夜の散歩をしないかね

超主観的 9月24日沖縄宜野湾市海浜公園野外劇場


田原さんの誕生日。

れがどれだけ私にとって重要なものか、多分とても計り知れないものである。
それに「沖縄」「ファイナル」と一つでも素晴らしいだろう単語が列をなした。

私が行かないで誰が行くの?(笑)


静岡、海中初日のあの最前列を経ての2日間。
3回でこのライブがとてつもないことなどとっくに分かっていた。
そのライブを今回共に楽しむのはネットで知り合った友人、JENさんを素晴らしく愛するひかるさんである。
2週間ほど前に起きたアメリカの同時爆破テロ、そして初めて会うネットの友達、台風・・・。

不安と期待と・・・色んな気持ちが入り混じったままいざ沖縄へ!!!
 

ミスチルの力はすごい。
飛行機に乗るのが不安だった私は中でかかっていた「優しい歌」で癒される。
そしてひかるさんはとにかく最高!ホテルは会場の脇にあり、音だけだが部屋からリハが堪能出来る。

おいおいおいおい~・・・!!!これから本物が聴ける!
そして今日は何よりも・・・Sブロック、最前ブロックだぁぁぁぁ!!! 
キャパが小さいために開場は開演の1時間前から。

そして私達は桜井さんド真ん前の前から2列目をゲットした。・・・・!!


2列目だけど、2列目じゃない。何ていうの?いつものカメラさんの位置???
恐ろしいくらいに狭い会場とステージ、そして田原さんまでの近さを実感した。
緊張は最高潮。テンションも最高潮。クラフトワークも歌えるっていうね!!!

そして登場POP猿~!!!そう、客が違う!何かもう一体感がある。もうみんな叫んでる!!!
ゴーヤ食って渋い顔したり、沖縄そば食ってたPOP猿が田原さんの誕生日を祝う。

鳥肌が立つ。そう、今日は田原さんの誕生日なのだ。あの田原さんの誕生日なのだぁぁ!!!

うわぁぁぁぁ!!! 
スタッフに会報31号でお出ましになった「かわうそくん」と「勝様」も確認。スタッフも最後だ。
パンッとお互いに手を叩いたり、ガッツポーズしたり・・・・・。時には笑い声が聞こえたり。
それぞれに色んな想いが込められるファイナル。

スタッフに拍手を贈った。お疲れ様でした。素晴らしいステージをありがとう!!!

まだ始まりそうもないのに会場からはたまらない気持ちで拍手や手拍子が止まない。
そして・・・「Mr.Children POPSAURUS」
・・・・この文字と共に最後のPOPSAURUSが姿をあらわし始める!! 

っていうか桜井さんがち・・・近い!!!
5mくらい?のとこ。等身大。生声も聴こえる。

♪やがて全てが~♪私の頭はパニックだった。
桜井さんの大きさに戸惑いながら、田原さんの登場である。

どうしよう!!!どうしよう!!!本当に本当に本当に本当に本っっっ当に今までで一番近い!!!
海中の最前とか比べ物にならない。
田原さんはゆっくり深呼吸をし、やや笑顔で下を向いている。
紫のシャツに黒のパンツ。プラス!!コンバース!!

♪気が付きゃ勇み足~そんな日には~♪桜井さんとともにI'llbeを歌う田原さん。
恥ずかしそうに時々客席を見る。ゆっくり田原さんのギターが曲に重なる。
間奏で田原さんのギターは完全に姿を表す。

最後は激しくリズムを取り、体全体で音を奏でる。


ラララが始まるとさっきの真剣な表情は何処行った、顔全体に笑みが広がる。
きゅぅぅぅぅぅぅぅぅん・・・・(><)
この時点で既に私の体はほぼ真横。
いつも左から見てるから全員見ようと思えば見れるのだけど、今日は無理だ。
♪ラ~ラララ~ラ~♪私達が大声で歌えば、田原さんは嬉しそうに笑顔で返す。
そんな笑顔が見たいから私の声はまた大きさを増す。

(この曲のどっかで桜井さんがマイクスタンドを倒しました。急いで見たら顔が真っ赤でした!!)
最後は田原さんも一緒に大合唱♪客席を眺めながら嬉しそうに、恥ずかしそうに笑顔。

た~まりません!!! 

事件は起こった。君がいた夏のイントロ!!
田原さんはいつもの様に筒のようなものを使ってギターを弾きだす。私も一緒に歌ってた。
・・・・「???」
何か違ったのですよ、いつもと。
イントロ弾き終わった田原さん微妙な顔して、舌出してます!!

やっぱり間違ったのね!?
1人で笑ってて、JENさんとか修ちゃんとかにアイコンタクトしようにも誰も気付いてくれない状態が続きます。
私はもう本当に終始半笑いでギター弾いてる田原さんを見て一人でクスクス(?)笑ってしまいました。
もう超かわいいぃぃぃぃ!!
LOVEに移ってもずっと笑ってる田原さん。
イントロは田原さんからだからね!!間違えないようにね!!!
半笑いでイントロ終了の田原さん(笑)
落ち着いてきたのか、♪悲しい~出来事に~♪は歌ってました。
(桜井さんはこの曲のどっかのサビの初めを忘れて、またまた顔真っ赤でした!)

気が付くとあたりは暗くなってる、そんな中に「星になれたら」。
星は見えないけれど、目の前に星以上に輝く田原さん!!!
もう半笑いではないけれど、客席をちらっと見ては笑顔になる田原さん。
もうこのギターは言う事ナシですよ♪やっぱでも、これ。
♪手をかざしてみよ~♪数は少ないけれど、多分パワーは何処にも負けてないくらい。 

最初のMCです。後ろで田原さんはJENさん、修ちゃんとやっとアイコンタクト(笑)
自己申告したのかな??気付かれてたのかな??
「今日で最後です。僕らも一曲一曲噛み締めてやっていきたいと思います。
沖縄で気付いたことは・・・・蚊が速い!
ハエのような速さで動いてます。
(速さについて語る)じゃぁ、もう話すこともないんで・・・次はバラードですし」

・・・桜井さんの言葉(特に蚊!!)に一つ一つ表情を変える田原さんは椅子に座ってらっしゃいます。
んじゃ、田原さんの誕生日について触れようよ!と思った私は目の前で田原さんを指差す。
(でも失礼だったから5本の指全部使った)

しかし悲しくも採用されず、「車の中へ・・・」へ。
田原さんのアコギ。
この切ない音をまた聴けることを祈りつつ私も噛み締めながら聴いている。
目が離せない。釘付けだ。
アコギを渡し、抱きしめたいに移ってもまばたきもせずに田原さんを見つめた。
目が離れてくれない。

抱きしめたいでは♪出会った日と~同じように~♪のとこを歌っていた。
ゾクゾクした。
この歌詩はヤバイですよ~・・・。
2番のギター。この曲ではギターは目立ってないけど、ないと絶対ダメなギター。
曲の主人公の想いがギターと共に深さを増す。 

ボーっとはしていられない。準備体操。暴れるよ、暴れるよ、暴れるよ??
用意はいいですか?この機械音!!!

DanceDanceDance!!

マイクに向かって♪give me love~give you up~♪を歌う田原さん。
全身を使ってノリノリなギター。前にも出てくるしね、コレ!!!
うわ~うわ~うわ~ぁぁぁぁぁぁ(パニック)もう、そこそこにいるの!!
汗が滲んでるシャツ。それがやたらセクシーで困る。

でも何か今回はこの曲よりもRound Aboutが素晴らしく私達を混乱させた。
これは本当にヤバイと思った。うん、マジで。まず田原さんはまた煽るよ、これ。
前に出てきて惜しみなく全身を使って激しいギターを披露する。

苦悩(><)vvv

そして初めてこんなに近くで見た中ケーさん。
ほら、いつも左ばっかの私には一番遠い人だったのですわ。
桜井さんのモニターとモニターの間で低い体勢でベースを弾く中ケーさんに一瞬たまらなくときめきました。
私が言うの、これすごいよ(笑)
一線超えれば今でも本当にはまってしまいそうな勢いの、あのスナイパーの姿は超~~~かっこよかったです。
しかし!!最後の田原さんにはかなわなかったかな(笑)
前に出たままJENさんを見てエンディングを迎える用意。

JENさんが振り上げた手を下ろすのと同時に・・・・
全身でそしてちょっと飛んでギターを振り下ろし決めて颯爽と帰る。
腰砕けな私。しかしそれは私だけじゃない!!
田原さんの前一体が「健ちゃんかっこいいぃぃぃ!!」と騒ぐほど!!

いやいや、いっつもかっこいいんだよ!!!(笑) 

シーラカンス。このギターは田原さんの成長が目に見えます。
海中よりもすごい。数を重ねる毎に大きさを増し、今ココに最高のものが。
鳥肌、そしてここで泣きたくなる私。
最後はもうどうしちゃったの?ってくらい髪までをも振り乱してギター弾く田原さん。

そして手紙は田原さんはお休みなので、今のうちに桜井さんを見ておこうと初めて!?体をまっすぐ向けてみる。
じっと見てると本当に目が合うんですね。
ちょっとドキドキしました。1列目の人達は完璧に固まってました。
いや、ほとんどの人は(笑)
この人は声、表情、体・・・全てを使って自分の曲を演出する。

本当のアーティストだなと実感しながら。
私はこんなとこで桜井さん見ていいのかな?とかも思いながら。
もっとふさわしい人がいるようなね、気になりました・・・。

そしてすごく今を象徴しているマシンガン。色んな風景が頭に浮かぶ。私がテロの日に聴いた曲がこれでした。
噛み締めながらギターを弾いてるのが伝わる。
いつまでもこのギターを聴いていられる世の中でありますように・・・・・。 

さぁ、こっからも暴れ所では??1番はもう体クネクネさせてリズム取る田原さん。
ノリノリです!!!ノリノリなのです!!!

2番の始まりギターはもう悲鳴が出ます、いつもいつも。
そしてソロももう、何かもう、すごすきる!!かっこいいとかってもんじゃなく!
最後の♪必死で猛ダッシュで~す♪が終わっても終わらないこのニシエヒガシエは大好き!!
桜井さんも壊れてるけど・・田原さんがもう激しすぎ!!!
激しすぎてシャツの襟が後ろの方にいってて、首筋がぁぁ(><)
多分私の頭からもスモーク出てた。

そのまま続く光りの射す方へ。
2番の始まりまでは微妙に加わるギターだけど、2番始まってからはすごいっすよ~!!
前には出てこないけど、自分の立ち位置で激しく動く田原さん。
雨避けで立ってるテントのハリにぶつかりそうになってたり(笑)

「おっと」って言ってました!絶対言ってた!!もう本当にすごい楽しい。
楽しくて楽しくて最後のうねるギターでもうおかしくなる。
そして、頭上に上がる花火に何かが頭の中でどうにかなった。

田原さぁぁぁぁぁぁぁんっっっっっ!!!


ふぅ・・・。この深海のピアノは本当に切ない。
さっき何かがおかしくなったこの頭をまたおかしくさせる。
そして田原さんの最後のギター。
しつこいけど、もう何度も言ってるから分かってるとは思うけど、本当に「田原さんのギター」

「田原さんにしか弾けないギター」
優しさと、切なさと、
そして多大なる強さを秘めたその一音一音に言葉にならないどう表現していいのか分からない感情が生まれる。


田原さんはすかざず、ピックを口にくわえ道具を使ってトゥモネバまでを繋ぐ。
後ろからの照明でシルエットが映える。
バラードはもう田原さんから目が離せない。
一点をどうしても見つめてしまう。あまりにも切なすぎるからだと思う。 
そしてこの日の私には特別な曲。
私がこのページで贈りたくて贈りたくてたまらなかったあの「Hallelujah」。
優しい音が体中に響き渡る。トゥモネバまでを繋いだあの音で、奏でていく「Hallelujah」。

ピックに持ち替え、強さを持つ音。歌詩と連動した、2つの顔を持つギターの音。
♪いつの日か年老いていっても この視力が衰えていっても そう君だけは見える
もしかして地球が止まっても 人類が滅亡に向かっても そうこの想いは続く♪


この部分のギター。私の一番好きな強い歌詩。そこに優しいあの音に強さまで加わり鳴り響く。
やっぱり本当に一番好きな曲。Mr.Childrenの未来へ繋がった曲「Hallelujah」。
会場が一体になって、田原さんもJENさんも中ケーさんも一緒に大合唱。

しかし今日のこの会場にPOPSAURUSの頭はない。でも・・・絶対に咲いている。

絶対に今までよりも大きくて、綺麗で、最高の花が咲いている。

多分今日の私達だけじゃなくて、
きっと全国のミスチルファンの想いで咲いたそんな花はここじゃ絶対に入りきらないもんね。
大きく変化した「花」。
田原さんのギターを体に感じつつ、その歌詩の尊さ、愛しさに改めて感動する。
最後の♪ラララ~ラ~ラ~♪はメメントモリのCDでは桜井さんだけの声しか聴こえない。
でもこの「花」は違う。
色んな人の声がする。皆で歌い、またこの歌の偉大さを感じる。 

「センキュ~!!」そう叫ぶ桜井さんの後ろでいつものようにJENさんの後ろから帰ろうとした田原さん。
今日の出口は左袖ですよ♪
スタッフにぶつかりそうになり、
また「やっちゃった!」みたいな顔して慌ててるあなたが本当に大好きで仕方がない!!!


後ろから「星になれたら」が聴こえる。いや!今日はもっと歌うべきものがある!!!
「HAPPY BIRTHDAY」!!!!!
そしたら聴こえてきました!!皆で歌いました!!!
私も必死に歌いました!!!初めて「健ちゃん」って言いました!!!
そして健ちゃんコールも起こりました!!!叫びました!

「田原さぁぁぁぁぁぁぁんっっっおめでとぉぉぉぉぉぉっっっ!!」


そしたら桜井さん、手に怪しいサングラスを持って登場。
田原さんも一礼して笑顔で手を振ってくれました!!
「今日は田原の誕生日と言うことで・・・歌を贈ります!
浜田省吾バージョンの‘HAPPY BIRTHDAY’

怪しいサングラスをかけたらまるで渡哲也!!Qパンフの後ろの方のあれです、あれ!!!
♪Happy Birtyhday~DEAR田原く~ん♪
・・・もう田原さんは終始笑顔で本当に嬉しそうでした。もうこっちまで嬉しい♪

「田原さん、良かったね~!!!」
と叫び続けてた私。

本っ当にあの嬉しそうな顔見てたら「良かったね♪」って思うって!!!
田原さんはマイクに近づき・・・・ジャ~ンとギターを鳴らしました。
そう、田原さんはギターで語るのです!さすがです、この流れ!

JENさんは始めていいの?って顔しつつ始まったエビバデ。
花火は来ないだろう・・・と安心していたら・・・・・一瞬意識が飛んだように目の前は真っ白。
はい、目の前で爆発してましたねコレ。
熱いし、臭いし、でも楽しいぃぃぃぃ(><) 
メンバー紹介ではまたあの方が伝説を生みました(笑)

JEN様、手を高く上げすぎてテントのハリにひっかかる!!!
ネタなのか!?天然か!?
何度も同じ事してるJEN様に田原さんも中ケーさんももう大爆笑!!!

顔はちなみに下唇突き出すアレ。
そんな中ケーさんもベース弾きだすと本当にヤバイくらいかっこいい。
笑顔が素敵すぎて・・・・また怖い(笑)

サニーさんの時はJEN様出番がないのかさっきのテントのハリを叩きだしてる!!!
カチカチカチカチ・・いってるし!!!
そしてやって来ました!!!

「GUITAR田原健一」

画面にそう出るとともに激しくギターを弾く田原さん!!!
も~~~~~~っっっ・・・

「田原さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっっんっっっっっっ」

と言ってた気がする。もう大好きですぅぅぅぅ(><)
その後もずっと田原さんはステージぎりぎりまで来てギターを弾いてくれる。
そして修ちゃんの方に移動する。私も体は自然に右向き。
修ちゃんとニヤニヤしながらギター弾いてる。修ちゃんがやろう!といきなり膝で座ってギターを弾きだす。
修ちゃん的には田原さんに自分の後ろに立って重なるようにしてギターを弾いて欲しいんだろうが、

恥ずかしがり屋さんはやらない(笑)

またも私は大笑いしてしまった!中ケーさんのマイクで田原さんはコーラス。
ってことは・・・・???また中ケーさんがそこにいらっしゃってました。
あぁぁ!?ちょっとやばくなりそうだったので、田原さんに視線を戻す。

息をつく暇もなくイノセントワールドに。
1番はいつも私達に歌わせてたのに、今回は桜井さん自身で全て噛み締めるように歌ってた。もう最高、それ以上。
久しぶりに聴く桜井さんのこの1番。はぁぁ・・もうすぐ終わっちゃうよぉぉぉ(><) 
JENさんが前に出てくる。っていうかJENさんをこんなに近くで見たのも本当に初めてのこと。
汗がものすごい。服の色が全く変わってる。
そしたらJENコールが!!!JENさんもノッてきて「ダァァァ!!」とやる。
踊って、カメラに向かってキメのポーズ!!
桜井さんのMC「ベスト的なライブは・・・もうしばらくやらないかもしれないですねぇ~。」
客「えぇぇぇぇ~!!!!!」
そしたら「いや、今までよりもいい曲いっぱい出来てるからね。」みたいなことを言った。

鳥肌。

聴きた~いコールは何故か途中でJENコールに変わり、桜井さんがJENさんに前を譲る。
またノリノリでダァァァ!!をやって、カメラに鼻くそつけるポーズでキメ!!
その後は何とも疲れた表情のまま後ろ向いて桜井さんのステージドリンクを飲む姿・・・♪
田原さんと中ケーさんは声出して本当に大笑い!!


「捨て曲はないです。」そう言いながら独り言を始める。
思えばJENさんのこのハープは静岡で聴いた時にどうしていいか分からなかった。
この曲の田原さんのギターを海中で改めて聴いた時には鳥肌が立った。

そして3人でコーラスする。より近くで田原さんの声を確認。

はぁぁぁぁ・・・溶けてなくなりそうなくらいにフニャフニャになったこの体にこの曲「優しい歌」
飛行機の中で聴いてやっぱりすごい曲だなと実感した。
これからのMr.Childrenが楽しみで楽しみでしょうがなくなる。


歌詩一つ一つを噛み締めながらPOPSAURUSは幕を閉じる・・・・はずだったけど!?

キャァァァァァァァァ!!!!!! 何で?ギターが交換される。やっぱり?そうだよね?
だってここはそう、「沖縄」なんですもん!!!!!桜井さんは「ここでやらなきゃ意味がない曲をやります」

・・・完全に頭はおかしくなった。もう聴きたくて聴きたくて涙出てきた。
歌詩が体に吸い込まれていく。
田原さんはソロまで出番がないので後ろで静かに口ずさみつつ立っている。
ギターソロを険しい顔で完璧に仕上げ、田原さんも曲に加わる。
桜井さんは♪もう30を超えたのだけど~♪と今年風にアレンジ。

♪そして2001年夏の沖縄で とりあえず僕らの旅もまた終わります♪
♪愛する人たちと愛してくれた人たちと 世界一の酒を飲み交わすのです♪

たまらなかった。もう言葉に出来ないくらいの感謝と感動で胸が張り裂けそうだった。
周りもみんな泣いている。

♪あぁ いつかまたこの街で歌いたい あぁ きっとまたあの街でも歌いたい 
あぁ そして君にこの歌を聞かせたい♪


Mr.Childrenの想いが届いた。だから私はこの人達と共に在りたいと願う。
 

そしてPOPSAURUSは終了した。
「田原さぁぁぁぁぁぁぁん、ありがとぉぉぉぉ~~~~~~~!!!」
もう叫んで叫んで、この気持ちを伝えたい。田原さんが今回1番近くに寄ってくる。
ギターを持たない田原さんの姿。
等身大の普通サイズの田原さんはとにかく細すぎた。

ギター持ってたら腰のあたりが見えてないから分からないけど、あの腰の細さは異常だった。
しかしかっこいい、かっこいい。
すかさず私は確認した。田原さんのあの5分袖のTシャツの文字である。
「ant werp」
下の文字は分からなかったけど、上はこれ。

全員で一礼して、笑顔で手を振る。田原さんはピースを作って振ってくれている。
田原さん好き、おめでとう、ありがとう・・・色んな言葉が私から発せられる。
聞こえてるよね?だから私も必死に叫ぶ。

こっちを向いて笑顔で頷いていたらしい田原さんは(私はその自覚ナシ)
その笑顔のままちゃんと出口も間違えず帰っていった。
桜井さんも帰ったけど、中ケーさんは今回はJENさんと同じくらい帰らなかった。
とてもときめく。笑顔が本当に素敵すぎる。そして客を煽って去るJENさん。

拍手は鳴り止まない。本当にありがとう、ありがとう。
感謝の気持ちと終わって欲しくないっていう気持ちで自然に拍手が。
鳴り止まない拍手と歓声と共にPOPSAURUSは完全なる終わりを遂げた。
 

ホテルが隣の今回、ライブ後にすぐビールを飲んだ。
これは本当に初めての試みだったが・・・・クセになりそう(笑)
汗だくで、フラフラで、すきっ腹に酒の弱い私がビールをぐびぐび。
そりゃ壊れるわっていう・・・・。世界一のお酒を飲みつつ、ネット友達に電話で興奮馬鹿まっしぐら。
(special thanks みや、みすちび、しんのすけ、トウガラシ)

ひかるさんとお馬鹿トークしながら夜は更けていきました・・・・。 
9月25日。沖縄は雨でした。
ちょっと早めに帰るひかるさんを那覇空港まで送りナビにやたら映る「田原」という場所に行く。
普通の住宅街なのだけど、何かいい感じ。那覇市田原2丁目1-1のファミマで買い物。
レシートににやける(笑)その後はナビとケンカしながらレンタカーでドライブ。
しかし台風の影響でもうワイパーでも無理なくらいの激しい雨。
不安になり早めに空港へ行った私は遅延となっている前の便に変更しようか迷った。

JAL924便 16:05 福岡空港 遅延 出発時刻未定。

あ、この便名なら私を必ず無事に福岡に連れてってくれると確信した
私は(笑)すぐに変更手続きを。
40分遅れで16時45分頃に出発。
沖縄の地から飛行機が離れた時、何故か私は涙が溢れてきて止まらなかった。
POPSAURUSが終わった寂しさ、最高のライブだったあの感動、不安だらけだった沖縄の旅。
張りつめていた気持ちが一気に爆発したらしい。涙目のまま福岡に到着。 
1人で旅立った静岡から始まり、海中の初日初の最前列、そして2日目。最後は田原さんの誕生日の沖縄。
今回は今までの7年間で1番素晴らしいツアーだったと思う。
本当に毎回これが言えるのはすごい。

ネットで知り合えた友達と初めて分かち合えたこのツアーは本当に忘れられない最高の思い出になると思う。
Mr.ChildrenというPOPSAURUSは永遠に不滅です。

そして私の田原さんへの愛も永遠に不滅です。

ひかるさん、あなたと一緒にライブに行けて本当に良かったです。最高でした。
電話で話してくれた方々、今度は是非一緒に楽しみたいです。
みんなとこの感動を分かち合いたいです。
 
色んな想いを込めて。2001年、夏、沖縄で私の夏は終わりました。

そして10月9日。ジョンレノンスーパーライブで私の秋は始まります。 

田原健一と共に、Mr.Childrenと共に生きていける事に最大の幸せを感じながら。
田原さん、本当にお誕生日おめでとうございました。
また2週間後にお会いしましょう♪


2001/9/24沖縄宜野湾市海浜公園野外劇場曲順

花(アカペラバージョン)、I’llbe、ラララ、君がいた夏、LOVE、星になれたら、

車の中でかくれてキスしよう、抱きしめたい

DanceDanceDance、RoundAbout

シーラカンス、手紙、マシンガンをぶっ放せ、ニシエヒガシエ、光の射す方へ、深海

Tomorrow knever knows、Hallelujah、花

~アンコール~

浜田省吾バージョンのHAPPY BIRTHDAY

everybody goes、イノセントワールド、独り言、優しい歌、

1999年、夏、沖縄(23日は独り言がなくこれが入ったようです。)

☆沖縄と言えば海!!!会場は海に横でとても景色のいいとこでした。素晴らしい背景ですな、これ。☆

ちなみに会場の写真です。参考までに。狭いでしょ?