、サビに向かって爆発する感じがたまりません。

サビは膝でリズム取って、右左にギターを揺らしながら弾きます。
そして♪くれーるよ~♪のあとのテレレレーレーテレレレーレーが入って
またサビのギター、そして全て脱力したようにジャーンでサビが終わって・・・

JENさんのドラムソロ。これもなんかないの聴くと全くもって物足りませんね!!!

その間、田原さんは桜井さんの方向いて、すごい低い体勢で待機。
こんなことも、最初はやってなかったんですよ。私が認識したのは和歌山の時からです。
この後の大サビはもう、JENさんの方向いて、ネックを上げたり下げたり、
足も右足蹴って左足蹴ってってもう、すっごい激しくなってたんだけど
和歌山から、この地中から這い出てくるようなこの音を表現するために
田原さんも弾く体勢から起き上がってくる感じ。

もう曲に入り込んでて、自分を客観的になんか見てない。
もう伝えること、伝えようとする姿勢が本当によく分かって、それがまた、感動してしまいます。
大サビが終わって、アウトロのまたジャーンジャーンを本当に激しく、曲の重さを表すような音で弾いて
最後にジャーン・・・・・ってなるんだけど
そこから常套句にうつるまでの、あのキンキン言ってる音に合わせて田原さんの音も鳴ってます。
そして最後の音まで弾き終わって、キンキン鳴ってるのだけになって。
田原さんはギターを交換して。

 

 

で、常套句が始まる。
素晴らしい流れ。
田原さんは立ってますが、歌ってます。歌ってくれてます。

2日目は肉眼でもそれが見えたので、もう浸りに浸ってしまいました。

♪君に会いたい 君に会いたい♪

でも確か手はネックを押えていたと思います。リズムは取ってなかったはず。
で2番の頭から田原さんが入ってくるんですが、メロディに合わせて頭、上半身が動きます。
♪そういうと決まって♪のところのジャッジャッってなるのはジャッに合わせて顔が横に動いたり。

これもホントに膝でリズム取ってるのは田原さんが好きな人だけだろうなぁと思うくらいに
みなさん聴き入ってますよね・・・。
♪嬉しさと~♪のところは田原さんのリズムもすごく上下に激しいです。

そしてそこからの間奏のところは田原さんの頭は左右に揺れて揺れて。
んで、音が止まって、次入るまでもちゃんとリズムを取って。
この曲も白に緑が混ざったような照明のままなので、とってもその動作が見やすいです。

そして最後の最後、ちょっと静かになったところまでは弾いたまま・・そしてピアノのところになって真っ直ぐ立って
お辞儀。
そこからギターの変更。

この曲は結構詩を聴くよりもギターを中心に聴いてて、自分にリンクするなんてことは本当になかったんですけど。
大阪の2日間でCANDYの後にこの曲を聴くと、もうなんか・・・その歌詞の切なさがやっと分かった気がして。
切ないですね。
なんかもう、ホントに切ない!けど、もうその切ない感じに田原さんのギターがもう、合います。
今の田原さんのバラード!って感じ!!!

 

 

そしてそこから・・・CENTER OF UNIVERSEです。
この曲も何度もライブで見てきたけど、今回は本当に色んな発見が出来た曲だなぁと思います。
もう今回の本当に象徴的なのは!!!
田原さんが入る前に、桜井さんと同じようにジャカジャカ弾いてることです!!!
これがもう、え、弾くようになったの??って思ってから長いのですけど
それが大阪の時にミュートを切るのはそのあとだと分かり、この時音は出ていない!

しかし、もうその姿は弾いてるのと同じ!
むしろ、弾いてるときよりもジャカジャカ自由で手の動きとかすごく柔らかくていい!!!!(笑)
これはもうドームの振替公演の福岡のときも書いてるので、ずっとやってるんですよね、今回は。
その後にさり気にミュートを切って、いつも通りのところから弾いていきます。

この曲のギターももう、ホント歌ってしまう(笑)
何度も何度も、毎回のツアーで書いていますが(笑)
ジャジャジャーンギューンジャジャジャーンジャジャジャジャーンジャジャジャーンジャーンジャングッ
っていう、この一度止めるところがとっても好きです(笑)
そして次のはそのまま弾いたままっていう。
こう、さらっとグリッサンドが入るのがよい!!!なんか、ホント昔よりも弾き方ラフというか。
さらっと弾いてる感じがいいです。

そしてどんどん盛り上がってきて・・・
間奏のところで、足元にある2つのペダルの赤の方のペダルで!!これも大阪で確認したけどそっちで
ギューンともう、見せ場!!!!!かっこいいー!!!!!!!!!
でも昔に比べてすごく激しい見せ場!!ってな感じにはなってなくて
ホント、なんか、力んでないというか、さらっとさらっとかっこいい、見せ場のワウ、みたいな?(笑)
でもそのシンプルさがまたかっこいい。

SNESEのスタジアムの音とか聴いてても何か全体的にもっとシンプルな音だなぁと思ってしまいました。
ワウの使い方とかもあるのかなぁぁ~。

サビのワウは次は赤のペダルより内側にある白のペダルでした。これも大阪で確認。
そしてそれを踏みながらワキャワキャ弾く感じですけど、これもさらっと感じてしまう(笑)
でも音の存在感はもうCDでは全く物足りないくらいですけど。
いい感じに力が抜けてるのかなぁ~。

そしてそこから沖縄初日、ここでかかと合わせてつま先でピョンピョンピョンピョンとリズム取り!!
で、前に出てきたー!!!!!っていう展開。
前に出てきて、もう前の人たちに思わず笑顔を見せてしまう感じ(笑)
もう、ホントに、ニヤニヤ止まらず(笑)

で、急いで戻って立ち位置でリズム刻んでまたワウー!!!!
白い照明でもう、表情までくっきり!!!!

そして最後のジャーンで円を描いて、そしてそのあとのジャーンジャーンジャーンでも毎回円を描いて
最後の円の途中で口にピックをくわえてからのギター交換。

 

 

黒のギターに持ち替えて擬態です!!!!
2日目はここで、両足くっつけてかかとつけた状態でつま先でピョンピョン跳ねてるようなリズムの取り方!!!!!
もう思わず「ぎゃー!!!!!!!」と言ってしまうほどに(笑)

擬態は1番はちょっとリズム取ってるだけ、そして途中から入ってきますが
もうリズム取りがとっても激しい!!!!
サビのところはジャカジャカジャカジャカ動く手がすごく激しい。

そして2番は最初から入ってきます。
♪向きになって~♪のところは弾くギターに合わせて顔が動くのが一拍遅れるみたいな感じ。
そしてそこからのサビでまたジャカジャカジャカジャカ~激しい~。手の動きが激しい~!!!
手拍子合わせたらもう、ずれてしまって大変。

そしてそこから前に出てきます!!!!
富を得た~♪のところからは前に出てきて、お客さんに笑顔を振りまきながら。
目じゃないとこ♪のところからはちょっと下向いて弾き始めて、そこからすごい激しいストロークが始まって
そのあともまだまだ前にいるまま。バミリのところにいます!!

んで、ジャカジャカジャーンで♪今にも~♪のところのちょっと上にあがっていくのようなメロディを体ごと弾いて
またそのまま前でジャカジャカジャカ弾くけど、田原さんテンションが上がってか、ここでも左に進む(笑)
お客さんの方見ながらニコニコして、弾いて弾いて。
ちょっとずつ戻ってきて、で、そのままバミリ前くらいでアウトロまで。

んでジャーンで立ち位置に戻ってギターの変更。

 

 

この間、なぜか桜井さんが田原さんの方に体を向けて、半身でステージ中央に立ってるんですよね(笑)
んで、何をしてるかと思いきや、小林さんに手を向けて「さん、はい!」みたいな合図を送るためのようです(爆)
いや、別に笑わなくていいんですけど(笑)
すごい決まった顔してた瞬間を見てしまい、
しかもお客さんがその半身姿にめっちゃ「ぎゃー!!!!」ってなってるから
「えぇぇぇ!?これにー!!!!」って思いました。どこかで(笑)
何か、もう、この曲も桜井さんのテンション、結構崩壊してますよね??(爆)

んで、小林さんのピアノで始まる
fanfare
田原さんも左のバミリくらいのところでスタンバイ。
でももう、弾く前からにっこにこ。もうにっこにこ!!!!!にこにこしすぎ!楽しそうー!!!!!!!
で、黄色い照明を浴びて、あのギターのリフが鳴り響くんですけど!!!!
なぜか、いつからか、桜井さんがやり始めた手を横に振りながら飛ぶっていう(爆)
あれをみんながやり始めてしまうので、田原さんが見にくくなってしまうという・・・・。
しかも出来れば田原さんのリフに合わせて手拍子をしたいので、もう・・・・浮くしかないという。

あれは今後も続くのでしょうか、桜井さん・・・・・。

田原さんはリフじゃないところも、ジャーンとかちょっと手を伸ばしたりして音止めたりして
もう絶好調です!!!!
早く左に行きたくてたまらんような(笑)
もうニコニコ。ニコニコ、ニコニコ(笑)

サビのところとかは左まだ完全に端じゃないけど、沖縄は花道も短いのでちょっと手前で
ジャカジャカ弾いております。
そしてそのまま左で黄色い照明浴びながら間奏に行って、横ふりの人たちを見てちょっとまたニコニコ(笑)
サビ前のジャッジャジャーンでちょっと手をまた伸ばして弾いて、そこからサビに。
そこはギター見ながら立ち位置にいるのと同じような感じで弾きます。

で、そのまま間奏からの2番。2番の伸びやかな音も絶好調!
楽しそうだなぁぁぁ・・・多分今までで一番楽しそう。こんなに一体感というか、すごい曲でしたけど今までも。
それでもここまででした??って思いますよね。田原さんが本当に毎度毎度、ホントにテンション高い(笑)

それが分かるのが、恒例、みんなで歌うところです(笑)
もう大阪で♪手を振ろう~♪で手を振っただけでもびっくりしたけど!!!!
沖縄初日も大阪と同じくで手を振ろう~♪で手を振ってくれていました。
しかし、2日目、もう田原さんもテンション崩壊(笑)♪手を振ろう~♪のところで多分何かが弾けたんでしょう(笑)
もうアリーナのお客さんに向かってグッドグッド、グッドの連発!!!!!!(爆
もうぐいぐいぐいぐい親指をアリーナに向かって手を伸ばしてニコニコでやってました(笑)

それはまるでエドはるみのように~♪

って、頭に浮かんでしまうくらいに(爆)
もう、きっと皆様も脳裏に焼き付いている、
田原さん
のあのスクリーンに映る本当ににっこにこの、最上級の笑顔!!!!
もう目がすっごく細くなって、もうしわくちゃになって笑う姿!!!!!
あれ、あれ!!!

もう、あんな顔がライブ中に見れる今!!!
そしてそれをお客さんを見ながら!!!!私たちが作ってる顔!!!!って思ったらもー!!!!!!!!!!
その楽しさが、嬉しさがもう、理性吹っ飛ばして、どんだけグッドくれるんだ!!っていう(笑)
もう、なんかもう、幸せでこっちまで理性吹っ飛んで
グッドのオンパレード中に「グッド―!!!!!!!!」と叫んで私もグッドグッドグッドグッド(爆)
もうなんのこっちゃですけど(笑)

そしてその後のタラララーンタラララジャーンの時のこのジャーンの手も決まってまして、
そこから一気にサビー!!!!!!

全員がテンションマックスのまま、最後の最後の田原さんのリフまで駆け抜けます。
田原さんはそのまま左にいるまま。
まだもう、ニコニコしたまま客席を見て、サビのギターももう、自然に大きくアクション。
最後もまだみなさん、桜井さんに合わせて横ふりのまま(笑)

そして最後のジャン!で一気に暗天!でも田原さんはそこでもグッド―!!!!
けどもう、今までが明るすぎて全く見えないー!!!!!!


もう沖縄が一番テンション崩壊してた気がします(笑)田原さん・・・・田原さん・・・・!!!!!!
なのでお客さんももう、ぐったりだったのか、なぜかアリーナで椅子に座り出す人多発・・・!!!
びっくり!!!!

おかげで田原さんが顔をタオルで拭いてるとことか、またゆっくり飲み物を飲むところとか
すごく見れて良かったんですけど(笑)
衝撃でした、あれは沖縄ならではの光景なのかもしれませんが・・・(笑)


で桜井さんが出てきたらみんな立つっていう・・・
あー、そういうこと?(笑)

 

 

でも田原さんはまだ後ろを向いたままです。
桜井さんは「まだまだやれるかー!!!!」みたいな煽りタイム。
その間も田原さんは後ろ向き。

で、あのなんかちょっとテンション落ちて「んじゃメンバー紹介しまーす」みたいなところで
後ろに置いてあった「誰よりも音楽を愛する天才」とおそらく書いてあるであろうメモを
ピックを置いてるところに置きます。

これも・・・・もうきっと覚えてるんだろうけど(爆)
何の拍子で頭真っ白になるか分からないですしね(笑)いやぁ、ぶれない、ぶれない!!(笑)

そしてその置いたまま、後ろに下がって小林さんの横くらいにまで下がって小林さんの紹介に拍手。
小林さんが前日誕生日だったので、初日はそのことに桜井さんが触れていたのですが
そのあとの小林さんの行動がものすごい古いというか、世代を感じてしまい思わず
「ふるっ」と言ってしまいました(笑)

そしてそのままJENさんの紹介。
初日は顔芸?2日目は綿棒2本での顔芸。ホント多彩(笑)
田原さんは紹介されてる途中は普通に下向いて、ギターのコードを確認してるような感じで冷静。
笑うこともなく、本当に真顔(爆)

初日はそのままだったんですが、2日目、その綿棒2本が鼻に入るかどうかっていうとき
みんな「頑張れ―!!」みたいな状態で(笑)
で、入って、拍手喝采。

そして田原さん真顔で拍手喝采
いつものように両手を顔の横に持ってくる拍手ではなくて、腕を伸ばして拍手。
「いやー、よくやる。すごい」みたいな、半ばもう呆れた感じの(笑)
その姿が面白くて面白くて(笑)

そして中ケーさん。
赤コーナーのいつものやつ。そしてそこに小林さんとJENさんのSEもついて派手です(笑)
田原さんもこれも真顔で拍手のみ参加。

で、田原さん!!!!

本当に今回の桜井さんで一番尊敬に値するところです。(!?)

「響きと音の求道者」

この言葉がどれだけ田原さんにぴったりか。
そしてやっぱり桜井さんは田原さんをよく分かってるんだろうなぁと思いました。
今の2人の関係というか。
桜井さんが田原さんのこういうところをすごく信頼してるんだろうなぁとか。
本当にこの言葉、心の底から私も嬉しかったです。

桜井さん、本当にありがとうございました!!!!!

「響きと音の求道者 田原健一!!」

ここにもSEが入りますので(笑)
声を出してもあんまり届きませんけど、田原さんが精一杯手を振ってくれて笑顔で応えてくれるので
もう私も全力で名前を叫びました。


そして・・・・・


「こんばんわ」


もちろん2日間ともぎゃー!!!!!!と会場内はもう割れんばかりの歓声。
これも本当に、京セラ2日目に前日のことで打ちひしがれている中、色んな人から
「しゃべったよ!!!」と連絡が来て(笑)

もう、それもすごいけど、それどころじゃないんだよ!!!と思いつつも
何の心境の変化がここまでさせたのかと、びっくりしましたけど。

私も今まで田原さんの声を聴いたのは
2001年ジョンレノンスーパーライブで、そして2004年9月25日の沖縄で。
この2回だけです。
聞いたことない人も多かったと思います。

それがまさか、ライブのたびに田原さんの声が聞けるなんて。
でも田原さんらしいのはそれが毎回のMCで内容が違うなんて、高度なもんじゃなく。
そう、それこそPOPSAURUS2011のJENさんのコーナーのようなものではなく(笑)
桜井さんの紹介をするお役目が田原さんっていう。

そしてこの紹介をするために、メモがあり、それを後ろのテーブルから
分からないようにそっとピック置く台に持っていき。
ドームツアーの時はその紙をアンコールで出てきたときに戻していたのですが
もう今はそのまま、ラストまで置いたまま(笑)

これだけのセリフですが、かむこともありました(笑)
声が出にくくて咳払いしながらのときもありました。
この時のために、後ろでまたゆっくり喉を潤してます。

徳島の時は声が出にくくて咳払いしているのにもかかわらず、
前日が桜井さんの誕生日だったがために、それも言わなければいけない使命・・。

もう、ホントに、多分田原さんにとってはこれもすごく緊張する部分だったんじゃないかな?って。

こんばんわの一言で、毎度ものすごい歓声なんだけど
それをぶった切って
「紹介します」
と喋りだす田原さん
でもドームツアーのときのさいたま2日目とか、次に行くタイミングを失ってしまうくらいの時もありました。

でも沖縄では、もうその歓声に応えて、左向いてにやって笑える余裕!!!!
あぁもう、どんだけなの田原さん!!!!

そして


「誰よりも音楽を愛する天才」

天才の言い方もさまざまでした。
けど、「てんさぁい」とちょっと伸ばした感じが多かったかな。

「桜井和寿」

その時の手も、手のひらを広げて後半は紹介してましたが
福岡の振替のときは親指でしたね。
しぶい(笑)

桜井さんを紹介してからはもう田原さん自身も桜井さんに拍手を送って
そしてもう、肩の荷下りた~ですよね。
後ろに下がって、もう何事もなかったかのように(笑)


桜井さんを紹介する大役、本当にお疲れ様でした。
多分、桜井さんも田原さんに紹介されたかったんでしょうね。
(雷蔵の2人じゃ若干おちゃらけそうだし?)
説得力があるもんなぁ。

でもそれにちゃんと乗っかってくれた田原さんが桜井さんも嬉しかったはず。
だって自分じゃ天才なんて言えないしね(笑)

ちなみに京セラ2日目の最初に話した日は
「天才 桜井和寿」
だったらしいですね。


でも、今思うと、ちゃんと「こんばんわ」って挨拶から入るところとかは
本当に田原さんらしいなぁと思います。

ちなみにこの沖縄は2日目、こんばんわがちょっと声出づらそうだったんだけど
そのあとは完璧でした。
本当に39回、お疲れ様でした!!
もう、大きな大きな拍手を贈らせてください!!!!!!!

で、通常はイミテーションの窓が入るんですが
初日、私ここで初めてイミテーションの窓がないことに気付きました(笑)
あ、ない!そういえば!!!!

ってことは!!!!JENさんのショータイムも沖縄はなし!!
隣で落胆する方一名(笑)
あのイミテーションの窓に沖縄の海が映るんじゃないか?とか思ってたけど。

イミテーションの窓も、海を渡らず。

そして一人一人に役割があるみたいな歌を歌いますみたいなことを言っていたような気がします・・・・。
(曖昧過ぎる・・)


 

こうやってイミテーションの木を聴くのは初めてだったけど。
またそれはそれで違った印象になるなぁと思いました。

田原さんが淡い緑と黄色の合わさったような色のスポットに照らされながらすごく優しい音で奏でます。
そのあともリズムを取りながら、優しく優しく入ってきます。

そしてまたイントロと同じようなフレーズを優しく優しく弾いて。
そこからはリズムを膝でちょっと大き目に取って、ジャカジャカ弾いていきます。
そしてサビの前のジャカジャンのところはもう、普通に弾いたままの手。
ドームの時はこれがジャンって固定されていたり、そのまま伸ばしてたりしてたけど
今はすごくシンプル。

そしてそのあとまた優しい音を体全体で奏でたあと、
間奏は膝でガシガシ、この曲で一番激しいリズム取りをしながら大サビまでをつなぎます。
最後のジャーンでちょっと止まって、またリズム取りながら弾き始めて。

最後の最後、静かになるところはちっちゃくリズムを取って、
で、最後、また大きくリズムを取って弾き始めます。
♪確かな~♪のところはCDよりゆっくりなるアレンジなので、田原さんもジャーンジャーンって澄んだ
すごくきれいな音でしっとり。

で、最後の最後でまた激しくなって、♪君を~癒せるなら~♪でまたジャカジャカ弾いて
アウトロで田原さんの音で締め。


田原さんの静と動がすごく感じられる曲です。
なんかもう、毎回弾いてるところと音を追いかけていくだけで終わってしまっていたけど
何かこの沖縄の2日間は。

桜井さんが最初に言った言葉が(忘れていますが)すごく頭に残って、ジーンとしてしまいました。

しかし。
しかし。

 

でもやっぱり私はこの曲が一番今回のツアーで毎回毎回歌詞から何までが胸に来ます。
私のMr.Childrenの中での特別な曲の中に入る、本当に大好きな大好きな曲です。

 

pieces

 

この曲は田原さんがちょっと桜井さんの方にちょっとだけ向いて弾くんですよね。
だから真正面が真正面にならず、中ケーさん側にちょっとずれたところが真正面になる感じ。
まさに、沖縄は2日間とも真正面になる場所でした。
でも、今見てたらドームの時はJENさんの方向いて弾いてたんですね(笑)
徳島からちょっと中ケーさんよりになったと書いてますね。
そうなってくれて嬉しいです。
だから沖縄で真正面にいれました。

もう、田原さんを中心に見過ぎて、ステージが屈折して見えるくらいに(笑)
というか、もう2日間とも本当に泣き通しで、びっくりするくらいに泣き通しで・・・・
ステージの中央に田原さんがいるような、そんな錯覚になるくらいに。


何よりも。CDとまったくもって違う曲のようにギターの響きがとってもよく聴こえます。
何にも負けず。もうすごく聴こえます。
ピンクの照明がすごくまたあったかくて、そこに白いスポットがさすのがすごく好き。
そして田原さんは最初からちょっと前かがみになって、弾きだします。

この曲には去年の今頃、ホントに救われました。
この曲しか聴いてなかったときもありました。
田原さんのギターの音がとっても優しくて、でもすごく力強くて。
で、桜井さんの歌詞がものすごく胸に響いて。
何度泣いたか。

POPSAURUSでは聴けなかったので、今回このツアーで聴けるのをすごく楽しみにしていて。
きっとあの歌詞を聴くと泣いちゃう!とか思っていたけど
歌詞以上に田原さんのギターの音がものすごくよくて、しかもめっちゃよく聴こえて。
そして、合間合間のカッティングの力強さに集中してしまいがちな感じでした。

福岡の2日目で桜井さんの声の調子が悪く、この曲は聴けなかったんだけど
その雰囲気の良さに全く気付いてなくて。
でも、その次の徳島で聴けたときは、やっぱりほっとしました。

そんな、どの日でもここですごく安心するというか。
ほっとする曲。
それがこの曲でした。

最初は膝でリズムを取って、前かがみでポロンポロン弾いていきます。
この時の音もものすごくよく聴こえます。

そして♪ここにいる~♪のあと、ジャカジャカジャカジャカジャカ・・・
この音!!
そのあとの音も!!!もう、本当に本当にこんなに存在感があって
どちらかというとキーボードの役割も大きい曲なのにギターがまったく消えない。

そんな中で聴こえる・・・・

♪軌道をそれて 放り出された 夢が夢が しぼんでいく
どこかに不時着しようかって頭をかすめる
粉々になったら 匂いに紛れて 君の元へ飛んでくから
その時は思い切り 吸い込んでよ♪

もう・・・・号泣でしたね(笑)

もうずっと、ずっと考えていることにリンクしていて。
ホントにもう、何か、桜井さんにありがとうと言いたいくらい。
田原さんへの気持ちが爆発する曲です。

なんか、やっと?この曲で泣けた、もう思いっきり。思う存分。
そんな気がします。

そのあとのギターもずーっとずーっと真正面。
表情はピンクの照明なので見にくいけど、全然、もう音だけで十分。

サビに行くにつれてまたジャカジャカジャカ、激しいです。
サビの音も、ちょっと高くなるところの音も、リズムを大きく取りながら、
ずっとちょっと前かがみだけど。
力強く弾いてくれます。

そして大好きな間奏部分。
これももう全く、キーボードに掻き消されることなく!!!!!!!!
田原さんの音が全面です。
これ、ホントなんでこういう調整になったのかなぁって思うくらい。
田原さんのギターの音がすごく良かったんだろうなぁ、と思ってしまいます。

そのあと、左右に揺れながら弾かないけど、ちょっと口ずさみながら、
♪僕らが残した足跡~♪のあたりから、リズムを大きくとって入ってきます。
そして大サビ。

♪軌道をそれて 放り出された 夢が夢が しぼんでく
このまま消えそうだなんて 頭をかすめる
でも消えてなくなっても なくなりはしないだろう
君と共に生きた軌跡 さぁ次の余白に続きを描こう

いつか描いたやつより 本物にしよう♪

いつも最後で、背中を押されます。
私がやってることなんて本当に無意味で、何の役にもたってないって思うことが多々あるんだけど。
この曲聴いて、田原さんのギターと桜井さんの書いてる詩で背中を押されます。

本当に本当に田原さんのこの曲のギターの音はもう、最高です。
こんなに存在感のある音、もうホントにない!!!
この曲は、このツアーでしか弾いてないから、早く、早く、早くまたちゃんと聴きたい。
大事な大事な曲になりました。

それを最後、沖縄2日間で思いっきり体で受け止めて、もう全部気持ち出しちゃったくらい。
涙で頂いたタオルがびしょびしょになるくらい泣かせてもらいました。

この曲に出会えて本当に良かったです。
あぁ、もう田原さんが好きです!!!!

 

 

そして、最後の音が出てるときは田原さんはギター交換中。
桜井さんがみんなも歌ってほしいみたいなことを言ってたはず。(耳に残ってる)
そこから始まる
HappySong!!!!

これはこれを書いてる6月17日現在で、もう先週めざましテレビで盛岡のこのHappySongが
1番だけ全部放送されたので記憶に残ってますが。
ご覧のとおり、田原さんはそんなにHappySongっぽくないです(笑)

桜井さんもすごく楽しそうだし、笑顔でいっぱいの客席が映ったり、JENさんがたくさん手を挙げてたり
(それに合わせて各地で私の隣で色んな人がそのJENさんのお手挙げに合わせて挙げていたり)
でも、田原さんは、とにかく真剣です。この曲に笑顔はない!!!(笑)

でも、最初に聴いたときから、この曲って完全にHappyな曲ではないと思っていたのですが
実際にもそうですよね??
田原さんはその神髄の分を表現しているのだと(笑)私は思っております(笑)

田原さんはホントに楽しそうな客席には目もくれず、目をつぶって
表情もすごく険しくて、何よりも口!もうずっとずっとギュンギュン言ってるような。

イントロから膝でリズム大きくリズム取って、デレレレレレって弾いたあと、
そのあとも♪遠くに行こう~♪のあとのデレレレレレ、そのあとのギューンのグリッサンド。
そしてそこからもずっと膝でリズム激しく取って、弾いてます。
サビに入る前のターラーラーラッからのサビ。

サビももうリズム取って動いてる感じだけはすごくHappySongっぽいけど(笑)
で♪あ~い♪でギューン、♪ビリーブ♪でギューンと、これもグリッサンド多い。

そして2番からは歌の端々で田原さんの細かい技が光ります。
そのたびに手をネックから冷たく離して持ち直して、の繰り返し。
んで、またグリッサンドで♪オッオ~♪に入りますが、そこも変わらず。

2番もグリッサンド満載、そして顔もそのまま険しい表情のまま。
その表情も2日間たっぷり堪能してきました。

で、♪どうゆう~♪からはちょっとリズム取りが細かくなって、
顔は音に合わせて上下。
♪さ~あ~♪のところから、小林さんの爆音が響き渡りますが田原さんの音もちゃんと聴こえます!!

この曲のメイン、大サビに入る前のギューンギューンギューンってところも完璧!!
その時の顔の動き、そして顔の表情!!!
もうすべてを最後の最後2日間でしっかり堪能して、田原さんと同じリズムを刻み
結局参加公演全てでその姿をスクリーンには抜かれることなく、無事田原さんとのHappySongを大事に出来ました!!

でも、スクリーンに映った人たちの顔は本当にどの人も幸せそうで。
田原さんを見ながら、その人たちの表情を見るのがすごく楽しかったです。
でも映らなくてよかった!!(笑)

 

 

そこから一気に空気が締まります。
オレンジ色のあったかい空気から、真っ赤の照明に変わって、
hypnosisです。

田原さんもまた表情が一気に険しくなるけど、イントロのグリッサンドも全て完璧に響いてます。
1番はこれも歌ってましたね。
これも歌ってるんだなぁぁ・・・・とすごく胸にきました。

そして♪すべてが~♪の前から入ってくる田原さんの音。
この曲は去年のapのときから、こう音が上にあがるときネックを持ち直す肘の動きがすごく特徴的。
でも音の迫力はapの時とは比べものになりません。
静かに弾くところでも、大きく大きく膝でリズムを取って、顔はもう本当に真剣。
口ももう動きまくってます。

そしてサビのところでギューンとグリッサンド。
サビも同じようにリズム取って、♪もてあそんで~♪の後とかはまた肘の動きが目立ちます。
♪見捨てられても~♪の後のうねるギターの音も本当に素晴らしい。
2番に入る前も、そのあとも。
リズムだけは本当にずっと一定に膝で。
そして2番の歌の端々♪牙をむき出し♪遠吠えをあげる♪のところでギターの音が入るたびに
顔をちょっと右側に突き出すような感じで。

表情は相変わらず、ホントに唇の動きも田原さんの特徴的な動きをしてます。

そこからまたグリッサンドで入ってサビ、リズムも一緒なんだけど、
♪出会えるかな~♪のあととかはそれに合わせてリズム取り。

間奏ももう激しく、ギュインギュイン鳴らすたびに顔がちょっと右に突き出て。
でも目はつぶってて。口が動いて。

そして最後、ちょっと弾みをつけて最後の大サビへ。
静かになったところはちょっとお休みなんだけど、最後に向けてまた細かくリズムと取って取って入る。
そして最後またグリッサンドがあって
♪いつか~新しい~♪のところはドラムに合わせてリズムを取って
そして戻って、最後に向けてクライマックスです。
最後の♪僕は手を伸ばす♪の前のところとかは、顔の動きと肘の動きの最高潮!!!!

最後の最後まで、もう本当に田原さんを見ているだけで
ギターを聴いてるだけでもこの曲のすごさが分かるくらいに。
田原さんから伝わってきます。

 

 

そしてここから、End of the dayです。
最初から田原さんのギターの音が響き渡ります!!!
そして、もう、歌が始まる前のところのギューンからの、ジャカジャカの激しいこと!!!!!
この時もリズムの取り方、そしてもう、ジャカジャカ弾いたあとのジャーンの脱力!
しかし、リズムだけは取りっぱなし!!!

そしてちょっと口ずさみながら、リズムは刻んだまま、そこから先にコーラスから入ります。
ここのコーラスはドームの最初からやってました。
でもここだけ。

そしてもう、いちに、さんはい!みたいな形で田原さんのギターが入ってきます。
田原さんはここではもういつも通りにリズム取りながら弾いて弾いて
♪ノースタイル~♪のあとのジャカジャカジャカジャンの最後のジャンの時の手が好きです。
(分かりにくい・・)
ちょっと上に跳ね上げるんです。

んで1番のサビに入る前のエーンドオブザデーはまだ下向いたままギター。
そして、サビではもう、本当に膝の動きが激しくてもうなんか、横から見るとうねうねしてるはず(笑)
♪切磋琢磨してるんですか~♪の後の最後のジャンですね、ここ。ここ毎回やっちゃう。
大きくなくて、小さく上にちょっと跳ね上げます。

そして2番のエーンド―ブザデーも下向いたまま。
そこからまたサビが激しくリズム、激しくカッティング。
青い照明が合う!!青いテレキャスに合う!!

そしてそして間奏!!!!!
最初はふつうにジャカジャカ弾いてるんだけど、
JENさんがもう両方のシンバルをジャンジャンジャンジャンって叩くとこがあって!(笑)
そこをもう、私の隣にいる色んな人がかわりがわりに真似をするため、私も出来るようになってました(爆)

そしてその後のー!!!!
ジャーンジャカジャンジャカジャンからのジャカジャカジャカジャカがー!!!!!!!!
手の動きがもう激しい!!!手拍子じゃ追いつけない!!!!!
そこからそこからもう、どんどん激しくなってなって!

最後のサビは田原さんも客席を見ながら、リズム取りながら、ギターを弾いてます。
もうここが本当に大好き!!!!!!
弾きながら立ち位置でお客さんを見る曲はこの曲くらいじゃないのかなぁって思うくらいに。

そして最後はチャランチャランっていう音を大事に大事に、
ちょっと前かがみ気味でリズムを取りながら、そして最後の最後、最後まで音を出して出して出して・・・・・

 

 

ダダダ!

で、イノセントワールドのイントロー!!!!!!!!!!
田原さんはそのまま定位置です。
イントロを完璧に弾いたあとは、お客さんを見ながらニヤニヤニヤニヤ(笑)
この曲も見てるか(笑)でもこれはこういう参加型の曲じゃないですか、だからあるけども。
この曲はアリーナからでしたけど、始めの方から前に出てきたのはアリーナの前半だけだったような気がします。

この日も途中出てきたかなぁ・・・。
最後だけだったような。

この曲はもう、田原さんもお客さんの表情とか手拍子とかを見ながらご機嫌なのが本当に嬉しい。
ギターのフレーズ全快で歌っても聴こえないですもんね!周りが盛り上がってるから(笑)
唯一躊躇なく大声で歌える曲(笑)

客席全体が青白い照明で照らされて、もう一体感が半端ないです!!!

そこからの中ケーさんのソロ、そして田原さんのソロ。
桜井さんが田原さんを指してたのは沖縄ではやっぱり立ち位置だったので、そのままだったんですね、ここまで。
田原さんの音も伸びやか。
楽しそう。

そのあとジャカジャカ弾いて、そしてジャーンジャーンジャーンジャーン・・で
最後の最後で出てきたのかも!!!大サビ!!!!

で、またここでもうにっこにこの笑顔でもう、こっちがもう、幸せになっちゃいます、まじで!!!!
前列の人にうなずいたり、遠くを見てたり、お客さんの方しっかり見てくれて。
そしてアウトロのメロディ。

それももう完全に仕上げて、最後のジャッジャジャッジャジャジャッジャジャーまで。
この最後のジャッジャジャーはJENさんの方向いてかも。

 

 

そしてそこから、もう、一気に中ケーさんの方向いてもうー!!!!!
早く動きたいっていうのがもうよく分かる(笑)
そしてそして、もう私は二日間とも中ケーさん側でした、もー!!!!!こっちが昂ぶりすぎてもう
ぎゃーぎゃーなりました、もー!!!!!ぎゃーぎゃーなりました!!!!!

エソラはもう、田原さんまたこの曲でもテンションが高ぶりすぎたのか(笑)
2日目は行ったそばからスタンドの人に手を振ってご挨拶!!!!!
わぁ、手振った―!!!!!!!!!(爆)

もう私のテンションもうなぎ上りです(笑)
もう、ぎゃーぎゃーなる。
あぁ~もう、ぎゃーぎゃーなる(しつこい)

ホントに楽しそうに楽しそうに最初はスタンドの方向いて、そして間奏のところでジャカジャカジャカジャカ弾いて
ちょっと向きかえてアリーナに向かって、そのあとのフレーズを弾いて
また向きはアリーナ側なんだけど、リズム取って、下向きで、
そしてサビに入る前に前を向いて、お客さん見てニコニコニコニコ!
で、サビからはもうジャカジャカ弾きながら田原さんもちょっとギターに目をやって、
そしてお客さんに目をやっての繰り返し!

楽しそうだー!!!!!!!
そして間奏のところで、弾きながら、リズムに合わせながらちょっとずつちょっとずつステージに戻っていきます。
ちょっとずつちょっとずつ・・・・


そして、ちゃんとしっかりメロディを弾くところは止まって、ギターの方見て弾いて。
♪降水確率は上がってる~♪あたりとか。
そのあとも、途中で止まって弾いて、そしてサビ前のあたりから、右側のバミリ部分くらいで弾きだします。

・・・・・あぁぁぁぁ!!!2日目は完全に真正面です!!!!!!!!(><)
しかも近い、肉眼で笑顔も、何もかもが見える場所・・。
田原さんは弾きながらちょっとさっきいた右側を気にして笑ったり、
前列の人たちになんかすごくピンポイントでグッドを送ったり(笑)
もう、なんて自由に楽しんでるんでしょう(笑)

そしてそのままその場所で、そしてちょっとJENさんの方向いて?
んで、最後の最後はもう笑顔で笑顔でお客さんの方向いて、ニコニコニコニコでジャーンまで・・・

 

そしてその場所のまま!!!2日目は本当に真正面のまま!!!!すぐそこに・・・!!!!
Marshmallow dayです!!!
なんか、両足をこう、広げた状態で、ちょっと腰が左右に動くような感じで
田原さんは笑顔で色んな方向に目線が向きながら、手はこう、チャカチャカ動いてる感じ。
上目づかいで笑顔見せたり、ちょっと下むいてにこって笑ったりしながら、ちょっと動いたりしてチャカチャカ。

そして♪まるで~♪のところからはちょっとメロディっぽく弾くのでそれに合わせて体が動いて
サビからまたチャカチャカすごく軽快に弾くんだけど、
そのあとの♪ふくらみ出してる~♪のところはジャカジャカジャカジャカジャカって
ちょっと激しめ。

そしてまたそこからちょっと足を動かして、前に蹴って~後ろに蹴って~
ちょっと腰を左右に動かしてリズム~
♪手に着かない~♪のところはそれに合わせてッジャーって弾いて。

♪君のいない世界を~♪のところは音に合わせて体が動いて
またサビに入ると軽快にチャカチャカ。そして笑顔、もう楽しい楽しい!!!!楽しいー!!!!!!!!!!

♪柔らかな~♪のところもリズムをしっかり取って
♪埋もれて~♪からはさらに軽快!!!!もう、すっごいギター弾いてる動きが軽快!!!!(笑)
ただただ楽しそう!!!!
ニコニコニコニコ、溢れている笑顔はそのままに~

♪チューニングは~♪のところちょっと前かがみなって、トントントンって弾くような感じで。
そのあと、またジャカジャカジャカジャカジャカ弾いて~
からの最後はもう、最大に楽しそうに、そしてたくさんお客さんの方を見て・・・・
笑って笑って~


ジャーンジャーンジャーンジャーン

何度も何度もジャーンジャーンって弾いて、最後JENさんの方を向いて、ギターを上に掲げてジャンジャンジャン・・
そして、一度大きく体を上にあげて!!!!!ジャン!!!!って勢いよく合わせてギター下におろして
ジャンって、もう一度止める!!!!!!!!

ぎゃー!!!!!!!!!

 

そして、田原さんは右側の方に来てくれて、お辞儀して、手を振って
で、自分の立ち位置に戻ってギターを栗原さんに渡して、そしてもう一度左前に出てきて手を振って手を振って
帰っていきましたー!!!!!!!!

「田原さぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!」
2日間とも、もう力いっぱい、思う存分名前を呼ばせて頂きました。

あぁぁあぁぁ・・・もう。

でした。
もう、脱力状態ですね(笑)
でも、沖縄では本当にアンコールの声とならではの指笛がすごく熱かったです。

前も書きましたけど、近くなったときの口の渇きようが半端ない・・・・。
もう心臓がバクバクしてしまいます・・・。

そしてやっと気付いたこと。
ステージの上からの照明で暗天の時の照明かな?オレンジが光るブラックライトがあるようですね。
客席にいるお客さんでオレンジ色だけが浮き上がっていたので。
だからステージのいたるところにオレンジでバミッてあるんだなぁと思いました。
オレンジに反応するっていうのが、もちろん今回のツアーらしいけど。

だから田原さんのマイクスタンドの位置も2重にしてあって、暗天でもちゃんと見える仕様なんですねぇ~。
桜井さんのジャケットの袖の中とか、ドームツアーでブーツにオレンジテープでバミッてあったのは
何か意味があったんでしょうかね・・・・(爆)

ステージの上で暗天中も目立つから?(笑)
分からんけども、相変わらず不思議です(笑)

 

照明がついて、田原さんが出てきます!!!!!
田原さぁぁぁぁぁん!!!!とまた何度も名前を呼びました。

そしてここで、桜井さんが沖縄に9年間来てない間にいくつものツアーをやって。
その時にたくさんやってたんだけど、今回のツアーではあえて外した曲を
ワンコーラスだけだけど・・と。

初日はオレンジのアコギで。
最初のジャーンで・・

「あ、
終わりなき旅だ」と、分かったけど。
そして田原さんは後ろでカントリージェントルマンのままでいたので
多分弾かないだろうなぁ、と思ってたけど案の定弾きませんでした。

田原さんはお客さんの方を見るでもなく、後ろを向くわけでもなく。
小林さんやJENさんたちと顔を見合わせるでもなく、歌うでもなく。
真顔で真剣に聴いてました。
でも場所は小林さんのキーボードの横。

2日目もほとんど同じで。
でも2日目は最初に桜井さんが出てきたときに天頂バスで弾くようのオレンジギターじゃなくて
ブルーフラワーで出てきたので、1曲やるかな?って思ったけど
田原さんはこの日もカントリージェントルマンのままだったので。
多分やらないなぁと思ってたら、やっぱり両日本当にワンコーラスで終わりました。


泣いてる人、多かったなぁぁ・・・・。
今のこのツアーのこの最後に、この曲を田原さんが弾いたらどうなるんだろうなんて思ったりもしたけど。
多分POPSAURUS、去年ともまた違うんだろうなぁって思ったりもしたけど。
それはまた次のお楽しみだなぁって思いました。

 

そして、そのまま!!!!
天頂バスへ!!!!!
もうこれは2日目の衝撃ですよ!!!!
桜井さん、そのまま天頂バスへ突入!!!!ブルーフラワーのままです!!!!びっくりー!!!!!!

そして何よりももう、忘れられないこの時の田原さんの顔ー!!!!!!!!
ホントに、この曲では見たことがないような、桜井さんをちょこちょこ横目で見ながら
ニヤニヤニヤニヤ(笑)
ホントにもう、何度も何度もチラチラチラチラ見て(笑)
何でしょう(笑)

2人でギター弾けてることが楽しいのかなぁ?って思っちゃうくらいに(笑)
桜井さんは普通にアコギで弾いてるところをエレキで弾いてました。
ちょっと不思議な感じはしたけど(笑)えらい重厚なイントロ(笑)
でも田原さんも何か、すごいそれに呼応するじゃないけど(笑)
楽しそう、自分の弾くべき場所を弾いてるって感じがしました。


何かもう、訳分からないんですけど、このまた田原さんのすごく楽しそうな姿に泣けてきて(爆)
もう、だって!!!!!楽しそうなんだもん、すごい楽しめてるんです!!!
そのニヤニヤした表情がもう、忘れられません!!!

田原さんはニヤニヤしながらも、端々のギターを弾いてはガクッと手を冷たく落として。
んで、ジャジャジャジャジャジャジャジャは大きく弾いて、
そこからはもう、激しく激しく、ジャカジャカ鳴らして鳴らして、
♪う~♪のところはジャーンって弾きながらコーラス。
青い照明がいい!

そしてここはそのまま、またギター2本の重厚な間奏(笑)
で、2番もまた端々に出てくる田原さんのギターの音、そして冷たくその都度落とす手。
そこからまたジャカジャカ激しく弾いて
一気に動から静へ。

♪う~♪はここもコーラス。

で、で!でー!!!!!!

いえー!!!!!!!!!!!はもう、初日も、いや、でももう2日目の方が高く高くきれいに上がってて。
でも手の先にはピックを持っているようなそんな手の形。
この姿も大好きだけど、そこから一気に手を振りおろしてジャーンって弾きだす姿のこの
最初のジャーンって弾くところの激しさがたまりません!!!

そのあとはちょっと冷静を取り戻して手をこう、3拍目で後ろに弾いてたりして。
でも激しい。

そこからのまた静。
田原さんも一緒に歌います。
でも、この時の田原さんのコーラスのさりげなさに、ここはコーラスをしてるんじゃなくて
ただ大きく口を開けて歌っているだけなのでは・・?とかも思ったけど。
でもマイクに近づいて歌ってたから、コーラスなんだと思います!多分!!!

コーラス終わりで、ジャーンジャーンジャーンジャーンのソロ。
そこもきっちりいい音で仕上げて・・・
そして最後のコーラス。

♪う~♪から始まって、最後の最後。
♪君もおいでよ♪まで。
しっかり歌ってくれてから、もうイエ―も一緒にマイクに向かって言って!!!!
そこからはもう、ジャカジャカ激しく弾きます。
イエ―はマイクに向かって、そしてジャカジャカ♪発想を~♪のを~のところが後ろに弾くところ。

後半につれてもう、すごい激しく、激しく、熱く熱く・・・・

そこから、最後の最後。
田原さんは最後の音をしっかりしっかり最後、ギターを抱きしめるように最後まで鳴らして。
そこから女性にギターを交換。

ここもホントにドームの時は何も考えずに見てました。
でも忘れもしない福井の初日で、明らかに音の止め方が違ったので、
思わず「えぇ、これずっとやってた?」ってなって。
そのあとも色んな人に確かめてもらったりしてたけど。
福井が多分、特別に違う音が出た状態で締めてたんじゃないのかなぁと思いました。
他の公演は最後の最後まで音を鳴らして・・・

その結果、女性スタッフの方を待たせる場合と待たせない場合と。
そういうことなんだなぁって思いました。
福井初日のこの最後の音も、絶対に忘れません!!

 

 

そこから、スクリーンにHEROという言葉が浮かび上がって・・・歓声。
HEROが始まります。

もうこのイントロ。
このイントロが後半の公演にしがたがって田原さんがどんどんどんどん熱く激しく弾いてるのが印象的です。
真っ赤な照明がまた更にその姿をキレイに映し出してくれます。

この2日間、その表情もちゃんと全部見えたので。
田原さんのすごく険しい表情。口の動き、目をつぶって右側に顔を揺らして
そしてPinkの後半みたいに、ネックを上下動かして、すごく激しく弾くようになったイントロ。
もう、この姿にホントに圧巻。
田原さんからのすごく熱いものを感じます。

イントロが終わって、最後の音をしっかりしっかり最後までちゃんと鳴らして
ゆっくり体勢を戻して。
ちょっと口ずさんでます。

はぁぁぁぁ・・・・・。

そして♪男だ~♪のところから入ってきます。
この時は膝でリズムを取って、音に合わせて体が揺れながら。
その後も田原さんじゃないと奏でられないような音を、体でリズム取って
口がすごく動いてて、顔もすごく揺れてて。

もう、なんか。
その弾きざまに涙が出てきます。

サビが終わって♪差し伸べるよ~♪のあとのターンっていうところは指でこう、ネックを鳴らして伸ばして
そのあとも歌の端々に出てくるギターの音のたびに体が揺れて、顔が揺れて
♪僕の手を握る~♪からも膝でしっかりリズム取って。
口もメロディと共に動いて。

顔の動き方が♪時には~♪の前とかは小刻みに。
そのあとは左右に一拍ずつ。

そして間奏。
激しい表情で、もう、精一杯。力いっぱいに弾いて。
私のすごく好きな不協和音の場所。
これ、CDで弾いてる音しないんですですけど、
そしてSENSEのスタジアムのHEROでも弾いてはいるんですけど
何か・・・なんか、もう全く違ーう!!!!!物足りない!!!!

♪残酷~に♪の時にジャーンって入って、そのあとキーボードとちょっと変な不協和音がして
そこからテレ―レーレーまでが多分CDになくて。
となると、田原さんがまた、アレンジして入れてるのかなぁ~とか。

何か今回のHEROもホントに今回ならではの、もう今までのと全く違うすごく音の厚みが違う
いい意味で重い、いい響き方だなぁと、今でも思います。

そのあとのジャーンジャーンって続くところの表情がもう・・・
もう、本当に涙。泣きました。もー・・・・・。

愛しい~♪の後はジャーンで一度終わって、音が入る前に2拍大きくリズムを体で取って
大サビ。
もうこの大サビももう、本当に・・・
激しい。熱い。それしか書けない自分が本当に情けないですけど。
田原さんの顔を見ながら、田原さんの弾く姿を見ながら、そしてもう最高の音を聴きながら
泣かせて頂きました。

最後の最後まで、田原さんはもう、しっかりしっかり一回のジャーンのあのこう大事さ。
音もしっかり最後まで最後まで奏でて。

 

 

そこから祈りです。
もう、この時は2日間とも面白いくらいに泣いてしまいました・・・・。
もう終わっちゃう、終わっちゃう、その気持ちがもう・・・。

♪このまま 時が止まればって思う♪

って、田原さんも口ずさんでくれてたから。余計に。
もう本当に時が止まればいいのにと、もう・・・。

♪遠い未来を~♪のところから、弾いてはないけどリズム取ってコードを押えてます。
そしてサビのところからギターの音が出てきたときにはもう・・・

田原さんは膝でしっかりリズム取って目つぶって、弾いてます。

そこからの間奏。
田原さんのギターの音がすごくきれいに響きます。
POPSAURUSの最後にやったときよりも確実に厚みのある音で、しっかりしっかり響いてました。

そこから2番はもう田原さんの音が響きまくりです。
田原さんは膝でしっかりリズム取って、顔を動かしながら口も動いてて。
♪顔して見えるのも♪の後のテレーレーのところは顔も合わせて右右左、みたいな感じで動きます。

♪忘れようと~♪のところからまた端々に出てくる音に合わせて顔が動きます。
サビの最初も一回大きく前に顔が動いてから、弾き始め。
音がキレイ。ホントにキレイ。
そのもうキレイさと響きでもう、しかもさようならさようならって言われるからもう・・・
止まりません、もう・・・。


あぁ切ない。切ないー!!!!!!

そのあとの♪君が泣いて笑って~♪のところもギターの響きがすごく目立ってます。
何か、これもPOPSAURUSからそんなに経ってないけど、全然今回の方が好きです。

♪忘れないで~♪のところはメロディに合わせて田原さんの全てが一緒に動きます。
そしてそこからの大サビまでももー!!!!!!
リズム取る体の動き、顔の表情も、顔の動きもすごく激しい。

さようなら~さようなら~って桜井さんに歌ってって言われたけど・・

もう切なくて声が出ない、泣いて泣いて声が出ない・・
そんな状態でした。

最後のアウトロのギターももう本当に最後。
最終日、田原さんの音の最後の最後の音まで、本当に本当に素晴らしかったです。
体中で、顔の表情でも、田原さんも顔で歌うギタリストですよ、ホントに。
そう思えるくらいにもう、素晴らしかったです。

もー!!!!!!

もー!!!!!!!!!!!(><)



 

田原さんは深々とお辞儀をして、栗原さんにギターを渡して、
後ろ向いて手をしっかり拭いて、そして前に出てきます。

2日間とも小林さんは普通で(笑)
普通に手をつないで上にあげて、そしてまた深々とお辞儀。
もう拍手も歓声もすごかったです。

だってもう、本当に、どれだけ拍手を贈っても足りないくらい!!!!!
素晴らしかった、もうー!!!!!!

で、小林さんを送り出して。
田原さんもいっぱい拍手ー!!!!
そこから、田原さんたちはまず左側から挨拶に向かいます。
もう笑顔で、本当にくっちゃくちゃの笑顔でお客さんの方見て、嬉しそうに手を振って。
歓声にこたえるように頷いて、お辞儀して、手を振って。

走る距離でもないから(笑)ゆっくり歩いて(笑)
で、真ん中通って、右側へ。
もう本当に私も全力で全力で田原さんに感謝の気持ちを込めてたっくさん、腹の底から泣き顔ですけど(笑)
泣き声ですけど、名前を呼ばせてもらいました!!!!!!

右側でも田原さんは笑顔で、もうにっこにこで、前の方の人たちの呼びかけ?に応えたり
深々とお辞儀したり、手をいっぱい大きく振ったり。
2日目、私の真正面でも手を振ってくれたので、もう本当に本当にありがとうございましたと、もう・・・。

そして紹介されます。


「ドラム、鈴木英哉!」

私の隣には毎回毎回誰か、このJENさんが好きな人が隣にいます。
今回はまさか、まさか地元の福岡の公演でしかもJENさんの体調不良で延期になるという。

こうやって毎回当たり前に参加してるけど、本当に奇跡に近いことなんだなぁと。
改めて思いました。
九州の公演では深々と本当に謝っている姿が印象的でしたけど
それ以外の公演は本当に、もう、どこへ向かっているんでしょうっていう(爆)
でもそれを、もうきゃっきゃ言いながら(笑)
すごく幸せそうに見ている人たちをたくさん知っているので。

もうそれでいいんだなっていう(笑)
天頂バスの時の後ろで歌詞に合わせてすごい演じている姿とか、
オレンジ×オレンジのまさかの沖縄の衣装チェンジとか(笑)

沖縄では見れなかったけど、イミテーションの窓の時のJENさんのエンターテイナーな姿も。
綿棒とかスティックとか鼻に入れたりなめたり(笑)
そんな姿も。

ありがとうございました(笑)
色んな姿が見れた今回のツアーでした。
これからも体調管理はしっかり、健康第一田原健一で、しびれるドラムをお願いします。
半年間本当にお疲れ様でした。


「ベース 中川敬輔!」

もう、本当に本当に本当にごめんなさい!!!(><)
中ケーさんに至っては半年間、本当に記憶にあるのはあの髪型と(仲間内では野口五郎)
私が省エネスーツと言ってしまった、7分袖をまくっているジャケットの姿・・

いや、しかし!
徳島のメンバー紹介で、赤コーナー!の紹介をされたときに
手を挙げて応えた姿も忘れません!!
そしてもう、そのあと顔が真っ赤になっていたのも忘れません(笑)

田原さんがコーラスしたり、喋ったりですごく見せ場が多かったので
次は中ケーさんがこんな大役を仰せつかってるところを見てみたいです。

こんなんでホントにごめんなさい(><)
中ケーさんだらけのレポが読めるのを私は楽しみにしています!!!
でも、ベースはホント、もう・・・ホントにもう・・・・・・

半年間、お疲れ様でした!!!!


「ギター、田原健一!!!」

まずはもう、ありったけの気持ちを込めて。
感謝、大好き、もう、なんか分からないけど、ひたすらに気持ちを込めて名前を呼びました。
田原さんも笑顔で歓声にこたえてくれて、たくさん手を振ってくれました。


もう、田原さんに関してはこの上に書いたものも全てなんですけど(笑)
最後に書きます・・・。長い・・・。(まだ書くのか・・)


そして・・
「ボーカル、桜井和寿でしたー!」

お疲れ様でした、半年。
何かもう、相変わらずたくさん楽しませてもらいました(笑)本当にごめんなさい(笑)
でも、何か、なんだろう。親しみやすいですよね・・ん?(笑)

こう、完璧じゃないっていうか・・・あれ?(笑)
(もう桜井さん好きな方、怒らないでください。その前に読んでないかな・・・?)

その、オレンジテープを衣装にバミリ出すとか。
もうサッカー選手かっていう踊りとか(笑)
自分の歌詞をお客さんに歌わせて、それに答えちゃったり(笑)
(♪またどこかで会えるといいな~♪→僕もそう思う!とか)

何かもう意味不明なことを言ってみたり(福岡振替初日)
いきなり五木ひろしやってみたり(笑)

何かもっといっぱいあるたびに突っ込んでたけど(笑)
なんかかっこよすぎない・・・・・・・そんな姿が・・・・・あら?(爆)


昔と本当に変わりましたよね。楽しそう(笑)本当に(笑)
なんか、その楽しそうなのが、表れすぎてて面白いというか(爆)
もうテンション高すぎて、かっこいいこともかっこよく決まらないというか(笑)

すごく、人間味のある人になったなぁっていう・・・。
楽しそうだなぁっていう。

でもその桜井さんのすごい、びっくりするくらいのテンションが
田原さんにも伝染して、むしろボーカルのはっちゃけ具合がすごすぎて(爆)
田原さんももう、ちょっとやそっと何しても目立たないっていう安心感?(笑)

いや、でもすごく、今の桜井さんは、好き、です(爆)←笑うとこじゃない
人間として、面白い(笑)

今回のツアーでPiecesを歌ってくれたこと。あの歌を作ってくれたことを本当に感謝します。
・・なのにアリーナ福岡2日目歌わないし(笑)
いや、でも。
桜井さんが声が出辛くても、あのメンバーのすごく気合いの入った演奏が聴けたことはすごい良かったです。
でも、やっぱり、桜井さんの歌があってのMr.Childrenの曲なので。

調子のいい時にはかないませんけど!
でも、助けられたでしょ???(笑)・・ですよね??(笑)

もう、ホントにごめんなさい(笑)
半年間、お疲れ様でした。いつも素敵な歌と曲をありがとうございます。
田原さんに素敵な曲を、本当にありがとうございます。

「気を付けて帰ってください!」って桜井さんの言葉に田原さんも頷いて。
田原さんも最後の最後まで笑顔で、そしてもう何度も何度も手を振ってくれました。
左前でも手を振って手を振って、お辞儀して、そして帰っていきました。

最後はJENさん。
ハッピーソングを歌―おーよー!で歌に合わせて踊ってくれて(笑)
そのあとも2日目はスタッフさんに向けてなんかずっと踊って踊って(笑)
で、ドラムの後ろにいたスタッフさんと握手をしてから、帰って行ってくれました。

 

はぁあぁぁぁぁぁぁ。

 

でももう、この2日目。
終わったあとも、拍手が鳴りやみません。
そして会場で流れているHappySongに合わせてみんなで手拍子して、みんなで歌って。
帰らない人ばっかり!!!!

またその姿にすごいもう、ワンワン泣いてしまいました・・・。
最後の最後、♪ハッピーソングをうたーおーよー♪まで大合唱!!!!
歌ったあとに、もう割れんばかりの拍手、ありがとー!!!!っていう歓声も。
もう・・・小さい会場で、最終日で、沖縄で、ならではなのかもしれませんけど。

きっと、聴こえてただろうなぁって思うと。
何かもう・・・。
スタッフさんたちが片づけはじめてるときだったし。
もうなんか・・そこまで全てが最高のライブ、最高の最終日、最高のツアーでした!!!!



もう、よく泣いた!!!!!もう、こんなにMr.Childrenのライブで泣いたのは初めてです!!!

私に色んな人の想いがもう乗り移って、もうなんか・・・・たまりませんでした。

 

田原さん
何は無くとも、もう、こんな日が来るなんて、もうそれが全てです。


もうなんか・・・田原さんにとってこのツアーがどんなものだったのか。
コーラスをした経緯とか、MCで話す経緯とかそれも聞いてみたい気はするけど
でももう、そこじゃなくて。

そういう心境でいれたこと、やってくれたこと、もう何かもう、それがもうただただ
こんな日が来るなんて、です。
上手く言えないけど、散々語ったんだけど(笑)

田原さんが好きでよかった。


毎回言ってますけど、これを毎回言えるのもすごいことなんだと、ホントに思います。


ただただ、もう、本当に全ての曲において
「前の方が良かった」と思ったことは今回のツアーで一回も一度も一曲もなかったです。

どの曲も、今回のが一番、もう前のは物足りない、そういう状態。
田原さんのギターが聴こえなかったとか、そういう不満もほぼなし!
というかもう、なし!!!

どこにいても、田原さんが見えなくても、音だけでも。
こんなに楽しめたツアーはありませんでした。

田原さんの今までで一番の姿をたっくさん見れた気がします。
田原さんの最高の音をたくさん聴けました。
もうそれが十分、それが一番。

私の中で終末のコンフィデンスソングスツアーを超えるものはしばらくないかなって思ってたけど。
夢中でした。
あの時みたいに。
もうひたすら田原さんの音に夢中になれました。

そんなツアー。

半年間本当にお疲れ様でした。

田原さんの周りにいる、桜井さん、JENさん、中ケーさん、小林さん。
栗原さん、そして女性スタッフの方。
ツアーに関わったスタッフ全ての皆様。

家族の皆様。

田原さんがこれだけライブを楽しめる状態でいれるのも
本当に田原さんの周りにいてくれる方が笑顔で元気でいてくれるからだと本当に思います。
本当に本当に心から感謝。


そして私の周りにいる、お仲間さん、ツイッターで知り合った方々、
夜散やブログを見てくださっている方々、レポを読んでくださってる方々、
もう全ての人にも心から感謝いたします。
今回は初めて会えた方も本当に多かったので、とても実りあるツアーになりました、

私にとっても。本当に嬉しかったです。

 

こんな幸せな楽しい半年になったのは
そういう一つ一つの奇跡の積み重なりだと思います。

最後の最後で長く長くなってしまった、もう全く読む人のこと考えてないレポになりましたが
半年間本当にありがとうございました。

これにて、Mr.Children【(an imitation)blood orange】ツアーの
田原さんばかりの私のレポは全て終了です!!!

田原さん、本当にお疲れ様でした!

もう。ただただ、田原さんが好きで本当に良かったです!!!

こんな日が来るなんて、本当にもうホントにもう、すごい!!!

大好きです!!!!ありがとうございました!!!!!

 

以上!