夜の散歩をしないかね

超主観的 9月25日沖縄宜野湾市海浜公園野外劇場


シフクノオト。

石川で2年と7ヶ月と40日ぶりに田原さんに再会したツアー。
私のシフクノオトは今日で終わる。ここ沖縄で。
 
Sブロックが会場に入った後で、Aブロックも順番に入っていきました。
テントで先ほど切られた半券を渡し、腕にリストバンド?みたいな紙のバンドをされまして。
私とひかるっちはかーなーり焦っていた(笑)

と、とにかく前に!!!!!田原さん目線へ!!!!!!(爆)
 
でも今回は雨も降ってるから、滑りやすくなってるってことですっごい進まない。
走らないように係りの人が最前列を誘導してるのです。
私達はちょっとでも前に行こうと必死で(笑)
おしくらまんじゅうのようでした(爆)

そしてその誘導が終わってすぐ!!ダァァァ―――――――――!!!
と流れ出す人、人、人・・・・(怖)
私はでも滑りそうで怖くてゆるゆると、でも機敏にとりあえず左を目指しました(笑)
 

ひかるっちが先に到達した場所はAブロック2列目の左側、田原さん正面でした。
Sブロックはすぐそこ、っていうかぁぁぁぁ!!!!!!(><)
沖縄のイレギュラーさは2年前に知ってたけど、それでもすごい、この近さ・・・・
異様なほど近いんだもん、本気で。

ステージを歩くスタッフさんがそこにいるっていうか・・・ホントにさすが沖縄。
Sブロックの人なんかはホントに目の前っていうか、足の下に直だよね。
とりあえず、私とひかるっちはそこに腰をおろして待ちました。
 
意外にAブロックは広くて、かなりの時間Aブロックの人が入ってきてて。
その中にみすちびちゃんとTammyさんを発見!!
2列後ろくらいで、桜井さん正面くらいを陣取ってました。
そして私達は腕を挙げて、リストバンドで合図します(笑)
 

空は相変わらずどんより。今にも雨が降ってきそうだし、怖いくらいの強風。
Bブロックの入場が始まる前に、なんと土砂降りの雨が。
カッパのフードも被ってるんだけど、もう全然濡れてしまうほどの土砂降り。
冷たい。怖い。

もうすぐ始まってしまうというのに・・・・・
私の怖さは、帰れないよりもここまで来て、
途中で中止になったりしたらどうしようってもうこの会場にいる限りは最後まで、
ちゃんと見て終わりたいって願ってました。
ちょっとブーツカットなジーパンの裾はもうドロドロで、
ふくらはぎの部分まで濡れてしまいあまりにも冷たいので、
恥ずかしながら大きく折り曲げることに(ダサい)
 

しばらくして雨も上がって、ついにCブロックのラッチ、なほたんもちょい右側正面に。
私とひかるっち、
そして向こうに座るTammyさんとみすちびちゃんも立って6人でリストバンドの腕を挙げて、合図を(笑)
 


そして・・・・最後のアナウンスが流れる。
PSの時と同様に、ここで大きな拍手が。私これすっごい好き。
ここでもう泣いてたような気がする(笑)
そしてその頃には強風で雨雲が飛ばされて、晴れ間が、青空が見えてきたりして。
すっごいなって思いました。すっっっごい演出だよね、ホントに。
かっこよすぎ。
  

BGMが大きくなり、いよいよテントで殆ど見えないスクリーンに映像が流れ出します。
この映像を見るのももう6度目。
でもこんなに見えなかったことはないし、こんなに田原さんが出てくるのを待ったのも初めてかも。
そりゃいつも待ってるんだけど、もう田原さんしか救ってくれる人はいないってのは初めて。
 
映像が終わりがけの時にメンバーが出てくる。

「ギャァァァァァァ――――――――――――――――!!!!!!!!!!」

ってもう、悲鳴のような声が出てくる。

田原さん田原さん田原さん!!!!!

そんな思いで、もうホントに今までにないようなでかい声で始まってもないのに
「たぁはらさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ――――――――――――――っっっっっっん!!!」
って、もうホントにある意味極限になったらここまでなるのかってくらいに叫んでしまいました(爆)

 っていうかまた近いんだわ、これがさっっ!!!(><)
だって田原さん、出てきて、ギター肩にかけてるとき、Sブロックの一番前の人を指差して
「近いねっ!!」って言ったもん!!!!!!!!!
田原さんが驚くほどの近さなんだって!!!本気で近いんだって!!!!!
多分今回はPOPSAURUSの時よりも近いような気がした。

 やっぱすごいよ、Sブロックって。いやいや、Aでも十分に近いんだけどさ!!!

田原さんの今日の衣装はベッチン(?)の黒のジャケットに黒のかなり胸の開いたTシャツ。

そしてちょいグレーの横に黒のラインが入ったパンツに白いスニーカーでした。

っていうか・・・胸開きすぎじゃない?(照)

あまりにも近すぎて、こう・・・胸元の骨の感じとか光具合とかすんごい分かってやばいって・・・ 
そして始まる終わりなき旅。
もうここで私は興奮と不安で途中、
涙ボロボロ出てきた(笑)
雨は降ってはないんだけど、メンバーもそれぞれが空を見上げてて。
晴れ間の奥にある、すんごい色の雲が近づいてくるのが不安で仕方ない感じだった。
でもこの曲の時、田原さんはすっごい笑顔でいてくれて。
その笑顔にまた泣けてきて。

この曲の時はもうずっと「会いに来たよー、田原さん。沖縄まで来たよー」って思ってました。
 
ていうか・・・正直もうレポとか頭になくて、楽しむしか頭になくて・・・・記憶があやふやです。

2曲目の「光の射す方へ」最初はいつもと変わらなく、低姿勢でJENさんの方向いてくねくねしてました(笑)
でも1番が終わって、田原さんが徐々に前の方に出てくるのが分かって(笑)
近いし、照明ないから何してるのかすぐ分かるからいいよね(爆)
んで前に出て・・っつーか近いっっ(><)
スタンバイして・・・・そしてぇぇぇー!!!!間奏のギター!!!
その時も田原さん、ホントにもうもんのすっごい笑顔で笑顔で・・・・不安じゃないの?って思うくらい。
逆に私が悲しい気持ちでいるのをバカにするくらいの笑顔で。

もうこの曲の途中でぶっとんでしまいましたね(笑)
2番のサビとかも、正直盛り上がり方が恐ろしいくらいに激しい、ここ沖縄(爆)
それぞれが思い思いに不安を吹き飛ばし、ここにいる喜びを表すようにみんな大盛り上がりで。

一体感っていうか、そういうのをすっごい感じるくらいに激しかったです。
だからサビが終わっても興奮さめやらずで(笑)
♪散らかって~♪のところの田原さんのギターの音を掻き消すくらいの歓声が(涙)
田原さんはこの時もすんご―――――――い笑顔で、前に出てきて弾いてくれました。

いやぁぁぁぁ、もう・・・・・・・何度も言うけど、マジで近い(><)
後半、横国で上がったという定番の部分の花火はなく、でも何故かそれ以上に盛り上がり(笑)
素敵でした、ホントにあの一体感。
 

次はこのライブで初めて聴く「名もなき詩」横国から導入されたようで・・っていうかこの時頭では
「えっっ、PADDLEは?!」なんて思いつつ(笑)
でもサビはやっぱり大合唱!!
田原さんも一緒になって歌ってました。
もう、もんのすっごい、びびる程の笑顔で(笑)
んで、この曲のギターは何か12月21日の横アリのDVDの特典映像見てたら生で聞きたくなってて(笑)

でも今雨降ってきたし・・何となく、また滑ったりして変になったらみんなに突っ込まれるかな、なんて。
そんなことを心配してたけど、田原さんはそれとなくちょいずれくらいで、仕上げ(笑)
そ知らぬ顔をして、それでも笑顔でした(爆)

あぁんもう・・・・・・田原さぁぁぁぁぁぁぁぁ――――――――――――ん!!!!(><)
ここまで来たよ―――――――――――――――――!!!!!(しつこい)
 

そしてMCへ。桜井さんが「もう今日は雨は降ります!だから雨が降っても大丈夫なように曲を少し変えました」
みんな興奮、私も興奮で「ギャ――――――――――!!!!!」

んで、まだ雨が降ってないから、雨が振る前に静かな曲をってことで・・・
「Everything(It'syou)」へ。これはこのライブでも初めてだし、
しかもアレンジが変わってて正直覚えていません(汗)
ギターソロもなくて、何かすごい優しい感じになってたのは覚えてるけど・・・・・うぅぅ・・・・
静かな曲の時は私はいっぱい空を見上げてたと思います。
この頃は普通にオレンジ色の空が垣間見えてたりして。
向こうの方に雨雲はあったけどね。

でもホント、悲しいほどに覚えてないなぁ・・・・(涙)
 

なんとここで「PINK~奇妙な夢~」のあの始まりのオトが聴こえてくるじゃないですか!!
うえぇぇぇー!?も、もう!?って感じでちょっとびっくりしたけど。
でも何となくやっぱりMr.Children側も、不安で巻きなんだろうなって確信しました。
田原さんのギターも何か重々しいものを感じ、曲も曲で笑顔もないし。
ピンクや赤の照明がだんだんと映えだす時間にもなってました。
あんまり覚えてないんだけどね・・・・でも映像はホントにテントでほとんど見えなくて。
だからずっと田原さんを見てました。
 ホントに記憶がないんだなぁ・・・・

そして「血の管」へ。静かな曲だから、余計になんか・・・・風の強さが分かるというか。
多分ステージの上は本当に強風だったんじゃないかなぁ・・・。
そんな中でも普段と変わらず歌い上げてくれる桜井さんはすごいと思った。
この時田原さんは歌いもせず、じーっと下を向いて、時々空を見て、静かに待ってました。
私も空が気になって見上げてました。この時かどうかは忘れたけど、星が見えてたりもしてたんだよ?

血の管が終わり、「ダダン、ダダン」と地から聞こえてくるような響きが。
映像も見えにくいけど心臓に変わり、このライブの核となる「掌」へ続きます。
このイントロも、田原さんあらかじめ前に出てきてスタンバイ(笑)
ダダン、ダダンのオトに合わせてリズムを取り、タイミングをずらさないようにギターを鳴らします。
鳴らし出したときには照明が当たり、もうっていうかかっこいい―――――――――!!!!!

でも事前準備を見てるから何か可愛い♪(笑)
イントロが終わったら、エフェクター準備があるため定位置に(笑)
サビまでをそこで弾き、また間奏になって前に出てきます。
その時確か、桜井さんと2人で同じところにいたんだよなぁ・・・・・あれがすっごい良かったなぁ。
んで2番直前をオトを残して弾いて、ギュイインって手でかっこよく止めて、
そしてまた定位置へ戻ってエフェクターを踏みます。しぃかも―――――――――!!!!!!!
私この曲で、広島以来二度目の「田原さんの瞳の住人」になりました(><)

素晴らしい・・・・田原さん目線・・・・・(感動)
 
色んな意味で(笑)やっぱ、掌最高っす・・・・ぅぅぅ(><)

そしてやってきます。
♪All for One for All But I am One, 
All for One for All But Your One♪

このコーラスを書いている今でも口ずさめば、すぐにサニーさんのフレーズが出てきます。
 

それぞれが夢見てるもの
それぞれが信じてること
それぞれが暮らしていたい場所
それぞれが愛してる人
ひとりずつひとりずつそれぞれひとつずつのONE
ひとりずつひとりずつそれぞれひとつずつのONE
 

♪ワァ~アァアン、ワァーアァアン(ONE)♪って桜井さんが歌う時、
私達は決まりのように、でも自然に一指し指で「1」を作って掲げてました。
この時ももう、既に何か泣いてました・・・・何かもう嬉しくて。
田原さんも一生懸命歌って、そしてギターを弾いてくれてることがすっごい嬉しくて。

一つにならなくていいよ 認め合うことが出来るから それで素晴らしい

唐突に終わるこの曲が、何かもうすごい伝わってくる。

強風の中、ニシエヒガシエへ続く。
イントロがこう・・・音とびのような感じになってるときになんと!!!
テレビとソファーの準備がっ!!!
桜井さん・・・・・台風の中でもあれやるんだ・・とちょっと笑ってしまった(笑)
しかし本当にスクリーンが見えにくくて、でもその分、近いし生を味わいました。
田原さんはギターで始まるからその準備をしつつ、下を向いてリズム取りながらくねくねと(笑)
桜井さんが映像と映像で無数に映って、♪ニシエーヒガシエー・・♪っとボソって歌うと・・・
映像で戦車が出てきて、
そんでもって・・・
ドーンドーンって言ってる時に田原さんは前に出てきてギターの準備で、リズム取ってタイミングよく・・・

今だゴ――――!!!
始まると同時に爆発して叫ぶ私

「ゥギャ――――――――――――!!!!!!!」

もうねぇ・・・とことんニシエヒガシエは暴れました。
踊り、暴れ・・・・台風のことも忘れてた、この時は。
忘れたかった。途中の中ケーさんのソロももう・・素敵でかっこよくて、
でもその後の田原さんがもうとことんよくて。
強風で煽られながらスモークもよく出てた!!(笑)
全部吹き飛んでたけど・・・・でもあの、間奏の部分はめっちゃくちゃかっこいい!!!
桜井さんは手首をブラブラして(言い方むずい)
頭揺らして・・・・真似出来ない動きしてました(笑)
最後の最後まで叫んで歌って燃え尽きたー!!!!
って感じのニシエヒガシエ・・良かった~!!
田原さんのギター♪ジャンジャジャジャジャンジャジャジャジャンジャジャン♪(分かりにくい・・)
で、終わったんだけど・・・・

ホントはImageの前に「close your eyes」って出るんだけど
それは出ずに何故か4つの画面の一番田原さん側の画面に何故か天頂バスが出てきました(汗)

この時何となく、スタッフのいっぱいいっぱいさが分かったというか・・・
だって今まであんだけ完璧に仕上げてきてたスタッフがこの失敗。
結構悔しかったりしたんじゃないかなぁ・・・なんて思ったり。 
そしてそのImageが始まります。

静かだから分かる、すごい風の音・・・・そしてもうすごく暗いことも分かりました。
曲を聴きながら空を見上げてたような気がします。
この時かどうだか忘れたけど、星や月も見えたりして。
台風の強風を感じながら、とっても不思議な気分でした。
私は覚えていないんだけど、どうやらImageも巻きだったらしく、短かったみたいで。
私はそれは全く感じなかったんだけど、
最後のライトが当たって激しくなって田原さんが出てくる時すごい身体に力が入ったことは覚えてます。

♪楽しく生きていくImageをふくらまして暮らそうよ♪♪さぁ目に映る全てのことを抱きしめながら♪

この言葉がすんごい何か胸にきて。
ホントにこの目の前にある嵐をさっさと受け止めないとなぁ・・と思いながら。 

そしてovertureから蘇生へ。
もうこの辺からホントに何か会場全体がおかしいくらいに爆発してたと思います(笑)
こんな状況だからこそ、何かもう恐ろしいくらいの一体感がありました(笑)
私も飛び跳ね、叫び、歌い・・でもそれがホントにおかしくないっていうか当たり前の空間が。
途中の♪ハ~ア~ア~♪とかも、もうすんごい声が大きいよみんな!!!(><)
私もずっと大声で歌って、そんでそれが聴こえてるんだろうね。
田原さんは前に出てきてずっと笑顔でそれに応えるようにうんうん頷いてくれてました。

私この時も泣けたんだよなぁ・・・・何かあのovetureの皆既日食がすごい何か晴れ間というか。
映像悪かったんだけど、今みんなが望んでるようなものに思えてね。 

そしてここに来たんだ!!って感じのイノセントワールドに!!!
この時、何かすごいびっくりするくらいの土砂降りになってしまって(笑)
みんなカッパ着てるから、CDのジャケットの桜井さんみたいになってしまって(爆)
私も敢えてフードの横を手で持ったりして歌ってました(笑)
1番は桜井さんがまたみんなに歌わせてくれてて。
何かどうやら噂で聞くと、桜井さんがJENさんとかに「聴こえるね!」って言ってたらしいんだけど

私はそんなことは知らずに、ただただ田原さんを見つめ、
田原さんが歌ってるのを確認しながらニコニコしながら田原さんに聴こえるように歌ってました(爆)
サビのところの♪物憂げな六月の雨に打たれて~♪のところもみんな声がでかいでかい(爆)
ホントに土砂降りの雨に打たれながらこの曲を聴くなんて・・・ある意味すごい経験だよね。
んで、桜井さんがJENさんに向かって歌ってたとか、中ケーさんが滑ったとか?(笑)
そんなことホントに全く知りませんでした・・・・・(汗)

ただただギターに夢中(笑) 

そしてくるみです。何かもう、少し残る雨の中、うっとりしながら聞いてました。
でもサビでは何故か大合唱になってて。でももう今日はそれも許されるというか。
また一体感みたいなのを実感して、すごいジーンとなってしまいました。
今回は、田原さんの上にも中ケーさんの上にも、
ほぼステージと同じ幅でテントが作ってあってある程度前に出てきても濡れないようになってました。
でも桜井さんのとこはテントとテントの間になってて。
だから桜井さんだけどうしても濡れてしまうんだけど、
でも私達と同じように何か濡れてるのとか見たり
その中でも笑顔で歌ってくれてるのとか見てたら不思議と安心してしまうっていうか。
田原さんもテントから出るくらいまで出てきてくれたりしてたのが、すっごい嬉しかったです。 

はぁぁ・・・そしてそしてそして(爆)待ってましたよ!!!
もう散々期待に期待させられてた天頂バス!!!
アレンジ違うってどんな!?
だからもう始まった時から私ぶっとんでたというか、みんなそうなんじゃないかなぁ(笑)
元々いいからねぇ。
この時はもう雨もやんで、フードも取って、完璧に戦闘体勢に入ってました(笑)
途中までは同じで、でもでもでもでも・・・・後半、最後らへんからかな???

キィィィィ――――――――――――――――――――――!!!(困惑)
ってくらいにかっこよくなってて!!!(叫)すごい!!期待以上だ、
わぁぁぁ―――――――――――!!!!!!(><)みたいな!!!

みんなが横国終わった後にずっと「イエーイ!!」って言ってたの分かる!!ってくらいに(笑)
私も腕がちぎれるんじゃないかっていうくらいに手を挙げて、
そしてもう吐気するくらいに

「イエ――――――――――――――――――――――――――――――――イ!!

」って叫びまくってました!!!!!!
中ケーさんは叫ぶらしいって聞いてたから、チラ見で中ケーさんの叫びも確認し(笑)
田原さんは言わずに激しくただギターを弾いてたけど、でももう私の声聴こえてぇぇー!!みたいな(笑)
もうもう、何か本気で頭おかしくなるんじゃないかってくらに叫んで叫んで・・・・・超かっこよかった!!!!!
っていうかマジでもう

最高だぁぁぁぁ―――――――!!!!!!
「イエ――――――――――――――――――――――――――――――――イ!!」
「イエ――――――――――――――――――――――――――――――――イ!!」
「イエ――――――――――――――――――――――――――――――――イ!!」
うあぁぁぁぁぁ―――――――――――――!!!!!!!!!
田原さぁぁぁぁぁ――――――――――――――――――ん!!!!!(うるさい)

何かもうぶっとびすぎて田原さんがどうのとか覚えてない・・・・・(涙)
はぁぁぁぁ・・・・天頂バス、ありがとう・・・・(><) 

なんともう「HERO」のイントロが流れてきた・・・・・
何か分かってたような気はするけど「すっごいやってない曲多くない!?」って改めて思いました。
どれがとかは思い出せないけど・・・・とにかく「もう!?」って気持ちでいっぱいでした。
HEROを弾いてる田原さんを見てると、何か穏やかな顔をずっとしてて。
っていうか今日のライブはホントに終始田原さんは笑顔でいてくれて。
それしか思い出せないくらいに、うっとり聞いていたと思います。 

そして本編終了。それぞれが出口を間違えて(爆)帰ります。
田原さんも3年前間違ったよね(笑)そうそう、今日は後ろじゃないのよ~!!!

「田原さぁぁぁぁ―――――――――――ん!!!!!!!」
「英哉ぁぁぁぁああ―――――――――――!!!!!!」

と私達2人の叫びは続きます(爆)
私の心内では「そろそろ私の出番が来るに違いない」ともくろんでました(爆)
アンコール!という声と、手拍子が揃わぬまま、ばらばらのまま続きます。
3年前みたいにここで田原さんへの♪ハッピバースデー♪になるかな?
とか思ったんだけどみんな必死で手拍子してました(笑) 

そしてメンバー登場です!!!

田原さんが出てくるやいなや私は

「たぁはらさぁぁぁぁん!!!!!お誕生日おめでとぉぉぉぉぉぉぉぉ―――――――――!!!!!」

と何度か叫んだんだけど、
ここで誰も乗ってくれず話もそういう話にはなりませんでした(涙)
そして桜井さんがボソっと話し出します。

「最終日に来てくれてどうもありがとう」

・・・・・!!!!!!!


会場からは「えぇー?」とか「明日はー?」とかいう声が上がりました。
すると桜井さんは「明日は・・・中止になりそうですよ?」と。
私は明日はライブを見るわけじゃなかったし、何となく予想してたから「ホントになった」って思った。
でもこの時明日のライブのために来てた友人を思い出してちょっと不安になった。
桜井さんは会場から色んな声が上がるのを止めるように
「沖縄でしかやったことのない曲をやります」と、始まった
「1999年、夏、沖縄」

この時も風はきっと恐ろしいくらいに吹いてました。
この曲が聴けてすっごい嬉しいんだけど、明日中止になったライブだとか、
中止にせざるをえなくなった状況だとか、そういうのを考えてしまって。
何かでもそれ以上に、明日が中止だということを伝えた桜井さんの表情がすごい微妙だった。

田原さんのギターソロも、素晴らしくて、もう大きな拍手を心から送った。
ホントにこの曲のギターソロは大好き。田原さんじゃないと弾けないし、
またそれをここ沖縄で聴けるのがとっても嬉しい。
今日が惜しくも最後になってしまって、明日はもうこの曲が演奏出来ないけど桜井さんは 

そして2004年夏の沖縄で とりあえず僕らの旅もまた終わります
愛する人達と 愛してくれた人達と 世界一の酒を飲み交わしたのです
最後の曲が終わり 音がなりやんだ時 あぁ僕はそこで何を思ったのだろう
選んだ道とは言え 時に険しくもあり 
些細なことで僕らは泣き笑ういろんな街を歩き 
いろんな人に出会うこれからだってそれはそうなんだけど
そして今想う事は たった一つ想うことは
あぁいつかまたこの街で歌いたい
あぁきっとまたあの街でも歌いたい
あぁそして君にこの歌を聴かせたい

って歌ってくれました。

ホントにありがとう。

こんな状況の中で、ホントに何を思ってるんだろう。
最後の最後でこんなことになってしまって、でもそれでもまた歌いたいって想ってくれてるって
それが十分に伝わってきて、本当に嬉しかった。
心の底から、身体中で大きな拍手を送らせてもらいました。

ありがとう、本当にありがとう!!!!!!!!!!!!!
多分会場にいるみんなが同じことを想っていたと思います。
今日だから、尚更。 

そして運命の時はやってきました。

・・・・きばれShinobu!!!

出番だメンバー紹介だぁぁー!!!!!!!(><)

浦ちゃんから、修ちゃん、そしてSUNNYさんと紹介され・・でも私はもう胸がドキドキしてました(爆)
そして桜井さんが「Drums 鈴木英哉!!」というと「めんそ~れ~♪めんそ~れ~♪」と(爆)
JENさんが言うと・・・・そりゃ当たり前に隣で

「めんそーれぇぇぇー!!!!!英哉――――――――ぁぁぁ――――――!!」と(爆)
かわいい――――――!!!とか隣から聴こえてきてました(爆)

そしてJENさんも最後に「全部台風が悪いんです!!」と言ってらっしゃいました。

ホントだよ!!!(><) 

そして中ケーさんが紹介され・・・・・あぁもう、来ました。
私の出番、そう運命の瞬間が(笑)

「ギター田原健一!」

と、桜井さんが言った瞬間にもう、死ぬほどのデカイ声で、しかもちょっと前の方の椅子に立って(爆)


「誕生日おめでとぉぉぉぉ――――――――――――――!!!!!」

とぶちまけました(爆)

すると!!今度こそみんなの「けんちゃ―ん」とか「田原さーん」っていうコールがあぁそうだね!風に
「おめでとー!!!!!!!」に変わったのです!!!!!!!(感動)
その声は鳴り止まず、私達のところでは♪ハッピバスデ~♪っていう歌も歌いました!!
そしたら3年前ですらなかった大事件が起こりましたぁぁぁぁうぎゃぁぁぁ!!!!!!!

マイクを桜井さんが田原さんに向けると・・・・・ 

「ありがとうございます。」 

「ギィエェェェェェェェェェ――――――――――%&☆@$%&+*@(←声にならない声を表現・・)」


もう何がどうなって、内臓が口から出てきたんじゃないかくらいの奇声を上げてしまって
しかももう耐えられずひかるっちに抱きついてしまい(爆)
ひぃ―――――――――どうにでもしてぇぇぇ――――――――(爆)みたいな・・・・・・
田原さんのありがとうには弱いんだよー、もう一番嬉しい言葉なんだよー、一番言われたいんだよー。

あぁぁぁぁ・・・・田原さんの生声はこれで2度目だけど・・・でもでも・・・
ありがとうは初めてだよ・・・・・嬉しいぉぉー(感動)
桜井さんが「一部分からない人もいるみたいなんで・・田原くん、昨日誕生日だったんですよ」
って言われたから私また性懲りもなく

「おめでとぉぉぉ―――――――――――――!!!!!!」

と叫びました(爆)

そりゃ桜井さんも自分の紹介出来なくなるよね(笑) 
そして私のほとぼりも済んだ(?)ので桜井さんが「僕の紹介・・します、ボーカル桜井和寿でした!」
ってすごい申し訳なさそうに言ってました(笑)ごめんね、桜井さん(笑)

でも今日はどうしても田原さん(と、私)が主役なのさ♪(爆)

そして桜井さん「じゃ、もういっちょ雨に負けずに行きましょう!」
みたいなことを言って「PADDLE」が始まりました!!!!
そう、もうこれなくなってたらどうしようと思うくらいに心配だったけど・・やってくれてよかった!!!
もうこの曲では本気で記憶すらなくなるくらいに、っていうか暴れすぎて前の椅子でスネぶつけたし!!
(10月15日現在まだ足のその青あざは健在してます・・)

カッパでバッグも肩から下げてるから肩も痛いし、ガンガン体に当たるんだけどもう知らん!!!
♪行こうぜ~♪とか♪It'OK~♪とかもう飛び跳ねまくり!!!!!!(><)
我を忘れ、もうこの時は田原さんを見ることも忘れ(爆)
とにかく自分が楽しむことに集中!!とことん踊って、歌って、叫んで・・・・すごかったと思います(爆)
も――――――――楽しいぃぃぃぃ―――――――――――――!!!って感じ。
ここにPADDLEが来て良かったような、ホントそんな感じがしました。 
暴れてもう、カッパの中はほぼ蒸し風呂、サウナ状態です・・・。

ぜぃぜぃ言いながら、最後の映像を見つめます。
テントが張ってあって、ほとんど見えないし、風もすごくてゴーゴー言ってるけど・・でもやっぱいい。
最後の映像を見た後でのSignはいい。
もう終わっちゃうんだなぁ・・・・・っていう気持ちでとにかく田原さんを見てました。
1番を歌ってくれてる姿とか見て、笑顔でギター弾いてる姿を見て、
やっぱり私は沖縄に来て良かったんだって思いました。
明日どうなるか分からんけど、でも田原さんを見れたし、お祝いも出来たからいいかな、なんて。

何かもう涙交じりで、色んな思いが交差して・・・聴かせてもらいました。
多分メンバーも色んな思いで弾いてたんじゃないかなぁって思います。 
Signが終わり、楽器を置いてメンバーが前に出てきます。「

ありがとー!!!!田原さぁぁぁ―――――――ん!!!!」

私も叫びます。が!!

メンバー紹介をしようにも私達の手拍子が鳴り止まず、興奮もおさまりません!!!!(><)

私も便乗してずっと手拍子してて、みんなアンコール!!って言ってるから言ってみて(笑)
そしたら桜井さんが中ケーさんにこそこそ話し始めました。
まさか・・・??その後JENさん、田原さん、そしてSUNNYさんとかサポメンにも話が行き・・・

なんと!!!
「んじゃもう1曲・・・・定位置に戻ります」

ぃやっっっったぁぁぁぁぁ―――――――――――――!!!!!!!!!!

「スタッフが泣いてますよ」みたいなこと言って「雨降ってないしね」って。 
そして始まりました。異例のアンコール「口笛」です。
こういう幸せも初めてかもしれない。
今まではあるべきセットリストをこなして、それで終わりっていうのしか見てないけど・・・
何かもう幸せでいっぱいっていうか、この1曲でホントスタッフさんから何か言われるんじゃ?
とか思ったしでもそれでもやってくれたMr.Childrenにもう、
ホントに感謝でいっぱいでただただ、ありがとうー!!!
って感じだった。

田原さんは口笛もずっと歌ってました。時々間違えらながらも(笑)
笑顔で穏やかに歌ってました。
ホントにありがとうね、田原さん
何度その笑顔に救われたか。
ホントに沖縄で、またお祝い出来て嬉しかったよ。 
色んな思いが出てきては消え、口笛は終わりました。

そしてまたメンバーは前に並び、私達もバカだからまた手拍子とかしたんだけど(笑)
明らかに桜井さんは苦笑して、なだめられ、メンバー紹介になりました。
ここでJENさんがまたテントによっかかって・・なんだっけ「昔のアイドル」だっけ?(爆)
何かそんなことを言いながら変なポーズをしてました(笑)
隣からは案の定・・・

「キャ―――――――――!!!!英哉かわぃぃぃぃ――――――――――――――!!!!!」
あぁ、素晴らしいわ、ひかるっち(><) 

そして私もまた田原さんの紹介の時に懲りずに

「おめでとぉぉ――――――――――!!!!!!」

とか

「田原さぁぁぁぁぁぁ―――――――――――――――ん!!!!!!!」

とか。

また椅子に片足かけて叫んでたら・・ひかるっちと反対側の隣の方から
「真剣なんだから笑っちゃダメだよね」って言う声が聴こえました(爆)
えぇ、私はかなり本気で真剣なんですっっっ!!!!!!(><)
うるさくてごめんなさいね・・。 

そして「言わせてみてぇもんだ」が流れてきて。田原さんは笑顔で手を振ってくれて、
私もまた真剣にずっとずっと名前を呼んでました。

「ありがとぉぉぉぉぉぉぉ――――――――――――――――!!!!!!!!!!!」って。

でもやっぱり田原さんは帰りが早く(涙)
最後までJENさんと桜井さんは残って手を振ってくれました。 
はぁぁぁ・・・・って思ってたら後ろから、
ドォ――――――――――ン!!!!

花火です!!!!!

すっごいキレイで、超間近で。でもかなりの強風にもう打ち上げられるなりだ円になっては消えて・・・・
すごい見たことのない花火。
でも上がるとその都度「キレイー!!」とか歓声が上がって・・・・・ホントキレイだった。
この花火はもう体験したくても体験出来ないね。
その辺の花火大会よりも、全然少ないし小さいけど、勝ったね。
ホントにありがとう。 

こうしてシフクノオトライブは幕を閉じました。

こんな台風の雨風の中、すごいイレギュラーな内容ではあったけど、
精一杯の力で楽しませてくれて多分私達以上に不安があったのはスタッフやメンバーだったろうに。
そんな中でこれだけの内容をやってくれたことに私はホントに感謝してます。
沖縄へ来て良かったと、思えました。

ホントに田原さんをまたこの沖縄でお祝い出来て良かった。
ホントに心から心の底からおめでとうございます、そしてありがとうございます。

あぁもう・・・・

田原さぁぁぁ―――――――――――――ん!!!!!!!(><)
好きだぁぁぁぁぁぁ―――――――――!!!!!!!!
大好きだぁぁぁぁぁ――――――――――――――――!!!!!!!
ありがと――――――――――――――――――!!!!!! 


しかし・・・まだ沖縄の旅は終わったわけではありません。

これからますます台風の恐ろしさをこの時以上に実感することになるとは・・・ね・・・