夜の散歩をしないかね

超主観的 5月7日 名古屋日本ガイシホール


まずは語りたいのです。右側の良さを。中ケーさん側から見る田原さんの良さを。
田原さん側になれば本当にそれは安心、安定。近かったらより田原さんが近くにいるので、安定の左。
でもだからと言って、左ばっかりが良いわけじゃないと、私はこのツアーで本当に心の底からそう思っております。
もちろん超主観です・・・。
もし、ちょっと左とちょっと右、もし中心からずれるのであれば、
どっちを選ぶかとなれば、今は多分右と答えると思います。
なぜならば、田原さんの弾いてる表情と、その手元が全部見えるからです!
何ならば、田原さんと向かい合っているような、そんな気にもなるのです・・・・!!!!!!(><)

田原さんはもちろん右利きなので、桜井さん側に自然と向くことが多いです。
なので、左から見ると後頭部、後姿、になる恐れが多い。私も何度となく、この角度から見てきました。
しかし!右側から見たら、それはそれは桜井さんに中ケーさん、または田原さんの後ろから光る照明によって
それはそれは阻まれることは多々、ありますが!!!!!!

一番は表情ですね。
本当にもう、全て丸見えです。目の動き、口の動き、髪の毛の揺れ、そこから通しての音、手の動き。
そういうものが感じれる、右側。捨てたもんじゃないです、本当に!!!
もし田原さんが好きで、でも中ケーさん側のチケット!ってなっても、それはそれで全然楽しめると思いました。

名古屋での私は後ろから何列目っていうくらいに本当に後ろでしたが、
幸い阻まれるものがなく、もうきっちりこの表情、抑えさせていただきました。
親友の手によって、ですが・・・・(笑)

過去と未来と交信する男
あ、意外と最後尾に近くても大丈夫かも(笑)っていう、これが最初でした。
双眼鏡をのぞいても最初は照明がちゃんと当たっていないので、田原さんがちゃんと分かるまで時間がかかります。
周りではずっとじゃなくて、何かの拍子できゃー!!!きゃー!!!!と声。
きっと、桜井さんの顔が見える度?なのかな??
その度に若干田原さんのギターが掻き消されて切ないです(笑)
オレンジ色の照明が2番あたりから映えて、田原さんが弾いてる姿、リズム取ってる姿もすごく分かるんだけど
まだ表情までは分からず。
そして、途中のキメ!みたいなところで、黄色と白い照明でガンガン照らされて、
最後の大サビで姿が見えたー!!!!みたいな(笑)

田原さん、ちょっと髪切った??
これが第一印象。衣装は変わってません。そして白のインナーがだいぶ上に上がってきたなぁ(笑)
中ケーさんのちょっと外側から見てるので、ありがたいことに表情ばっかりで、
後ろ髪がまだよく分からなかったんですけど。
なんか、後ろがすっきり。そして全体のボリュームも和歌山より小さ目?とか・・・・

田原さんは膝でリズムと取りながら、ジャーンジャーンと、その度にピックを持っている指先のまま
少し小さ目の円を描きながら弾いていきます。
最後の最後は、田原さんのギター、そして全力で持ってって、
最後前かがみになって締める・・・・ところでもいいところで悲鳴。
桜井さんが落ちたんですな。
いいの弾いてるんだけどなぁ~もったいない!!!(><)

LOVEはじめました
この時、襟足をやっとちゃんと確認出来ました。やっぱり短くなってる?なんか、おさまりよくなってない??
そして、桜井さんが多分右側でがーっと出てきたときに田原さんは若干左へ出ます。
この時の田原さんは相変わらずノリノリでした。けど、ホントになんか、これぞ曲に深く入り込んでるっていう感じで。
なんか、頭も左右に振ったりとかして、本当に激しい。
弾いてるギターの音はずーっと繰り返しなんだけど、なんかホント、後半にしたがって「<」っていうマークが似合う。
そして、やっぱりあの小林さんのキーボードの時!!!
桜井さんが、なんかすごい舞を踊っているときですが、この時の田原さん!!!!
田原さんもその桜井さんの舞に踊らされてしまうのか、小林さんのキーボードに触発されてしまうのか
ホントに、ステップ踏んで、ネックを上に下に、頭も左右に振って本当にかっこいい!!!!!(><)

それが終わるとまたいつものリフを弾きにちょっと前へ。この時はおとなしめ。
そしてまた最後で一気にがーっとがーっと弾いて弾いて、最後のドラムのところでちょっとまたポローンと弾いて・・・・


Worlds end
ジャカジャーン!!と、このいきなり始まる感じ、良いですね~。
正直、サビのところの照明がもここまでで一番とってもくっきり白いスポットに照らされて
もう双眼鏡で見るには一番です(笑)
膝で激しくリズム取って、目はずっとつぶってるのか下向いてるまま。
サビで、若干右右、左左って体が動いてるのがまたいい。膝の向きかな。
ソロも伸びやかでいいです。ソロ最後、てれてれれれれれれーんのところで指をこう、
つまんでそして音を響かせるために細かく肘ごと動く。
最後JENさんがすごくよいドラムをたたいてるときはギター交換中。
でもこれも、ホント今までとなんか、勢いが全然違うなぁ~ってやっぱり思いますし、飽きない。まさにそれ。

NOT FOUND
表情がすごい!入り込みまくりで髪も乱れまくり。
口もおーってなってました。ノッファーンノッファーンのところ(?)のジャカジャカ弾くところ。
そしてそのあとのオーノッファーンのところも!!!
この時はもう髪も全体的に浮いて、眉毛も見えた。
顔もどちらかというと、右に右に動く、首が。途中途中のギューンも本当に全て激しくて、
そのあとの鐘と同じタイミングでジャーンっていうまたそれも力強い。
♪あぁ~ど~♪のど~の時のジャーンとかはもう口で完全にギュイーンって言ってましたし、もちろん他も。
すごい。♪頼って~♪のところの、音止めるところの手も激しい。グッと止める。
んでまたそのあとの最初の音の勢いのすごさ!!!!
もう、双眼鏡を持つ私の手汗が半端ないくらいに。
本当にかっこいい。

―MC―
ちゃんとお辞儀してました。
前から見ると、やっぱりエフェクター?の上に足を乗せると、若干左足の膝が内を向いている気がします。
内容が全く思い出せず。


花言葉
サビのところのカッティングと指の動き君がくれた~のところからの音がよい。
テッテレッレレレ~(もう擬音語がひどすぎる)
そのあとのテレレ~で、サビ、木漏れ日がーのところはちょっと激しめ。
この時もギュイーンギュイーンの繰り返し。
最後の最後の田原さんの、ホント田原さんの音!!っていう音がジャーンのジャーンまでなるところ。
なんか、イメージ円を描いているようなメロディなんですが、それがすごく分かるのが好きです。
すごく雰囲気に合ってる。

やわらかい風
最初のギター、最後のギター、やわらかいリズムの取り方。
ちょっと跳ねるような、そんな取り方。

抱きしめたい
1番ほぼ見えず。で、1番のサビの前からちょっとリズムとって出てくる。サビのジャジャジャジャから入る。
ジャーン、そして2番ですごくリズム。首が動いて、歌終わりでギターが入って。
そのあと低い音でベースとユニゾン。そのあとは、テレレテレレとメロディと一緒に体が動く。
レのときにもう一拍休みがあるような。
テレレレレレは体ごと。ホントに動いてるのはきっと田原さんのファンの人だけだと思うくらいに(笑)
最後はジャーン。テレレレテレレレ体をちょっと揺らしながら。抱きしめたい~の後はぎゅーんが入る。
最後の僕が~そばに~いるから~のところもジャンジャンジャーンで、テレレテレレ・・・。
(これ、ただ弾いてるところを説明してるだけの気がしますが・・・)

―MC―
田原さん、いきなりペットボトルの水?がぶ飲む。まだ飲む?まだ飲む?みたいな。
粉はいつものように。そして手をもみもみ、拭いた後はずーっとずーっと練習。
桜井さん、長い・・・。
Surrenderの説明の方のMCでした。歌いもしたっけ?そのあとにこの何とかの曲とは違うところが。
「コーラスワークがいい」みたいな。ハードル上げバージョンですね。

Surrender
やっぱあの、アコギを桜井さんが弾いてるときの田原さんが桜井さんの方向いて立ってるのがすごくいい。
そして照明がオレンジ色、夕日みたいな色で、また光が出てるところが両サイドなんですよね、確か。
確実に田原さんの後ろから射してるんですけど。
だから、あれ、中ケーさん側から見ると、始まる前は田原さんの後ろから光が射してる感じがして本当に好きです。
だし、あのオレンジの照明、若干ぐるぐるとまわっていて、その光の先がすごくきれいで、本当に入り込めます。

田原さん・・・若干声出にくそう??と思いました。でもコーラスは本当にスタンドとアリーナでも聴こえ方が違うし
前と後ろでも違うと思うので分かりませんが、久々になんか、ちょっと出てない?と思いました。

ギターは言わずもがなで、毎回毎回やっぱり前半は違いますね。
あの間も、ちょっとした最後の方の音の鳴り方も本当に毎回違います。
後半のギターと下のパートの方はすごくもう慣れているなぁ~って感じがしました。
完璧でした。
確かどっかで、体動かし過ぎてマイクスタンドが揺れたってところもあったけど(書いたかな?)
全然もう、そんな動きもなく、激しく動きはするんだけど、もう、完璧です。
本当に最後の最後、小林さんの弾くストリングスの音でジャーンって終わるまで音を少しだけ鳴らしていて、
終わったあとに、深々とお辞儀する姿に拍手喝采。素晴らしい。


Pink~奇妙な夢
かっこよかったです。もうこの名古屋で本当にさらに惚れました。もう天頂バスの次に好きです、このツアーで。
入り込んで弾く、さらにもう力強い動き、それが本当に後半「<」こうなっていく姿にもう、ホントにやられます。
最初は普通に。でももう、音がいい。渋い。歪み方いい。ジャーンの時は口も動く。
もう一緒にギターを歌っているかのような、ホントに動く。
今日は満月~の後のテ―レーレレレレって音がこう、ちょっとねじれるようなところ好き
(分かりにくいにもほどがありますね・・・)
壊してよ~のところはちょっとジャーンって弾いたあと静止する。しかもちょっと前傾・・・。
で、激しくなるところはJENさんの方向いて、前かがみでスタンバイ。
そしてジャジャジャジャでジャーンジャーンでもうそこからものすごい激しい!
♪くれ~るよ~♪の後の音とか、ホントここもかっこいいし、ネック上にあげてたりして激しい。
で、最後またジャンジャーンジャーンで口動く。で、最後もジャーンで静止。

常套句
1番歌ってる?でも愛してますのところは言ってない気がします。そう、隔たりの時もそうだった。
2番からのギターが本当にいい。ただ、もうリズムはすごく激しい。
美しくて~のあとのテレテレレ~のところの体の動かし方、
そのあとのジャンジャンってなる、そのこう、メリハリ。首の動きもメリハリ。
最後の何していますの時の静止してるのがまた・・・・・逆に余韻というか。
何か、その静かな部分までがもう・・・伝わってきます。そして深々とお辞儀。

CENTER OF UNIVERSE
最初弾いてるかは分からず。もう弾いてそうだけど??
ちょっとラフな感じにジャカジャカ弾いてるのがいいのに全くの暗闇。もったいない。
そのあとからテーレーレーで出てきて、そのあともジャジャジャーンテレレレジャジャジャーンジャ!
止めるのいい。ここの止め方大好き(笑)
ギューンもよい音出てる。激しくなるけど最初は普通のカッティング、
で、そこからワウがあってこのワウのもうソロみたいなところの音!!
激しい~ギュイーンギュイーン!!!!!!あぁぁぁー!!!サビに入って、サビもワウ。
サビに入って、サビもワウ。一度激しくなるところで出てってジャカジャカ弾いて、飛ぶように戻って行ってワウ。
そう言えばワウも使うこと少なくなってるし、ボトルネックもそうだけど、E-BOWも。
ホント、音がシンプルになっていってるんだなぁ~って思いました。
でもなんか、そんなのなくても全然伝わってくるすごい音が出てきてますけどー!!!!


擬態
イントロ終わって、弾かない。私も待つ。そのままずっとリズムだけ、途中から高い音で入る。
後半、前に出てきてましたよね?

fanfare
あの横振りが微妙。
黄色いスポットと赤が混ざった中で田原さんがあのリフを弾き始めるときの感じが大好きなのに、
なんか桜井さんが煽る・・・。
田原さんは弾きながら左へ。左へ。若干左過ぎると私の視界から見切れる(笑)
でも、左でスポット浴びながらかっくいいのを弾いてました!が、何かもう~横に手が~!!!!!!!
桜井さんが左に行くと田原さん側の人たちもすごいことになるので、左に行かないでと思ってしまうくらいに(笑)
そして田原さんは左の端で、ギターのリフをかっこよく決めて、歌う!!満面の笑み!!!
途中には歌ってる人たちを見てうんうん頷いて、そこから弾き出して、
そのあとのジャーンで手をちょっと上にあげてジャジャジャジャジャーでサビ。
終わるまでずーっと左、左、左でー!!!!もう暗天されすぎて、最後のグッドやったかどうかは見れなかった!!

―MC―
メンバー紹介です。
小林さん→JENさんドラムだけ。
JENさん→なんか変顔。
中ケーさん→やっぱりエコーかかりまくり(笑)そしてもう小林さんとJENさんの奏でる曲のすごさ!!!
田原さん→さすがにエコーかからず。中ケーさんの時は「低音の~」とかでもう音が被ってたけど
田原さんの時はちゃんと「響きと音の求道者」っていうのまで聴こえてから音を出すっていう。
ありがとうございます。

そして桜井さんの紹介ですが、今回は見えました。
やっぱりMC始まるときに後ろから持ってきて置いてました(笑)まだ!?
でももう見てないけど。
だし、この日の名古屋での紹介はすごく気持ち?なんか一言一言の表現力?
何か、なんていうんでしょう。かみしめて言ってる?
「誰よりも~、音楽を、愛する天才。桜井和寿!」みたいな。
何か棒読みじゃなくて、ちゃんと句読点が付きました、みたいな。
なんか、なんか一番良かったです(笑)

で、そこからイミテーションの窓、恒例のJENさんのコーナー。
今日は最初は小林さんはおらず。
田原さん一人で・・・・・・・あ、見てない?(爆)
ちょこちょこ見てたけど、後は普通に練習してました(笑)
和歌山のあの拍手はなんだったんだろう(爆)ホントにもうつられて?
そして、花火あたりかな?小林さんが出てきて、田原さんに話しかける。話す。笑う・・・・。
そして2人で見る、みたいな。
和歌山よりは短くなってましたね。
そしてイミテーションの窓に映るガイシはガイシではなくかJR笠寺駅でしたね。


イミテーションの木
最初の黄色い照明を浴びて弾いてる音が本当にやわらかくて田原さんの音で、
そして弾き方も優しくてギターを抱きしめてるような。
サビ前のジャンはもう手をちょっと伸ばすくらいの。
大サビ前のところ、ジャジャジャジャジャジャが若干長くて、そのあとジャカジャーンのジャーンだけちょっと長め。
でもそのあとはもう前みたいに、手をグッとあげたり、手を長くのばしたりとかせず、ちょっと伸ばすくらいでした。
最後の最後、緑いっぱいの背景の中で、またスポットを浴びて田原さんの優しい音で最後、終わります。

pieces
若干真ん中寄りです。
最初はホントに前屈みで一音一音大事に大事に弾いてるんだけど、本当にCDよりもギターが大きい。
びっくりするくらいに大きい。真ん中に向いて弾いてるっていうことは、本当にこれこそ向い合せなのです。
♪こーこにいる~♪の後のジャカジャーンの後の、
音が上がっていくところの膝でリズム取るから体ごとガシガシ動く感じ。 ホントに力強いです。
そのあとの、ネックを指がこう上に上がっていく感じ、それに合わせて膝でリズムを取って、ジャカジャカ弾いてて
また本当に何度も言いますけどCDとは比べものにならないくらいに音が大きい!!!
もう、ピンクの照明に映えてすごく田原さんの音も優しいんだけど、ありがたいくらいに音が大きい!!!
私がすごく好きな、ストリングスの音がする間奏のところとか、あれも武史さんなんだろうけど、
それを全然感じさせないくらいに、またネックを指が上がっていって、首が左右に動いて、膝でリズム取って・・・
その動きの激しさに比例して音がいい。でかい!!消えない!!!

なんか、色んなところでこの曲、すごく名古屋のが良かったっていう感想を見ました。
毎回音は同じくらいに大きいんだけど、これもギターの音、
どんどん良くなっていくし、やっぱりなんか大きいのが嬉しい!

田原さんは最後の音が鳴っているときにはギター交換中。


happy song
和歌山の時にも書いたけど、田原さんこの曲では対してハッピーな感じじゃありません(笑)
桜井さんが何か軽快にステップとか踏んだりしてるらしいですが、田原さんは真剣です!!!
田原さん、この曲ホントになんか、小技が入りまくりというか・・・
最初のギュルンギュルンっていう(ひどいな)それを弾いて、そこからのギューンとか。
もうなんか色んなことしなきゃいけないから、ホントに真顔で直立で、
膝でリズム取ってそれをこなしているっていう感じです。
お客さんがおっおって言ってるけど、それを見ることもなく、普通に弾いてます。
大サビ前のギューンギューンギューンがもう、今までになく聴こえてしかも音が良かった!!
ホント、あの音毎回書くの忘れてるけどすごくいい。激しい。
苦手だったとは全く思わない。
(ギューンがそこそこでもう一生懸命で見てなさすぎる←翌日に殴り打ってましたが、何のことか覚えてません。)

hypnosis
久々にちゃんと表情が最初から最後まで見えた曲。口の動き方がすごい。入り込んでる。
ぎゅーんぎゅーん(←これも覚えてません)
赤い照明と、やっぱりどうしてもこの曲はネックを持ってる左手の肘の動きを見てしまいます。
あ、でもギューンギューンはその要所要所に入るグリッサンドですね。
っていうか、こう書くと田原さんすごく多いですね、この弾き方。
上から下、とか、一気に下から上行ってからの下とかありますが(手の動き方)なんかどれも多い。
でも音はしっかり伝わるし、曲ごとにちょっとずつ違うし好きです。
本当に久々に、この曲の口の動きを全部見ました。見てると・・・もう引き込まれます。素晴らしかった・・・・。

End of the day
コーラスありでも最初のエーンド―ブザーデ―イだけ。
最初のイントロ弾き終わったあとの、若干のお休み。リズム取るだけ、
んでコーラスやってリズム取り始めてはい!って入る感じ。
♪しまった~♪のあとのジャジャーンのジャーンのところは、ちょっと弾く手を上にあげてるような感じ。
その後のコーラスはやってなくて、ただ弾いてるだけ。
サビのとことかは、もうリズム取るのがすごく激しくて膝と首の動きがすごい!!
大サビ前のところのジャカジャカジャカジャカジャーン激しいー!!!!
そして今回も、最後は前をちゃんと向いてくれる。
お客さんが歌うエーンドーブザデーイのところを見ながら弾いてる感じ。
これ!これ!この余裕!これがやはり嬉しい。そして向い合せで嬉しい。目が合いそう。(双眼鏡越し)

innocent world
間髪入れずにイントロ!!!歓声がすごいんだけど、
あのパンパパンの拍手もすごい・・・・桜井さんがやっちゃったわぁ・・。
田原さんはあれは笑顔なのか、なんか可笑しいのか、一生懸命パンパンやってるお客さん見て笑ってました(笑)
前に出てきてないと思います。定位置のまま?後半前に出てきたような。でも左ちょっと前。
ソロの部分もラストのアウトロもすごく良かったし、楽しそう!!

しかし歌わせる部分が長いのと、なんか途中♪またどこかで会えるといいな~♪っていうお客さんが歌ったところに
「僕もそう思う!」って桜井さんが感想を述べた?ところがあって(爆)
耳で聴きながらもものすごくおかしくなってしまいました・・・。まぁね、そうね。絶好調ですね(笑)

エソラ
この最初のパッパパパパッパパーのところを、JENさんがスクリーンででかでかとパッパって歌ってるのが出てきて
それに合わせて隣3人で大声でパッパ言ってたのが微笑ましかったです(笑)(すごい声だったけど)
田原さんはそのパッパの時にちょっとウインウイン言わせながらギターを弾いて、
んでパッパになってからいきなりがーっと!
右へダッシュ!!このこう、勢いよく出ていくところがすごく素敵♪
そして出ました、すぐにグッドー!!!!!あぁぁぁぁ~楽しそうだ~!!!!!早い。

素晴らしい今日の右側の方々♪
でも和歌山の方がお客さんの方は見てた気がしました。本当に。
いつも通り最初はスタンドに向かって、2番から真正面向かって、
そして2番の頭のテレ―レレ~の後まで引き終わってから
真ん中に向かって歩き出します。
この時もお客さんの方うんうん頷きながら見てて、あぁ、本当に楽しそう。微笑ましい。

で、最後はJENさんの方向いて、そしてそのまま真正面向いて・・・っていう右のまま終了。

Marshmallow day
和歌山ではなんと、最初にカウントを取ってたらしい!私は見えてなかった!!
素晴らしい、その絶好調感!!!!
今日も見えてないけどどうだったんだろう?やってましたか???
足の重心を左右にずらして、軽くチャカチャカ弾いてるところがホントなんか、

もうマジでギタリスト!っていう感じで本当に貴重で楽しい。
笑顔満開!でも、♪まるで~♪のところからはちょっとメロディなので、ちょっと動くのお休み、ひざでリズム。
そしてまたジャーンギューウーンのところからジャカジャカ復活!!!

リズムに合わせて軽快に弾く感じがホントによいです♪
初めて聴いたのはもう去年のapになるけど、もう全然別もんですね~。本当に楽しそう。みんなの曲!って感じ。

田原さんは右のステージの端っこのちょい前くらいで、JENさんの方見ながらジャカジャカ弾いて
そして一気にジャンで終了。笑顔でニコニコしながら手を挙げて、お辞儀して、そしてギターを栗原さんに渡して
で、手を何度か振って、一礼して、そして帰っていきました。

この日は本当に60何列でも、隣にいる3人が激しく名前を叫ぶため私も興奮してもう、久々に何度も呼びました!!



天頂バス
桜井さんのMCのぎゃーぎゃー言う声(失礼)に笑顔でうんうん頷くような、これはここじゃなかったかなぁ??
田原さんはやっぱりこの曲、本当に私的には一番の見どころ、聴きどころです!!!
最初のホントに肘が特徴なギュルンって言う音もそうだし、ちょっとそれをラフな感じに弾くところとか。
すぐダランと落とす手。
そして♪う~♪のところは全部、全部コーラスになりました。

やっぱり最初のイエ―イ!!!のところ!!!!!
ピックを握ったまま、上にあげる手の形が好き。他も激しい!!!!リズムも激しい!!!
コーラスも素晴らしい。イエ―イも激しい!!!

後半はイエ―イもマイクに向かって言ってるし、でも手は上げてないんだけど。
でもこう、カッティングする手の動きが大きいというか、これもだんだんなんか、激しくなってるし、ノリノリだし。

そして私の一番の確認どころ!!
何かやっと分かったと思いました。この後のところ、最後の音をどこまで伸ばしているか、みたい、多分。
福井はきっと、その音がとっても長くて、しかも最後にギューンってなんか、

ちょっと違った音が出たから気付いたんだと思います。
だから、天頂バスのギターの音の最後がどんな決め方か、だったみたいです。
その長さによってお姉さんを待たせたりするときもあるし、

そこまで音が伸びてない日もあって、その日はそのままギター交換。
この日も普通にキューン・・・・・・ギュンってなってました。
なんか、すっきり。
多分、そう、な、気が、する、きっと・・・・・。(不安)

HERO
赤い照明がいい。最初のこれも口の動きがすごいです、もうすごく険しい。
目も空いてるんだろうけど・・・分からない。
歌が始まってしばらくはそのまま、リズムも取らず。歌ってる・・・かは分からなかったです。
これも、なんか、ずっと忘れてて書いてなかったけど、後半の・・・
♪残酷~にす~ぎる~♪の後の田原さんのギターの音、なんか、この辺全体的になんですが、不協和音のような。
音が外れているような感覚になってしまう場所があって。キーボードのせいなのかなんなのか(人のせい)
でもそのあとの♪テレ―レーレー♪って上がっていくギターのところでまたこう、一気に戻って
膝でリズム取っていくのが激しくなって、んでジャーンからの大サビ!っていう、この流れがすごく好きです。
んで、その大サビに入る前に2拍くらい弾いてないけど、入るために空白のリズム取りみたいなところも含めて
もうすべてが、ひたすらに一生懸命っていう。

なんか、どんだけ演奏したの?っていうくらいなんですけどね。
何だろう。慣れとか、何か、そういうものをいい意味で感じない。毎回毎回一生懸命で入り込んでて。
もちろん歌の世界もあるけど、本当に一生懸命。必死に伝えようとしているのが毎回分かります。
ホントにすごい。

祈り~涙の軌道
最初歌ってるよねぇ?と思いました。
何か、これも出たときは「またこういうアレンジか」って思っていたんだけど本当にその時の自分を殴りたいくらいに。
もう今は、震えてしまうくらい、本当に素晴らしいギターの音だなぁって思います。
一番のサビから田原さんは入ってくるんだけど、そのあとの間奏の田原さんのリズムの取り方の激しさ。
そして2番の田原さんはこの曲の時の表情もすごく険しくて、

口もギターをそのまま歌っているような、そんな感じに思えました。
何か見てるだけで切なくなってきてしまいました・・・・。

♪忘れようと~♪のとこからも田原さんのギターのリズムを取ってる感じと、首の動き。
それと音がすごく連動して、やっぱ、この曲はただのバラードじゃないのです。本当に。
何か、バラードだからと言って、なんか全く何も「えー」とか思わない。

むしろこうやって田原さんのホントに神髄みたいな音が聴ける気がします。
そういうギターの存在感がものすごく出てる、すごい切ない曲だなぁ・・と。

最後の最後、大サビ前の静かなところの音もすごいいいですし、
ここでもちょっとだけ大サビに入るところの2拍くらいの膝のリズムがすごく目立ちます。
で、最後の最後で白の照明がぐわーってお客さんの方向いて、もうステージ全体がすっごい青と白の照明で
更にまた、もう、ものすごく見やすい。普通の視界のような感覚になるのです。すごく近く感じる。
その状態で弾いてくれる最後のギターの音が本当によく響く・・・。

で、最後の最後までしっかりしっかり音を弾いて・・・・・終了。

 



ギターを栗原さんに渡して、最後の最後までしっかり手の汗拭いて、口のところ拭いて
で、出てきて、手をつないでお辞儀。
やっぱり小林さんとはなんか話してるなぁ~。起き上がったときも笑顔でございました~。
で、それから拍手で小林さんの見送り。
そこから左に挨拶行って~、右に挨拶行って~でした。
ニコニコ、笑顔、何度も何度も手を振って、右手~左手~んで、お辞儀してくれて。
で、真ん中に来て、紹介。

JENさん→中ケーさん→田原さんの順番。
田原さん笑顔だった~♪もうなんかもう、ホントにこの日はちゃんと後ろでも伝わった、表情も全て堪能して
更にもう、JENさんのところで隣3人が大爆発してたから、私も一人で感謝の気持ちと大好きな気持ちをもう
たっくさん声に出して放出してきました(笑)

あ、で、桜井さんが紹介されて、みんなでばいばーいみたいな。
この時桜井さんが言うことに田原さんはすっごい頷いてくれてるので、ホントに桜井さんの言葉が入ってきます(爆)
でもなんて言ってたかは忘れたけど、田原さんも笑顔でありがとうって言ってくれてました。

帰るのは一番だけど、それでももう、最後の最後まで右手~左手~両手~とかいろいろやって
田原さんなりに一生懸命ありがとうっていう気持ちを伝えてくれているような、そんな感じで終了。
っていうか、帰るの遅くなったよね~(笑)しみじみ・・・(感動)

最後、JENさんが色々とパフォーマンスをしていたので、隣は最後の最後まで必死に気持ちを伝えていました(笑)


ホントに、すごく後ろだったんですが、久々に色々とちゃんと見れたような気がします。
音だけでも十分だと広島の時も和歌山の2日目の時も思ったんだけど
やっぱり表情が見えるとその一生懸命さ、伝えたいっていう気持ち、入り込んでる様子が伝わってきて
なんか、その音の良さも倍増する気がします。

で、今回すごくいいなぁって思うのが、もちろん表情を映してくれるのは嬉しいんだけど
田原さんの手元とか、そういうのがスクリーンに抜かれることが多いですね!
それもものすごく嬉しいです。
表情ももちろんだけど、やっぱり音と一緒に手元みたいし、
聴いてても聴こえないときは(キーボードとかのせいで)手元を見て音を見つけたいし。
そういう意味でも、スクリーンにあぁいう映像を映してくれるのはすごく嬉しいです。


はぁぁぁ。でも本当に毎回毎回桜井さんのテンションってすごいですよね(爆)
でもそれにつられて田原さんもすごくいいテンションで、楽しそうに演奏出来てるのがいい。本当にいい!
桜井さんの声の調子も良かったんじゃないでしょうか?何にも気にならなかったですし。

しかし、双眼鏡で覗いてる状態で何度も桜井さんが田原さんに完全に被った瞬間があったんですが
桜井さんにピントが合うことがない自分に感心しました(爆)
邪魔だとも思わず、普通にその後ろの田原さんの見える部分だけを文句なく見ている自分に
何となく、大人になったなぁと感じたり(爆)

はぁぁぁぁ~。本当に楽しい久々のSENSEアリーナツアー以来のガイシ公演でした!!!
ありがとうございました。
かなり時間もたってますし、音源を聴きながらではなく、脳内に流れる記憶している音源で
今回はレポを書いたので・・・これ、ガイシのじゃない?ってのも多々あると思いますし
どっかのと混ざってたり、嘘書いてるのもあるかもしれません・・(><)
その場合はもう、本当にすいません・・・・。


もうツアーもかなり終盤ですね。
田原さんのこのツアーの集大成がどういう形になるのか。
見届けて受け止めていきたいと思います。
でも、本当に毎回毎回、素晴らしい!本当に素晴らしいです!!田原さんすごい!!素晴らしい!!

以上です!
お粗末サマでした・・(><)